鴻海帝国の深層【PDF版】

翔泳社(出版社) , 王樵一(著) , 永井麻生子(訳)

商品番号
147820
販売状態
発売中
納品形態
会員メニューよりダウンロード
発売日
2017年12月07日
ISBN
9784798147826
データサイズ
約16.1MB
制限事項
印刷不可・テキストのコピー不可
キーワード
経営  海外  イノベーション  電子書籍【PDF版】  ビジネスモデル  貿易

販売価格:¥1,728(税込)

送料無料 在庫あり

本体価格の20%をポイント還元(会員限定)

紙の書籍を見る
ほしい物リストに追加
  • 本製品は電子書籍【PDF版】です。
  • ご購入いただいたPDFには、購入者のメールアドレス、および翔泳社独自の著作権情報が埋め込まれます。
  • 本製品を無断で複製、転載、譲渡、共有および販売を行った場合、法律により罰せられる可能性がございます。
  • ご購入の前に必ずこちらをお読みください。

好むと好まざると、「鴻海」とそのトップ「郭台銘」は理解する必要がある!

台湾の町工場として、事業をスタートさせた鴻海は、わずか40年余りで売上高15兆円の企業に成長した。その成長を支えたのは、「PC、ゲーム機、携帯電話、スマートフォンなど成長市場にいち早く目を付けて、アップル、デル、ソニーなどトップシェア企業を顧客にする」「廊下の電灯は間隔を空けて点ける、社員のエレベーター利用を禁止するなど堅実経営の一方で、忘年会の賞金総額は15億円と利益は社員に積極的還元する」「工場を建設しながら出荷する、出荷センターを顧客近くに建設するなど、スピード重視の開発・量産・納品体制を実現」「顧客が受け入れやすい価格帯で売値を決めた後に、それに応じてコストを決定(価格が下がると鴻海のシェアが上がる)」という鴻海の戦略と、「毎朝プールで会社の幹部と仕事の話をしながら業務を始め、1日15時間働く」「ブランドを身に付けず、高級車にも乗らず、身を飾ることにも興味がない」「製品を納期を間に合わせるためには、自ら生産ラインに立って、3日でも徹夜」「議論したいと考えたときには、真夜中でも帰宅した社員を呼び出す」という郭台銘のキャラクターだった。原書にはなかったシャープ買収の裏側も収録。製造業のみならずすべてのビジネスマン必読の一冊!

PDF版のご利用方法

  1. ご購入後、SEshopにログインし、会員メニューに進みます。
  2. ご購入電子書籍およびデータ > [ご購入電子書籍およびダウンロードデータ一覧]をクリックします。
  3. 購入済みの電子書籍のタイトルが表示されますので、リンクをクリックしてダウンロードしてください。
  4. PDF形式のファイルを、お好きな場所に保存してください。
  5. 端末の種類を問わず、ご利用いただけます。
1章 50万から1兆へ 鴻海の台頭
2章 あえて独裁者となる 郭台銘という人物
3章 人を率いるなら、心を率いよ! 郭台銘のリーダー術
4章 四流人材を、才能ある人材へ 1
5章 四流人材を、才能ある人材へ 2
6章 スピード=コスト 魔物はすべて細部に潜む
7章 鴻海の中核的競争力 1
8章 鴻海の中核的競争力 2
9章 中国に根を張り、全世界へ 鴻海のグローバル戦略
10章 一流の顧客 鴻海が成長し続ける理由
11章 総合判断力 郭台銘、成功の秘訣
12章 健全な財務構造 株主を選び、大きな借金をしない
13章 鉄の男の熱き想い 郭台銘の愛と慈善
14章 郭台銘のいない鴻海 引退後の郭台銘と鴻海の未来
各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連リンク


関連商品

超ど素人がはじめる仮想通貨投資【PDF版】

販売価格:1,490円(税込)

2019.02.21発売