チームの成長によりアジャイルソフトウェア開発の変革を促す 組織パターン

翔泳社(出版社) , James O. Coplien(著) , Neil B. Harrison(著) , 和智右桂(訳)

商品番号
128440
販売状態
発売中
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2013年08月05日
ISBN
9784798128443
判型
B5変
ページ数
424
キーワード
開発  アジャイル  スクラム

販売価格:¥4,104(税込)

送料無料 在庫あり

本体価格の20%をポイント還元(会員限定)

電子書籍を見る
ほしい物リストに追加

アジャイル開発における組織の在り方の指針を網羅

本書は、ソフトウェアを開発する上で「人間」とその「組織」に着目し、ソフトウェアを開発する際にどのような組織であるべきなのかを、実際の観察に基づいて書いている本です。同時に、広く使われるようになった「パターン」とは何かということについても起源に忠実な形で解説しています。

主著者のJim Coplienはスクラムやアジャイルの世界でも最重要人物のひとりに位置づけられている人物です。その彼の根本的な主張は、ソフトウェア開発では技術的な側面にとらわれず、人間的な側面に目を向けろというものであり、本書は建築業界でのバイブル的位置づけである「クリストファー・アレグザンダーのパターン」の思想を、ソフトウェア開発に昇華させ結実したものでもあります。

第I部 歴史と導入

第1章 パターンと組織パターンの概要

1.1 パターンとは何か?
1.2 パターン言語とは何か?
1.3 組織パターン言語

第2章 パターンの登場

2.1 組織データを集める
2.2 順序を作る
2.3 歴史と関連研究

第3章 本書の使い方

3.1 パターンを読む
3.2 パターンを適用する
3.3 パターンを更新する
3.4 本書を使うべき人

第II部 パターン言語

第4章 組織デザインパターン

4.1 プロジェクトマネジメントのためのパターン言語
4.2 組織の漸進的成長のためのパターン言語

第5章 組織構築パターン

5.1 組織のスタイルのためのパターン言語
5.2 人とコードのためのパターン言語

第III部 基礎と歴史

第6章 組織の原則

6.1 組織変革のための起爆剤
6.2 漸進的成長
6.3 いくつかの一般的なルール

第7章 人類学的基礎

7.1 人類学にあるパターン
7.2 プロセスを超えて構造や価値へ
7.3 ロールとコミュニケーション
7.4 ソーシャルネットワークの分析
7.5 パターンを抽出する

第IV部 ケーススタディ

第8章 ボーランドのQuattro Pro for Windows

8.1 QPWケーススタディの導入
8.2 QPWの起源と説明
8.3 QPWデータの分析
8.4 優れた個人とその統合
8.5 一つのことだけうまくやれ
8.6 漸進的なアーキテクチャプロセス
8.7 個性と開発
8.8 赤子が泣いてもふた取るな
8.9 順応するより作れ
8.10 カリフォルニアゴールドラッシュ?
8.11 チームによる内省
8.12 プロセスと品質
8.13 QPWに関する結論的考察

第9章 超生産的な電気通信開発チーム

9.1 文化
9.2 開発プロセス
9.3 プロセスのパスツール分析
9.4 人間的側面
9.5 小さいチームのスピリット
9.6 プロセスを改善するチャンス
9.7 考察と結論

補遺

A 要約的パトレット
B 参考文献
C フォトクレジット

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連商品

絵で見てわかる量子コンピューターの仕組み

販売価格:2,786円(税込)

2019.07.10発売

【CodeZine Academy】【ペア割】 TDD実践講座<2019年3月25日>

販売価格:123,120円(税込)

2019.02.22発売

【CodeZine Academy】 TDD実践講座<2019年3月25日>

販売価格:64,800円(税込)

2019.02.22発売

Kotlinプログラミング

販売価格:3,672円(税込)

2019.02.14発売