電気通信教科書 電気通信主任技術者 伝送交換設備及び設備管理・法規編

翔泳社(出版社) , NTTラーニングシステムズ株式会社 (著)

商品番号
123410
販売状態
販売終了
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2011年03月01日
出荷開始日
2011年03月02日
ISBN
9784798123417
判型
B5
ページ数
688
キーワード
 資格試験  国家資格  EXAMPRESS  翔泳社  通信  電気通信教科書  電気通信主任技術者

販売価格:¥6,380(税込)

ポイント:580pt (10%)
詳細はこちら

送料無料

現在、本商品は販売しておりません。
ほしい物リストに追加

試験と共に進化してきた信頼のテキストブック

近年、電気通信事業の規制緩和によって起業した独立系キャリアやケーブルテレビ会社などが電話事業を行うようになり、電気通信主任技術者は受験者が急増しています。本書は、電気通信主任技術者試験のなかで、もっとも受験者数が多い「伝送交換設備及び設備管理」「法規」の2科目をカバーした試験対策書です。

試験月:1月 / 7月(年2回)

最新の法改正にも対応
NTTラーニングシステムズによる人気講座がついに書籍化



・- 最高の執筆陣
本書は、電気通信および電信・電話に精通したベテラン精鋭講師により執筆されています。電気通信主任技術者試験の問題作成者と同等のスキルを持つ最高執筆陣です。
・- 長年のノウハウを終結
NTTラーニングシステムズ株式会社は、NTTグループの前身である日本電信電話公社時代から、電気通信主任技術者の教育を続けてきました。本書は、同社が試験発足当初から現在に至るまで改訂を重ねてきた教材をベースにしています。長年過去問題を分析し、最新の出題傾向にも対応したカリキュラムで得たノウハウを終結して作成した対策書です。
・- 無駄のない構成
多くの受験者が免除される「電気通信システム」と「専門的能力」を除く主要2科目をカバーした無駄のない構成となっています。
・- 最新の法改正に対応
 電気通信主任技術者試験は、平成22年に行われた電気通信事業法の最終改正に平成23年1月の試験から対応しています。本書も同様に、この改正に対応しています。
・- 豊富な練習問題と出題例
本書は、過去問題を分析し作成した練習問題(チャレンジテスト)を章末および節末に数多く掲載しています。これらの問題にはチェック欄を設けてあるので学習効果を確認することができます。さらに「第2部:法規」では、よく問われたり理解が難しいテーマに過去問題の出題例を掲載しています。どう問われるかが分かり、より理解を深めることができます。

電気通信主任技術者とは?

電気通信主任技術者は、電気通信ネットワークの工事、維持及び運用の監督責任者です。電気通信事業者は、その事業用電気通信設備を、総務省令で定める技術基準に適合するよう、自主的に維持するために、電気通信主任技術者を選任し、電気通信設備の工事、維持及び運用の監督にあたらなければなりません。電気通信主任技術者試験は、電気通信事業法第48 条の規定により行われる国家試験です。年間約8,000人以上が受験し、合格率は20%程度となっています。

第1部:伝送交換設備及び設備管理

第1章 電気通信システムの概要
   1.1. 電気通信システムの設備構成
      1.1.1. 端末設備
      1.1.2. 交換設備
      1.1.3. 伝送設備
   1.2. ネットワーク技術の構成要素
   1.3. ネットワーク形態
      1.3.1. ネットワーク形態の分類
      1.3.2. 階層構成
      1.3.3. 回線の種類
      1.3.4. 接続経路の選択

第2章 伝送交換設備
   2.1. 交換設備
      2.1.1. 伝送路と交換機
      2.1.2. デジタル交換機の特徴
      2.1.3. 交換機の機能
      2.1.4. 番号方式
      2.1.5. 信号方式
      2.1.6. 交換方式
      2.1.7. デジタル加入者線交換機の構成
      2.1.8. デジタル加入者線交換機の集線方式
      2.1.9. 通話路スイッチ
      2.1.10. デジタル中継交換機
   2.2. 伝送媒体
      2.2.1. 有線伝送路の種類
      2.2.2. メタリックケーブル
      2.2.3. 光ファイバケーブル
   2.3. 伝送設備
      2.3.1. 線路構造物
      2.3.2. 伝送装置
      2.3.3. アナログ有線伝送装置
      2.3.4. デジタル有線伝送装置
      2.3.5. 伝送方式
   2.4. 電源設備
      2.4.1. 通信用電源設備の重要性
      2.4.2. 通信用電源設備の具備条件
      2.4.3. 通信用電源設備の構成
      2.4.4. 主要機器と機能
      2.4.5. 給電方式
      2.4.6. 通信用電源方式
      2.4.7. 直流供給方式
      2.4.8. 交流供給方式
      2.4.9. 変換供給方式
      2.4.10. 電池
      2.4.11. 自立電源方式
      2.4.12. コージェネレーションシステム(CGS)
      2.4.13. 予備電源と用途
      2.4.14. 自動制御
      2.4.15. UPS(無停電電源装置)
       チャレンジテスト

第3章 基本サーバーコントロール
   3.1. 伝送
      3.1.1. 信号の種類
      3.1.2. デジタル伝送の特徴
      3.1.3. アナログ情報のデジタル伝送
      3.1.4. 変調・復調
   3.2. 多重化
      3.2.2. 光波長分割多重
      3.2.3. 時分割多重
      3.2.4. 周波数分割多重
      3.2.5. 時間圧縮多重
      3.2.6. 符号分割多重
      3.2.7. 方向分割多重
   3.3. 同 期
      3.3.1. 同期化の種類
      3.3.2. スタッフ同期
      3.3.3. 網同期
      3.3.4. 位置多重方式
   3.4. 伝送符号
      3.4.1. 符号の表現
      3.4.2. ベースバンド符号形式の基本
      3.4.3. 主なベースバンド符号形式
      3.4.4. その他のベースバンド符号形式
   3.5. 光学効果
      3.5.1. 電気光学効果
      3.5.2. 非線形光学効果
   3.6. 無線伝送
      3.6.1. 有線伝送との比較
      3.6.2. 無線伝送装置の機能
      3.6.3. 固定無線
      3.6.4. 電波伝搬
      3.6.5. フェージング
      3.6.6. アナログ無線とデジタル無線
      3.6.7. 移動無線
      3.6.8. ページング
      3.6.9. 携帯電話とPHS
      3.6.10. 多元接続方式
      3.6.11. 衛星通信
   3.7. トラヒック理論
      3.7.1. 通信のトラヒック
      3.7.2. 呼
      3.7.3. トラヒックの数量化
      3.7.4. 呼の処理方法
      3.7.5. 完全線群と不完全線群
      3.7.6. サービス尺度
       チャレンジテスト

第4章 データ通信
   4.1. データ端末装置
      4.1.1. 役割
      4.1.2. 基本機能
      4.1.3. 構成
      4.1.4. 伝送制御
      4.1.5. データ伝送
   4.2. ネットワークアーキテクチャ
      4.2.1. プロトコル
      4.2.2. ネットワークアーキテクチャ
      4.2.3. OSI参照モデル
      4.2.4. OSI参照モデルとデータ通信の関係
   4.3. LAN
      4.3.1. 構成
      4.3.2. 技術的要素
      4.3.3. ネットワーク接続機器
   4.4. 有線LAN
      4.4.1. イーサネット
      4.4.2. ファストイーサネット
      4.4.3. ギガビットイーサネット
      4.4.4. 10ギガビットイーサネット
   4.5. 無線LAN
      4.5.1. 技術的要素
      4.5.2. 規格
   4.6. データ通信ネットワーク
      4.6.1. データ通信方式
      4.6.2. フレームリレー
      4.6.3. ISDN
      4.6.4. 同期転送モード(STM)
      4.6.5. 非同期転送モード(ATM)
      4.6.6. IP over ATM
      4.6.7. SDH/SONET
      4.6.8. インターネット
      4.6.9. ブロードバンド
      4.6.10. xDSL
      4.6.11. CATV通信
      4.6.12. FTTH(Fiber To The Home)
      4.6.13. その他の高速通信方式
       チャレンジテスト

第5章 通信プロトコル
   5.1. IPネットワーク技術
      5.1.1. IPネットワーク
      5.1.2. MACアドレス
      5.1.3. IPv4アドレス
      5.1.4. IPv6アドレス
      5.1.5. TCP
      5.1.6. UDP
   5.2. ルーチング
      5.2.1. 技術的要素
      5.2.2. ルーチングプロトコル
   5.3. VPN
      5.3.1. VLAN
      5.3.2. IP-VPN
      5.3.3. 広域イーサネット
      5.3.4. MPLS
      5.3.5. L2TP
   5.4. VoIP
      5.4.1. 音声伝送
      5.4.2. IP電話
      5.4.3. 符号化技術
      5.4.4. 制御プロトコル
      5.4.5. VoIPのQoS制御
      5.4.6. VoIPの音声品質と対応技術
      5.4.7. VoIP機器
   5.5. 電子メール
      5.5.1. 送信プロトコル
      5.5.2. 受信プロトコル
   5.6. 画像通信技術
       チャレンジテスト

第6章 セキュリティ技術
   6.1. 情報セキュリティ
      6.1.1. 実現のための三要素
      6.1.2. 不正行為
      6.1.3. 不正プログラム
      6.1.4. 攻撃
      6.1.5. 情報セキュリティ管理
      6.1.6. 情報セキュリティ対策
      6.1.7. 電子認証技術とデジタル署名技術
      6.1.8. リスク分析アプローチ
      6.1.9. 個人情報保護
   6.2. セキュリティプロトコル
      6.2.1. IPsec
      6.2.2. SSH
      6.2.3. SSL/TLS
      6.2.4. S/MIMEとPGP
   6.3. 情報通信ネットワーク安全・信頼性基準
      6.3.1. 目的
      6.3.2. 定義
      6.3.3. 設備等基準
      6.3.4. 管理基準
      6.3.5. 情報セキュリティポリシー策定のための指針
      6.3.6. 危機管理計画策定のための指針
   6.4. 情報システム安全対策指針
      6.4.1. 概要
      6.4.2. 情報システムの安全対策
      6.4.3. ホスト等の安全対策
      6.4.4. 施設の安全対策
      6.4.5. 攻撃等認知時における措置等
      6.4.6. 個人情報保護
      6.4.7. ユーザの講じる安全対策
      6.4.8. コンピュータウイルスに関する安全対策
      6.4.9. インターネット等に係る安全対策
      6.4.10. インターネット等からの攻撃等認知時における措置等
      6.4.11. コンピュータウイルスに関する安全対策
       チャレンジテスト

第7章 設備管理
   7.1. 設備管理
      7.1.1. 設備管理の効果
      7.1.2. 設備管理値による管理
      7.1.3. 異常障害管理
      7.1.4. 不良施設の管理
      7.1.5. 資材管理等
   7.2. 品質管理
      7.2.1. ネットワークの品質
      7.2.2. 音声の品質評価
      7.2.3. 伝送品質劣化要因
      7.2.4. 符号誤り
      7.2.5. 符号誤り制御
   7.3. 管理手法
      7.3.1. QC7つ道具
      7.3.2. 新QC7つ道具
      7.3.3. 故障解析
      7.3.4. 製品検査
      7.3.5. その他の管理手法
   7.4. 保全
      7.4.1. 分類と定義
      7.4.2. 通信システムと保全
      7.4.3. 予防保全の重要性
      7.4.4. 保全と取り替え
      7.4.5. 保全性の向上
      7.4.6. デジタル交換機の故障対策
      7.4.7. 設備面からの地震対策
      7.4.8. 通信網の保全
      7.4.9. 診断技術
      7.4.10. 再発防止計画
      7.4.11. 保全支援管理
      7.4.12. 電気通信設備の雷害
   7.5. 安全管理
      7.5.1. 安全管理と労働安全衛生法
      7.5.2. 安全管理業務
      7.5.3. 人身事故防止対策
      7.5.4. 人身事故発生の仕組み
      7.5.5. 安全管理者の職務
      7.5.6. 安全衛生管理体制
   7.6. 経済比較
      7.6.1. 経済比較法
      7.6.2. 実際の経済比較
      7.6.3. 設備の稼働費と使用期間
      7.6.4. 設備の使用期間と設備にかかる1年当たりの費用
      7.6.5. 需要予測
       チャレンジテスト

第8章 信頼性・保全性
   8.1. 信頼性向上
      8.1.1. フォールト対応
      8.1.2. 冗長構成
      8.1.3. 通信ネットワークの高信頼化
      8.1.4. 評価技術
      8.1.5. RASIS
   8.2. 評価尺度
      8.2.1. 信頼度と不信頼度
      8.2.2. 平均故障間隔(MTBF)
      8.2.3. 平均稼働時間(MTTF)
      8.2.4. 平均修復時間(MTTR)
      8.2.5. アベイラビリティ
      8.2.6. 故障率
      8.2.7. 修復率
      8.2.8. 保全度
      8.2.9. 保全時間
      8.2.10. コスト有効度
   8.3. 信頼性モデル
      8.3.1. 信頼性モデルの種類
      8.3.2. 直列モデル
      8.3.3. 並列モデル
       チャレンジテスト

第2部:法規

第1章 総説
   1.1. 一般的な法令の構成
   1.2.  電気通信に関する主な法律
      1.2.1. 電気通信の基本に関する法律
      1.2.2. サービスの運営に関する法律
      1.2.3. 事業体等の組織に関する法律
      1.2.4. 条約
   1.3. 電気通信事業法
      1.3.1. 目的
      1.3.2. ポイント
      1.3.3. 構成
      1.3.4. 電気通信事業法関連法規
   1.4. 有線電気通信法
      1.4.1. 概要
      1.4.2. 有線電気通信設備令(設備令)
      1.4.3. 技術基準の構成と適用

第2章 電気通信事業法
   2.1. 電気通信事業法
      2.1.1. 構成
      2.1.2. 法律の内容
      2.1.3. 電気通信事業法のまとめ
       チャレンジテスト
   2.2. 電気通信事業法施行規則
      2.2.1 構成
      2.2.2 法律の内容
      2.2.3. 電気通信事業法のまとめ
       チャレンジテスト
   2.3. 事業用電気通信設備規則
      2.3.1. 構成
      2.3.2. 法律の内容
      2.3.3. 事業用電気通信設備規則のまとめ
       チャレンジテスト
   2.4. 事業用電気通信設備規則の細目
      2.4.1. 法律の内容
      2.4.2. 事業用電気通信設備規則の細目のまとめ
   2.5. 端末設備等規則
      2.5.1 構成
      2.5.2 法律の内容
      2.5.3. 端末設備等規則のまとめ
       チャレンジテスト
   2.6. 電気通信主任技術者規則
      2.6.1. 構成
      2.6.2. 法律の内容
      2.6.3. 電気通信主任技術者規則のまとめ
       チャレンジテスト
   2.7. 電気通信番号規則
      2.7.1. 構成
      2.7.2. 法律の内容
      2.7.3. 電気通信番号規則のまとめ
   2.8.  電気通信事業における個人情報保護に関するガイドライン
      2.8.1. 法律の内容
      2.8.2 電気通信事業における個人情報保護に関するガイドラインのまとめ
   2.9.  障害者等電気通信設備アクセシビリティ指針[参考]
      2.9.1. 法律の内容
   2.10.  端末機器の技術基準適合認定等に関する規則
      2.10.1. 法律の内容
      2.10.2 端末機器技術基準適合認定等に関する規則のまとめ

第3章 有線電気通信法
   3.1. 有線電気通信法
      3.1.1. 構成
      3.1.2. 法律の内容
      3.1.3. 有線電気通信法のまとめ
       チャレンジテスト
   3.2. 有線電気通信設備令
      3.2.1. 構成
      3.2.2. 法律の内容
   3.3 有線電気通信設備令施行規則
      3.3.1. 法律の内容
      3.3.2. 有線電気通信設備令施行規則のまとめ
       チャレンジテスト

第4章 その他の法規
   4.1. 電波法
      4.1.2. 法律の内容
      4.1.3. 電波法のまとめ
       チャレンジテスト
   4.2 国際電気通信連合憲章
      4.2.1. 構成
      4.2.2. 法律の内容
      4.2.3. 国際電気通信連合憲章のまとめ
       チャレンジテスト
   4.3.  不正アクセス行為の禁止等に関する法律
      4.3.1 概要
      4.3.2 法律の内容
      4.3.3. 不正アクセス行為の禁止等に関する法律のまとめ
       チャレンジテスト
   4.4  電子署名及び認証業務に関する法律
      4.4.1 概要
      4.4.2 法律の内容
      4.4.3. 電子署名及び認証業務に関する法律のまとめ
   4.5 電気通信事業法施行令[参考]
      4.5.1. 法律の内容


索引
各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連リンク

関連商品

情報処理教科書 ネットワークスペシャリスト 2022年版

販売価格:3,168円(税込)

2021.10.20発売

情報処理教科書 高度試験午前Ⅰ・Ⅱ 2022年版

販売価格:3,168円(税込)

2021.10.11発売

おすすめ特集

PDF版高額書籍フェア

【PDF版高額書籍フェア】売れ筋のハイエンドPDF版書籍を厳選し、40%ポイント還元!

ゲームプログラミング・ゲーム制作関連本

趣味で始めてみたい方や、ゲームプログラマー・ゲームデザイナーにもおすすめ!ゲーム制作おすすめ本

プログラミング本特集

翔泳社のプログラミング書籍の中から、入門・初級者向けの書籍をピックアップ!

Excel本大特集

【Excel本大特集】業務効率化やスキルアップに!おすすめの学習書をご紹介。

ベンダー資格 試験対策本特集

ベンダー資格に関する書籍を試験ごとに紹介!ベンダー資格試験対策本特集

情報処理教科書シリーズ

情報処理技術者試験におすすめの参考書「EXAMPRESS 情報処理教科書シリーズ」で最短合格!

特集をもっと見る