MarkeZine Premium Seminar vol.2

MarkeZine Premium Seminar vol.2

※既に購読中の方の参加申込みはこちら

イベント概要

今回開催する『MarkeZine Premium Seminar』のテーマは、「BtoBマーケティングの新潮流」です。昨今、BtoBマーケティングにおいて、データやテクノロジーの活用が進んでます。しかし、着実にマーケティングを推進する企業がある一方で、いまだに二の足を踏んでいる企業も多く、二極化が進んでいる状況です。

先駆的にBtoBマーケティングに取り組む企業のキーパーソンたちは、どんな考えに基づき、活動を牽引しているのでしょうか。ミッションから組織体制、そして実務まで、先駆者たちの講演や議論を通して、ご来場者の皆さまに、新たな気づきを与えるセッションをご用意いたします。

また登壇者や参加者のみなさまで交流いただくネットワーキングの場もご用意させていただきます。学びの場としてはもちろん、一緒に業界を形作っていく仲間と知り合う新たな出会いの場として、ぜひご活用ください。

皆様のご来場をお待ちしております!

【開催情報】

名称 MarkeZine Premium Seminar vol.2
日時 2018年11月9日(金)16:30~19:30
(※受付開始16:00)
会場 大崎ブライトコアホール
〒141-0001
東京都品川区北品川5丁目5-15 大崎ブライトコア3F 
主催 株式会社翔泳社 MarkeZine編集部
定員 150名(先着)
参加費 ●イベント〈4大特典付き〉にお申込みの方
15,000円+税

定期誌『MarkeZine』をご購読中の方
購読1口につき2名様まで無料
受付時の
提出物
参加証(代理参加の場合も)と名刺1枚

タイムテーブル

16:30~16:35

挨拶・趣旨説明

押久保 剛

押久保 剛

株式会社翔泳社 第2メディア編集部 部長 兼 MarkeZine編集部 編集長

1978年生まれ。立教大学社会学部社会学科を卒業後、2002年に翔泳社へ入社。広告営業、書籍編集・制作を経て、『MarkeZine(マーケジン)』の立ち上げに参画。2006年5月のサイトスタート以降、MarkeZineの企画・運営を一貫して担当。2011年4月にMarkeZine編集長、2015年4月からはマーケティング/EC/ビジネス領域のメディアを管轄する第2メディア編集部 部長に就任。MarkeZine編集長を務めつつ他メディアのグロースを支援する。また、自社書籍の販促支援を目的とし2015年4月に新設されたマーケティング広報課の課長も兼任している。

16:35~17:25

スリーエムが語る、MA活用の推進を成功させる4つの鉄則

ポスト・イットなどで知られるスリーエムですが、実は8割以上の売上がBtoB市場から生まれています。23事業部にわたり建築資材や自動車で使う接着剤など、約5万点の製品がある同社にとって、BtoBマーケティングは非常に重要な活動です。同社はその中で、より高い成果を上げるべく、MA活用を推進するチームを新設。本セッションでは組織の立ち上げからMA活用の旗振り役を務めてきた田中氏が、MA活用を企業に根付かせ、成功へと導くために重要な、4つの鉄則を明らかにします。

田中 訓

田中 訓

スリーエム ジャパン株式会社 コーポレートデジタルマーケティング部 部長

雑誌編集者としてキャリアをスタート。1997年にWebサイトの立ち上げに従事して以来、外資系IT企業および化学・製造メーカーにおいて約20年にわたりB2CおよびB2Bのデジタルマーケティングに携わる。アップルジャパン株式会社(現Apple Japan合同会社)およびアドビ システムズ 株式会社ではコーポレートWebサイトの運用・コンテンツ開発を担当。アドビでは、直販およびパートナーチャネルのeCommerce営業マネジャーとしてEC売上を拡大した。2011年にスリーエム ジャパン株式会社に入社後、EビジネスおよびECマーケティングを担当。2016年末より現職コーポレートデジタルマーケティング部にて、MAを活用したデマンドジェネレーション活動を推進している。

17:25~17:40

休憩

17:40~18:30 パネルディスカッション

勝てるインサイドセールス組織の秘訣

見込み客の育成を担い、マーケティング部門と営業部門をスムースにつなぐ専門組織「インサイドセールス」への注目が高まっています。自社でも導入したいと考えている企業が増えている一方で、インサイドセールス組織が担う役割をはじめ、正しい理解が追い付いていない状況も散見されます。本セッションでは、HDE、カオナビ、VAIOにおけるインサイドセールス設立の経緯やミッション、運営体制、KPI設定まで、軌道に乗るまでの道のりを共有。ディスカッションを通して、流行に流されずに、自社にとって適切なインサイドセールス組織の在り方を再考するきっかけを提供いたします。

水谷 博明

水谷 博明

株式会社HDE クラウドセールス&マーケティングディビジョン
デジタルインテリジェンスセクション セクションマネージャー

広告代理店/広告制作プロダクション/Webコンサルティング会社/ITクラウドサービスベンダーにて、営業を10年、Webマーケティングを10年経験。現在はBtoB事業を展開するHDEにて「営業マインドを持ったマーケター」としてインサイドセールス組織の立ち上げを行い、CRMやMAなどのデジタルリソースを駆使した「営業3.0プラットフォーム」にて新たなセールス&マーケティングの仕組化を行っている。

佐藤 寛之

佐藤 寛之

株式会社社カオナビ 取締役副社長

2003年に上智大学法学部法律学科卒業後、リンクアンドモチベーションにて組織変革コンサルティングを経て、営業GMとして部下の育成や組織構築に従事。2008年、シンプレクス・コンサルティングに入社し、人材開発責任者として採用・育成・人事評価などの人材開発業務に従事。2011年より株式会社カオナビにて創業者の柳橋とともに、顔写真が並ぶクラウド人材管理ツール「カオナビ」の事業を開始。現在では、企業規模や業種問わず1,100社以上に導入される業界シェアトップクラスのサービスにまで成長させている。

松山 敏夫

松山 敏夫

VAIO株式会社 執行役員常務

DELL、日本ヒューレット・パッカードなどで100名規模の営業組織の責任者を歴任し、一貫してITコンサルティング、ソリューション販売を始めとするビジネスデベロップメントに従事。2016年には日本アイ・ビー・エムに入社し、理事、セールスディレクターとしてコンピュータインダストリー全般のビジネス及びシステムインテグレータ各社を中心としたアライアンス事業・新規開拓事業を担う。2018年、VAIO参画後は執行役員常務としてPC事業におけるマーケティング及び営業部門を管掌する。

モデレーター:安成 蓉子

モデレーター:安成 蓉子

株式会社翔泳社 MarkeZine編集部 副編集長

1985年生まれ。慶應義塾大学文学部を卒業後、専門商社へ入社し、営業を経験。2012年4月に翔泳社へ入社して以降、一貫してMarkeZineの企画・運営に携わる。2015年4月から副編集長となり、現在に至る。編集担当書籍『ザ・アドテクノロジー』、2016年1月に創刊した定期誌『MarkeZine』の編集にも携わっている。

18:30~19:30

懇親会・中締め

参加者のみなさまと、ご登壇された有識者の方々、そしてMarkeZine編集部での懇親会を予定しております。一緒に業界を形作っていく仲間と知り合う、新たな出会いの場です。ぜひ名刺を持って、ネットワーキングの場として積極的にご参加ください!

パーティー

19:30

イベント終了

ご来場ありがとうございました。お気をつけてお帰りくださいませ。MarkeZineを今後ともよろしくお願いいたします。

※既に購読中の方の参加申込みはこちら

イベント参加者に3つの特典をプレゼント! 定期誌『MarkeZine』3冊プレゼント
3冊

定期誌『MarkeZine』第33号、第34号、第35号の計3冊をプレゼントいたします。

第33号(2018年9月25日刊行)特集「BtoBマーケティングの新潮流」
第34号(2018年10月25日刊行)特集「AI×広告がもたらす新たなクリエイティブ」
第35号(2018年11月25日刊行)特集「Fintechが生み出す新たなビジネス (仮)」
※編集の都合上、内容を変更する場合があります。

※定期誌『MarkeZine』3冊の発送について
本イベントの申込み時点で刊行されている号をご登録のご住所宛にお送りさせていただきます。刊行されていない号に関しては、刊行日に発送されます。

プレミアム記事が読める

定期誌『MarkeZine』年間定期購読者しか閲覧できないプレミアム記事を2018年11月30日まで閲覧いただけます。セミナー申し込みいただいたアカウントでログインいただくと、プレミアム記事の全文を読むことができます。ぜひこの機会に定期誌『MarkeZine』の記事をお楽しみください。

おすすめプレミアム記事

定期誌『MarkeZine』第21号の抜粋版PDF「戦略的BtoBマーケティング〈全11ページ〉」をプレゼントいたします。第33号の特集「BtoBマーケティングの新潮流」と併せてぜひお読みください。(※本イベントにお申込み後に送信される「発送のご連絡」メールにダウンロード用URLを記載いたします。)

データダウンロードサービス『MarkeZine Stock』

定期誌『MarkeZine』の紙面に掲載されたオリジナル調査の図表をダウンロードできるMarkeZine Stockを2018年11月30日までご利用いただけます。マーケティングや企画書にご活用ください。

前回のイベントの様子

前回の『MarkeZine Premium Seminar vol.1』では、基調講演は「マーケティングのデジタル化論」についてC Channelの石井龍夫さんにご講演いただきました。続くパネルディスカッションでは、Liftoff Mobileの天野耕太さん、アタラの杉原剛さん、パナソニック コネクティッドソリューションズ社の山口有希子さんをお招きし、「Overture出身の先駆者たちの選択と次の一手」というテーマで議論を行いました。

前回のイベントの様子

【前回のイベントレポート】
● デジタルマーケティングと呼ぶ時点で遅れている 石井龍夫氏が語る「マーケティングのデジタル化論」
●「Overtureはマーケティング業界に何を残したのか かつてのメンバーがデジタル黎明期を振り返る」

定期誌『MarkeZine』年間定期購読のご案内

定期誌『MarkeZine』を年間定期購読すると、イベントに無料で参加できます!

年間12冊

定期誌『MarkeZine』の年間定期購読にお申込みいただくと、本イベントに2名様まで無料でご参加いただけます。ご購読期間中は、年間12冊の雑誌がお手元に届くだけでなく、Web限定のプレミアム記事やデータダウンロードサービス『MarkeZine Stock』もご利用いただけます。
この機会にぜひ、定期誌『MarkeZine』の年間定期購読もご検討ください。

年間定期購読の詳細はこちら >>

※既に購読中の方の参加申込みはこちら

参加の申込みにあたって

◯本イベントはマーケター専門のWebメディア MarkeZineが主催するイベントです。参加者様ごとのお申込みが必要となります。

◯お申込み完了後、「注文受付のご連絡」という件名のメールが送信されます。また、別途、ご注文時にご入力いただいたメールアドレスへ、本イベントの参加証をお送りいたします。

◯当日は、参加証とお名刺1枚をご持参の上、受付までお越しください。

◯ご本人が出席できない場合は、代理の方の参加が可能です。その際は「お申込み者の参加証・代理参加者のお名刺1枚」をお持ちの上、受付までお越しください。

◯定期誌『MarkeZine』の年間定期購読(1年12冊/46,800円(税込み))をお申込みいただくと、年間定期購読1口につき2人まで無料でご参加いただけます。
※年間定期購読にお申込み後、「注文完了メール」にてイベント参加方法のご案内を差し上げます。

〇定期誌『MarkeZine』の年間定期購読を既にご購読の方の参加申込みはこちらからお願いいたします。

個人情報の取り扱いについて

個人情報については、翔泳社の「個人情報保護方針」を基に、個人情報保護に関する日本の法令や規範を遵守し、本イベント以外の目的で使用することはありません。

MarkeZineについて

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信するマーケター向け専門メディアです。
掲載記事、写真、イラストの無断転載を禁じます。

SEshop.com, © 1999-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved.

TOP