MarkeZine

最新マーケティング情報を毎月お届け!マーケター・経営層向け定期誌 『MarkeZine』

最新号の目次はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加

実施中のキャンペーン

1ヶ月無料キャンペーン

1ヶ月無料キャンペーン

定期誌『MarkeZine』の定期購読は通常1年間(12冊/12ヶ月)ですが、キャンペーン期間中にお申込みいただくと、購読期間を1ヶ月無料で延長いたします。合計13冊を通常と同じお値段でご購読いただける大変お得なキャンペーンですので、この機会にぜひご活用ください。

(※本キャンペーンは予告なく終了する場合がございますので、予めご了承ください。)

購読期間
第25号(2018年1月号)から第37号(2019年1月号)までの計13冊

特別セットのご案内

2017年バックナンバーセット

今、特別セットで定期購読にお申込みいただくと、通常の年間定期購読(12冊/1年間=48,600円)と2017年のバックナンバー12冊(4,860円×12冊=58,320円)がセットになって59,400円と大変お得!この機会にぜひお申込みください。

【セット内容】合計24冊

  1. 年間定期購読 [第25号(2018年1月号)~第36号(2018年12月号)] ※2018年1月25日より毎月1冊発送(12冊/1年間)
  2. 2017年バックナンバー 12冊 [第13号(2017年1月号)~第24号(2017年12月号)] ※お申込み後まとめて発送

(※本キャンペーンは予告なく終了する場合がございますので、予めご了承ください。)

ご紹介特典のご案内

1ヶ月無料キャンペーン

定期誌『MarkeZine』のご購読期間中、お知り合いの方にご紹介くださった方、ご紹介を受け新規にお申込みされた方の両方に、限定特典をプレゼントいたします。特典は以下よりいずれか1つお選びいただけます。

  1. MarkeZine Academyの講座10%OFFクーポン
  2. 翔泳社SEshopの書籍20%OFFクーポン
  3. 定期誌『MarkeZine』のバックナンバー1冊(在庫がある号のみ)

応募方法
下記特典応募フォームよりお申込みください。

マーケティングやビジネスの最新情報を
手軽に知りたいと思ったことはありませんか?

キーパーソンの生の声や、注目領域の最新動向を把握したい。

競合他社がいかにデジタル化に対応しようとしているのか、キャッチアップしたい。

情報が溢れる中、必要な情報だけを1時間程度でぱぱっと理解したい。

信頼のおける情報源が、おすすめする情報だけを知りたい。

厳選されたマーケティングの最新情報を手に入れるには
毎月届く定期購読誌がピッタリ!

WEBで手軽に情報が取得できる時代になりましたが、その情報に本当に価値はあるのでしょうか?「色々見たけど、役立つ情報が手に入らなかった…」。そんな経験はありませんか?
『MarkeZine』の定期購読なら、WEBで情報収集したり、書店まで足を運んだりすることなく、厳選された最新のマーケティング情報を毎月に手に入れることができます。

画像2
▲旬のマーケティング情報を毎月お手元へお届け

購読者インタビュー

定期誌『MarkeZine』を実際に購読していただいている方にインタビューをしました。
購読した理由やどのように活用しているかなど、購読を検討されている方は参考にしてみてください。

一色昭典氏
紙ならWebで拾いきれない情報に気づける―定期誌『MarkeZine』、富士フイルムでの使い方
富士フイルム株式会社 e戦略推進室 マネージャー / 一色昭典氏

編集部が毎月お届けしている紙の定期誌『MarkeZine』は、どのように利用されているのか。購読を検討されている方だけでなく、制作している我々も「実際」が気になるところです。そこで今回、購読していただいている富士フイルムの一色昭典さんにお話をうかがいました。富士フイルムと『MarkeZine』の意外な共通点とは?

田代清志氏
DMPでデジタル施策の下地を作ったH.I.S.、定期誌『MarkeZine』に期待することとは?

株式会社エイチ・アイ・エス デジタルマーケティンググループ UX/UI企画チーム チームリーダー / 田代清志氏

マーケティング系のセミナーへ行っても全員で行くことは難しく、チーム内で知識の共有をしようとするも、時間が取れず知識が蓄積していかない状況にありました。そんな時、情報の鮮度や確かさ、質が担保されていて、定期的に手元に届く紙媒体である本誌を購読するに至ったと語ります。

福田康隆氏
「流し読みせず、深掘りして理解する」マルケト・福田社長の情報収集術

株式会社マルケト 代表取締役社長 / 福田康隆氏

メディアによる情報発信のあり方が問われる今、情報収集する側のリテラシーについても議論が深まっています。そこで気になるのは、どのように情報収集すればいいのかということ。エンゲージメントプラットフォームを開発提供するマルケトを率いる福田康隆さん(代表取締役社長)に、ご自身の情報収集術をうかがいます。

定期誌『MarkeZine』を購読し、プレミアム会員になると、購読者限定のプレミアムサービスをご利用いただけます。
※ 定期誌『MarkeZine』ご購読お申し込み時に登録していただいた情報で各種プレミアムサービスをご利用いただけます。

Webでも限定記事が読める

Web限定記事

巻頭インタビューや特集など、誌面掲載の記事(一部)をWebでも購読者限定でご覧いただけます。

プレミアム記事一覧

限定イベントにご招待

限定イベント

業界キーパーソンが登壇するリアルイベントを開催。プレミアム会員(購読者)を無料でご招待いたします。ネットワーキングの場としてもご活用いただけます。

プレミアムイベント動画

データダウンロードサービス『MarkeZine Stock』

データダウンロードサービス『MarkeZine Stock』

定期誌『MarkeZine』に掲載したオリジナル調査などの図表を、企画書や資料で自由にご活用いただけます。

MarkeZine Stock

『MarkeZine』第25号(2018年1月号)
特集「業界キーパーソンに聞く
2018年のマーケティング戦略」

2018年が始まった。ここ数年、社会の流れは一層スピードアップしている。テクノロジーの進化も、相変わらず著しい。急激な環境変化の中で、さらなる成長に向けた変革を恐れず、積極的に挑戦を重ねるキーパーソンは、どんな視点を持っているのか。未来を切り拓くための、成功のカギを探る。

MarkeZine 第25号

Insight(巻頭インタビュー)

待たれるオンオフ統合 データマーケティング時代の展望
楽天データマーケティング 有馬 誠氏

Feature(特集)
業界キーパーソンに聞く2018年のマーケティング戦略

プログラマティックTVが現実に テレビCMの進化と未来
資生堂ジャパン 小出 誠氏/C1X 長山 大介氏/電通総研 有園 雄一氏

業界キーパーソンに聞く2018年のマーケティング戦略
アスクル/花王/Gunosy/グライダーアソシエイツ/クレディセゾン/クロックス・ジャパン/スマートニュース/Zebra Japan /ソフトバンク/Twitter Japan/電通デジタル/日本航空/博報堂DYデジタル/三井住友カード/メルカリ/ヤマト運輸/ライオン/RIZAPグループ/LINE/ロジクール

次世代マーケティング教室

コミュニティマーケティングの本質
クオン 八木 優希氏

業界最新動向

無料で使えるAIによる未来予測サービスが登場
MarkeZine編集部

私のキャリア

出会ったヒトやコトで自分のキャリアが変わっていくからおもしろい
SNSコンサルタント/SnSnap『COMPASS』編集長 石井 リナ氏

Webマーケティング基礎講座

今の時代だから改めて見直したい Webサイトリニューアルのポイント
ロフトワーク 浅見 和彦氏

世界のトレンドを読む

先端テクノロジーから“未来のショッピング”の在り方を探る
細谷 元氏/岡 徳之氏

インテージ 生活者の「今」を知る

生活者の全方位的理解を加速するデータ連係
インテージ 田中 宏昌氏

データで読み解く

電子マネーの利用実態
マクロミル 金子 晋氏

米国最新事情レポート『DI. MAD MAN Report』

2030年、米国広告業界「次の12年」予測
デジタルインテリジェンス 榮枝 洋文氏

Book Navigator

「ななつ星 in 九州」を生み出した、JR九州の「本気」とは
情報工場「SERENDIP」

マンガ超訳 マーケティング用語

NPSとは?

Insight(巻頭インタビュー)

待たれるオンオフ統合
データマーケティング時代の展望

テクノロジーの進化によって、デジタルマーケティングが効果を発揮する範囲は飛躍的に広がっている。もはや“デジタルマーケティング”という言葉が意味をなさなくなり、「マーケティング自体のデジタル化が進んでいる」といわれる中、それを強力に推進するドライバーとなるのがデータの活用だろう。オンラインとオフラインを自由に行き来するユーザーを精緻に捉え、どう活かしていけるか?それに取り組むジョイントベンチャーとして、2017年7月に楽天と電通は楽天データマーケティングを設立。同社を率いる、ネット広告の黎明期から市場の拡大に携わってきた有馬誠氏に、同社で実現することと今年の展望を聞いた。

楽天データマーケティング
有馬 誠氏

Feature(特集)業界キーパーソンに聞く2018年のマーケティング戦略

プログラマティックTVが現実に
テレビ広告の進化と未来

日本広告協会と日本民間放送連盟は、共同でテレビCM素材のオンライン運用を進め、2017年10月2日時点で民放テレビ局21局にてオンラインの受け入れが可能になった。また、これを受けて資生堂は10月6日オンエアのテレビCM素材をオンラインで入稿し、広告主の動きに先鞭をつけた。この動きに象徴されるテレビCMの変革は、今年どのように進むのだろうか?そしてテレビ広告の未来はどうなるのか?資生堂ジャパンと、プログラマティック取引をはじめ各種広告テクノロジーを展開するC1Xをゲストに、じっくりとうかがった。

(左→右)C1X 長山 大介氏/資生堂ジャパン 小出 誠氏/電通総研 有園 雄一氏

次世代マーケティング教室

コミュニティマーケティングの本質

モノ消費からコト消費の時代へ突入した今日、消費者との強固な関係性を築く有効な手段の一つとして、コミュニティマーケティングへの注目が高まっている。その定義と本質を解説する。

クオン 八木 優希氏

私のキャリア

出会ったヒトやコトで
自分のキャリアが変わっていくからおもしろい

広告・マーケティング業界で活躍する人物の職業人生、キャリアを伝える本連載。今回は、SnSnapにてオウンドメディア『COMPASS』の編集長を務めながら、SNSコンサルタントとして活躍している石井リナ氏を紹介する。ミレニアル世代のマーケターとして注目される石井氏は、2018年1月に自身の会社を立ち上げ女性向けの動画メディアをローンチする。彼女の柔軟な働き方や考え方についてうかがった。

SNSコンサルタント/SnSnap『COMPASS』編集長
石井 リナ氏

世界のトレンドを読む

先端テクノロジーから
“未来のショッピング”の在り方を探る

2016年末に公開された完全無人のコンビニ「Amazon Go」をはじめ、“未来のショッピング”を体現する試みは、世界各地で実施されている。それらの先端の取り組みをもとに、未来のショッピングの在り方を考えてみたい。

バックナンバー

ご利用案内

お申込み締切と発送スケジュールについて

お申込みいただいた時点での最新号から1年間発送いたします。最新号の発行は、毎月25日です。
MarkeZineを運営する翔泳社のECサイト「SEshop.com」にて、年間購読契約のみで販売いたします。

※発行日は日曜・祝祭日などで変更になる場合がございます。
※到着日は発行日より遅れることがございますが、ご了承ください。

ヤマト運輸のクロネコDM便でお送りする予定です(送料は翔泳社負担、12回発送)。

※郵便受けの投入口のサイズにご注意ください。
誌面サイズ:縦28cm、横21cm、厚さ約5mm

定期購読料とお支払い方法

年間定期購読料は48,600円(税込、一括前払い)です。お支払方法は、下記のいずれかが可能です。

クレジットカード:初回号発送のタイミングで決済処理を行います。
銀行振込:ご注文から10営業日以内のお振込みをお願いいたします。

※ご請求書が必要な場合は、ご注文の際に請求書希望欄にチェックを入れてください。
※法人のお客様で、10営業日以内のお振込みが難しい場合や、後払いをご希望の方は、ページ末尾の「お問い合わせ」アドレスへご連絡ください。その際、御社のお支払ターム(月末締め、翌月末払いなど)を合わせてお知らせください。

領収書・請求書の発行

領収書について
領収書は、ご注文(ご入金)完了後、SEshop会員メニューの注文履歴画面から出力することが可能です。
なお、初回号の発送から1か月以上経っている場合は、領収書の宛名・送付先をご明記の上、ページ末尾の「お問い合わせ」アドレスへご連絡ください。

領収書発行画面

請求書について
お支払い選択画面にて銀行振込を選択された方には、「請求書が必要な方は~」のチェックボックスにチェックを入れていただくと、ご注文当日または翌営業日に請求書をご注文時に登録された住所へ発送いたします。

請求書発行画面

キャンセル・途中解約

初回号の発送前までは、ご注文をキャンセルすることができます。
ご購読開始後にお客様のご都合により途中解約された場合、以下の方法で精算いたします。

48,600円-(精算単価4,860円×送付済み分)=返金額(残金があれば)

お問い合わせはこちら

SEshopカスタマーサポート

0120370747受付時間:平日10:00~17:00(土日祝除く)

mail

このエントリーをはてなブックマークに追加
TOP