Photoshop逆引きデザイン事典[CS4/CS3対応]

翔泳社(出版社) , 柘植ヒロポン(著) , 吉田浩章(著) , 高橋としゆき(著) , 古尾谷眞人(著) , 上原ゼンジ(著) , 加藤才智(著)

商品番号
119360
販売状態
品切れ
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2009年04月13日
ISBN
9784798119366
判型
B5変
ページ数
344
キーワード
 メーカー  Adobe  グラフィック  Photoshop  辞典・事典・リファレンス  シリーズ  翔泳社  逆引きデザイン事典  人気シリーズ

販売価格:¥2,484(税込)

送料無料

本体価格の10%をポイント還元(会員限定)

現在、本商品は販売しておりません。
ほしい物リストに追加

もっと!ボロボロになるまで引かれたい Photoshop全ユーザー待望の[CS4対応]逆引き事典!

本書は、Photoshopを使うあらゆる現場で悩みがちなことや、誰もがよくとまどいがちなこと、さらにこんなことができたらと思うことを中心に、知りたいところだけがすぐに引ける、充実度と引きやすさで大好評の事典の改訂版です。基本操作やさまざまな描画技術やレタッチ技術はもちろん、CS4で新たに搭載された、補正、加工、合成をはじめ、操作性を高める機能も丁寧に解説。初心者やデジカメで撮った写真を補正したい一般のユーザーをはじめ、オフィスで画像をあつかうビジネスユーザー、もちろんカメラマン、グラフィックデザイナー、Webデザイナーといった多くのクリエイターまで、Photoshop全ユーザー必携の一冊です。

ツールリファレンス
パネルリファレンス

第1章 基本操作

001 パネルの位置を保存する
002 キーボードショートカットキーを使いやすい組み合わせにする
003 プレビューアイコン、拡張子の設定をする
004 カーソルの形状を設定する
005 単位を変更する
006 仮想記憶ディスクを設定する
007 画像のサイズを確認する
008 元の画像に影響を与えずカンバスを回転する
009 画像をリサイズする
010 ガイドを使用する
011 ガイドを数値で指定して表示する
012 新規レイヤーを作成する
013 レイヤー名を変更する
014 不要なレイヤーを削除する
015 レイヤーを複製する
016 レイヤーの階層の順番を変更する
017 レイヤーの表示と非表示を切り替える
018 レイヤーをロックする
019 操作をやり直す
020 作業の途中段階の画像を保存する
021 作業の途中段階の画像から新規ファイルを作成する
022 頻繁に使う操作を登録する
023 複数の画像にアクションを適用する
024 登録した操作を編集する
025 [チャンネル]パネルを使用する
026 画像を2色分解する
027 特色を使用する

第2章 色補正

028 [レベル補正]で明るさ・コントラストを調整する
029 [レベル補正]のスポイトツールで明るさを調整する
030 [明るさ・コントラスト]で明るさを調整する
031 [レベル補正]で印刷向けにシャドウとハイライトの階調を残す
032 画像のヌケをよくする
033 シャドウ階調を落ち着かせる
034 トーンカーブの使い方
035 つぶれかけたシャドウを明るくする
036 飛びかけたハイライトの階調を出す
037 色あせたような画像を鮮やかにする
038 特定色の色補正をする
039 色かぶりした画像を明瞭にする
040 人工光による色かぶりを補正する
041 写真の候補を比較しながら開きたい
042 RAWファイルを調整してPhotoshopに取り込みたい
043 カラー画像をモノクロにする

第3章 レタッチ・マスク

044 選択範囲を作成する
045 選択範囲を追加、削除する
046 選択範囲を移動する
047 同じ色を選択範囲にする
048 被写体の「形」を自動で選択範囲にする
049 選択範囲のサイズや領域を変更する
050 選択範囲の境界をぼかす
051 選択範囲の保存、呼び出しをする
052 [境界線を調整]で選択範囲の境界を編集する
053 クイックマスクで選択範囲を作成する
054 レイヤーマスクを作成・編集する
055 画像の一部を色補正する
056 パスから選択範囲を作成する
057 画像中の不要なものを消す
058 傾いた画像を水平・垂直にする
059 画像をトリミングする
060 ぼけで遠近感を強調する
061 パース(遠近感)を調整する
062 デジタルカメラのノイズを目立たなくする
063 シャープ処理をする

第4章 描画モード、合成

064 描画モードを変更する
065 切り抜き合成した被写体に影をつける
066 床への映り込みを表現したい
067 背景を別の画像に差し替える
068 画像の黒い部分に別画像を合成する
069 画像の白い部分を透明にする
070 ソフトフォーカスのようにする
071 白バックで撮影した写真の背景に色をつける
072 青空に太陽を合成する
073 快晴の空に雲を合成する
074 アスファルトにペンキで描いたような文字を合成する
075 写真をレリーフ調に加工する
076 版ズレした印刷物のように仕上げる
077 線画のイラストをはみ出しなくきれいに着色する
078 布のシワに合わせてイラストなどを合成する
079 水滴のようなイメージを合成する
080 写真をクシャクシャに丸めたイメージにする
081 写真に布の質感を合成する
082 かすれた文字を合成する
083 液体の染みを合成する
084 手書き文字を白抜きで合成する
085 飲み物の写真に湯気を合成する
086 テレビ画面のような走査線を合成する
087 壁にスプレーを吹きかけたような文字を合成する
088 人や動物の写真を空に溶け込ませる
089 複数の写真をつなぎ合わせてパノラマにする
090 焦点の異なる写真を合成して全体をハッキリ見せる
091 空に虹を合成する
092 スタンプを押したように画像を合成する
093 木の板に焼き印を合成する

第5章 フィルタ加工

094 フィルタを適用する
095 [フィルタギャラリー]でフィルタを適用する
096 描画色や背景色が影響するフィルタの使い方
097 画像にぼかしを加える
098 スマートフィルタでフィルタを適用する
099 画像に放射状のぼかしを加える
100 画像にノイズを加える
101 画像のノイズを除去する
102 [カラーハーフトーン]で印刷物風の画像をつくる
103 [ハーフトーンパターン]で同心円模様を加える
104 [ぎざぎざのエッジ]で輪郭に凹凸を加える
105 [スタンプ]で写真を版画化する
106 [コピー]で線画風の画像を作る
107 写真をカットアウト風のイラストにする
108 [グラフィックペン]でペン画にする
109 [ステンドグラス]と[ラップ]でステンドグラス風の画像をつくる
110 [粗いパステル画]でパステル画にする
111 [パレットナイフ]と[テクスチャライザ]で絵画調の画像をつくる
112 [点描]で点描画にする
113 [球面]で魚眼レンズ風の写真をつくる
114 [ゆがみ]で画像の一部を膨張させたり渦巻状に加工する
115 [Vanishing Point]で画像を立体物に貼り込む
116 [ガラス]でガラス越しの写真を作る
117 [パターンメーカー]でパターンをつくる
118 [ファイバー]と[エンボス]でリアルな木目をつくる
119 [パッチワーク]でタイル画をつくる
120 [エンボス]でエンボス加工にする
121 [カットアウト]と[エッジのポスタリゼーション]でアニメ調の画像をつくる

第6章 作画・アートワーク

122 [塗りつぶしツール]の基本的な使い方
123 [消しゴムツール]の基本的な使い方
124 [グラデーションツール]でグラデーションを描く
125 [ブラシツール]の基本的な使い方
126 描画色をスウォッチパネルに登録する
127 クレヨンで塗る
128 透明水彩で塗る
129 文字を変形させる
130 [鉛筆ツール]でドット絵を描く
131 [ぼかしツール]で画像の一部にぼかしを加える
132 [指先ツール]で絵の具をこすったような効果を加える
133 [デュアルブラシ]で点線を描く
134 ランダムに強弱のある線を描く
135 クリッピングマスクではみ出しを気にせず塗る
136 オリジナルブラシをつくる
137 オリジナルパターンをつくる
138 [長方形ツール]や[楕円形ツール]などでシェイプを描く
139 [カスタムシェイプツール]で記号やマークを描く
140 シェイプを移動・削除・複製する
141 シェイプを変形する
142 [パス選択ツール]でシェイプの形を部分的に変える
143 シェイプを整列させる
144 Illustratorのパスをシェイプレイヤーとしてペーストする
145 カスタムシェイプを登録する
146 パスに沿って文字を入力する
147 パスに沿って線を描画する
148 文字を入力する
149 段落形式で文字を入力する
150 レイヤースタイルをスタイルパネルに登録する
151 プリセットスタイルで効果を加える
152 文字をシェイプレイヤーに変換する
153 [ドロップシャドウ]で影を加える
154 [ベベルとエンボス]で立体感を加える
155 [光彩(外側)]で発光させる
156 ツヤのあるグラデーションをつくる
157 [ベベルとエンボス]の[テクスチャ]で質感を加える
158 レイヤースタイルを他のレイヤーにペーストする
159 レイヤースタイルを拡大・縮小する
160 ガイドを利用して位置を揃える
161 シェイプや文字をラスタライズする
162 コンテンツに応じて拡大・縮小する

第7章 フォトグラフィ

163 夕方の写真をより夕方らしくする
164 ノスタルジックな雰囲気にする
165 スピード感のある写真にしたい
166 逆光の写真を明るく補正する
167 芝生の範囲を広げる
168 真夏の雰囲気を強調する
169 冬の雰囲気を強調する
170 さわやかな印象の写真にする
171 枯れた芝生を緑に戻す
172 重厚な印象の写真にする
173 トイカメラで撮影したように仕上げる
174 モノクロ写真に色をつける
175 色あせたカラー写真のように加工する
176 背景をぼかして被写体を強調する
177 赤目になってしまった写真を直す
178 顔のパーツの大きさを変える
179 銀色のものを金色に変える
180 炎のゆらぎを表現する
181 フレアのような輝きを加える
182 写真に文字を入れる

第8章 印刷出力

183 Photoshop形式で保存する
184 DTP用に保存する
185 DTP用の切り抜き画像として保存する
186 誰でも見れるPDF形式で保存する
187 複数の画像を自動でサイズ変更する
188 画像をプリントする
189 用紙内の位置を調整してプリントする
190 拡大・縮小してプリントする
191 画像の一部分だけをプリントする
192 キャプションを付けてプリントする
193 用紙の余白に背景色を付けてプリントする
194 複数の画像を一覧表示させてプリントする
195 同じ画像を何枚も並べてプリントする
196 Bridge CS4の出力機能で一覧表示する

第9章 Web

197 Webページの画像用に保存する
198 JPEG形式で保存する
199 JPEG画像の背景に色を付ける
200 GIF形式で保存する
201 GIF画像の背景を透明にする
202 GIF画像の色数を少なくする
203 PNG形式で保存する
204 Web画像用に低解像度にする
205 携帯電話用の待ち受け画像をつくる
206 立体的なボタンをつくる
207 Webフォトギャラリーをつくる
208 GIFアニメーションをつくる
209 GIFアニメで中間フレームをつくる
210 文字が膨らむアニメーションをつくる
211 フェードイン・フェードアウトのGIFアニメーションをつくる
212 Web用の背景画像をつくる
213 画像をスライスツールで分割する
214 スライスを保存する
215 レイヤーからスライスを作成する

第10章 カラーマネージメント

216 なぜ色は合わないのかを理解する
217 カラーマネージメントでできることとは
218 カラーマネージメントの原理を知る
219 カラースペースの変換を行う
220 RGB作業用スペースを設定する
221 CMYK作業用スペースを設定する
222 プロファイルを埋め込む
223 プロファイルを削除する
224 カラーマネージメントポリシーとは
225 [プロファイルなし]ダイアログが出た際の注意点
226 [プロファイルの不一致]ダイアログが出た際の注意点
227 作業用スペースを統一する
228 モニタのキャリブレーションを行う
229 モニタで印刷シミュレーションを行う
230 プリンタで忠実に再現する
231 プリント時の印刷シミュレーションを行う
232 マッチング方法の違いを知る

第11章 効率化

233 複数の画像の表示倍率と位置を一致させたい
234 複数の画像を同時にスクロールしたい
235 複数の画像を拡大・縮小したい
236 拡大表示時、表示位置をスマートに変更したい
237 マウスで画像を拡大・縮小したい
238 マウスの右クリックでオプション設定を行いたい
239 ツールを素早く切り替えたい
240 Photoshopの動作を早くする
241 パフォーマンス設定を見直す

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連商品