MarkeZine 年間定期購読(1ヶ月無料延長キャンペーン)

翔泳社(出版社) , MarkeZine編集部(編)

商品番号
MZMSUB
販売状態
発売中
納品形態
ゆうメールにてお届け
お申込み時点での最新号から発送開始
判型
A4
ページ数
64
キーワード
年間定期購読  MarkeZine

販売価格:¥48,600(税込)

送料無料 在庫あり

更新の方はこちら
ほしい物リストに追加

1ヶ月無料延長キャンペーン実施中

キャンペーン期間中に定期購読にお申込みいただくと、通常1年間(12冊/12ヶ月)の購読期間を1ヶ月無料で延長いたします。合計13冊を通常と同じお値段でご購読いただける大変お得なキャンペーンですので、この機会にぜひご活用ください。

【キャンペーン期間】2019年8月7日(水)~ 2019年8月25日(日)
※本キャンペーンは予告なく終了する場合がございますので、予めご了承ください。
【ご購読期間】第43号(2019年7月号)~第55号(2020年7月号)
・年間定期購読(12冊/一年間):第43号(2019年7月号)~ 第54号(2020年6月号)
・1ヶ月無料延長(1冊):第55号(2020年7月号)


定期誌『MarkeZine』第43号(2019年7月号)
特集「サブスク・ビジネス大全」

サブスクリプション・ビジネスの勢いが止まらない。BtoB/BtoCといった事業の垣根を越え、成長し続ける同市場。新規プレーヤーの参入が相次ぐなか、徐々にビジネスの明暗も分かれてきた。先駆企業の取り組みから、サブスクリプション・モデルで収益化し、ユーザーと継続的な関係を構築していくためのヒントを探る。

Insight(巻頭インタビュー)

デジタル広告の可能性を追求 DACと博報堂DYデジタルの統合で切り開く道
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム 島田 雅也

Feature(特集)サブスク・ビジネス大全

投資なくして成長なし? サブスクリプションKPI設計の基本
Zuora Japan 桑野 順一郎/竹内 尚志

「サブスク疲れ」にどう対応するか 米企業に学ぶ、サブスク・ビジネスの勝ち筋
在米ジャーナリスト 岩田 太郎

ファッション× ITで事業を拡大 「メチャカリ」が黒字化までの3年間を語る
ストライプインターナショナル 澤田 昌紀

究極のプレゼン資料作成術

【実践編】プレゼン資料作成のデザイン・ルール設計
リライアンス・データ KUROKO

業界最新動向

ZOZOグループ、リアル店舗向けに「ツケ払い」を提供
MarkeZine編集部

私のキャリア

好奇心を育み「ポータブルスキル」を身につける
LINE 二木 祥平

クリエイターに学ぶ、デジタルの作法

エンゲージメントに必要な感情の生み出し方
SIX 奥山 雄太

世界のトレンドを読む

ミレニアル世代向け旅行関連サービス・商品が登場
Livit 細谷 元

生活者データバンク

スポーツイベントがメディア利用に与える影響
インテージ 蓮見 孝明

データで読み解く

10%増税が購買行動に与える影響
マクロミル 丹治 俊一

米国最新事情レポート『DI. MAD MAN Report』

「テレビ」という言葉が作る機会損失
デジタルインテリジェンス 榮枝 洋文

マンガ超訳 マーケティング用語

SQL・MQLとは?

最新マーケティング情報が毎月手に入る!

マーケティングの最新情報を厳選し、年12回、毎月お届けします。
業界キーパーソンの独自取材インタビューや注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナル情報が満載です。
デジタル化という大変革の波を乗り切る必携として、定期誌『MarkeZine』をぜひご活用ください!

■こんな人におすすめ
マーケティングの最新動向を知りたい / 自社のビジネスに活用できる具体的な事例を知りたい / AIや動画、人気のSNS、オウンドメディアなど、注目トピックについて知りたい / 調査データから生活者の動向やニーズを押さえておきたい / 横文字、略字の多い専門用語を理解したい


読者限定!ご購読特典はこちら

プレミアム記事

【ウェブでも限定記事が読める】

巻頭インタビューや特集など、誌面掲載の記事(一部)をウェブでも購読者限定でご覧いただけます。最新号だけでなく、過去の記事もお読みいただけます。

読者イベント

【読者イベントに無料ご招待】

誌面に登場する業界キーパーソンが登壇するリアルイベントを開催。無料でご招待いたします。ネットワーキングの場として、人脈作りにもご活用いただけます。

MarkeZine Stock

【データダウンロードサービス】

誌面に掲載したオリジナル調査などの図表データをダウンロードできる『MarkeZine Stock』をご利用いただけます。企画書や資料で自由にご活用ください。


各特典は初回号発送後から、ご購読期間中ご利用いただけます。

ご利用案内

お申込み前に必ずご確認ください。

お申込み締切と発送スケジュールについて

お申込みいただいた時点での最新号から1年間発送いたします。最新号の発行は、毎月25日です。
 ※発行日は、日曜・祝祭日などで変更になる場合がございます。雑誌の到着日は、発行日より遅れることがございますが、ご了承ください。

日本郵便のゆうメールで発送いたします。(送料翔泳社負担、年12回発送)
 ※発送から2~3日でお届け予定でございます。
 ※ポスト投函方式ですので、郵便受けの投入口のサイズにご注意ください。(誌面サイズ : 縦 28cm/横 21cm/厚さ 約5mm)

定期購読料とお支払い方法

年間定期購読料は48,600円(税込)です。 ※精算単価は4,860円(税込)です。
一括前払いとなります。お支払方法は、下記のいずれかをお選びください。

  • クレジットカード:初回号発送のタイミングで決済処理を行います。
  • 銀行振込:原則ご注文から10営業日以内のお振込みをお願いしております。
    ご請求書が必要な場合は、ご注文の際に「請求書希望欄」にチェックを入れてください。
    ※ 法人のお客様で、10営業日以内のお振込みが難しい場合や、後払いをご希望の方は、お問い合わせフォームからご連絡ください。その際、御社のお支払ターム(月末締め、翌月末払いなど)を合わせてお知らせください。

見積書の発行について

ご注文の前にお見積もりが必要な場合は、こちらをご参照ください。

領収書の発行について

領収書は、SEshopの会員メニュー画面から、出力することが可能です。
出力方法の詳細は、こちらのページでご確認ください。
なお、初回号の発送から1か月以上経っている場合、あるいは、ゲスト購入の場合は、領収書の宛名・送付先をご明記の上、お問い合わせフォームからご連絡ください。

送付先の変更、購読期間の確認

送付先の変更、購読期間の確認につきましては、こちらをご覧ください。

キャンセル・途中解約について

初回号の発送前までは、ご注文をキャンセルすることができます。ご購読開始後に、お客様のご都合により途中解約された場合、送付済み分を精算単価4,860円(税込)にて精算いたします。
 48,600円-(精算単価4,860円×送付済み分)=返金額(残金があれば)

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連リンク

関連商品

MarkeZine 第42号(2019年6月号)

販売価格:4,860円(税込)

2019.06.25発売

MarkeZine 第41号(2019年5月号)

販売価格:4,860円(税込)

2019.05.25発売

MarkeZine 第40号(2019年4月号)

販売価格:4,860円(税込)

2019.04.25発売

MarkeZine 第39号(2019年3月号)

販売価格:4,860円(税込)

2019.03.25発売

おすすめ特集

今月のクーポン

翔泳社の通販SEshopなら全品送料無料、ポイント還元、さらに毎月更新の割引クーポンでお得!

注目のプログラミング教育本

2020年度から小学校で必修化!話題のプログラミング教育の本はこちら。

Python特集

【今からはじめるPython特集】おすすめ本を入門~上級までレベル別にご紹介!

情報処理教科書シリーズ

情報処理技術者試験におすすめの参考書「EXAMPRESS 情報処理教科書シリーズ」で最短合格!

エンジニア必携特集

【エンジニア必携特集】開発現場で使える!ITエンジニアの業務に役立つ書籍を一挙ご紹介。

「デジタル時代の基礎知識」

第一線で活躍中のスペシャリストが提案する新時代のビジネスルール。「デジタル時代の基礎知識」

特集をもっと見る