マザーボードの秘密

株式会社ディー・アート(出版社) , 岩村益典(著)

商品番号
DART6282
販売状態
販売終了
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2001年10月11日
ISBN
4886486282
判型
A5
ページ数
272
キーワード
 ハードウェア  メーカー  周辺機器  ディー・アート

販売価格:¥1,980(税込)

ポイント:180pt (10%)
詳細はこちら

送料無料

現在、本商品は販売しておりません。
ほしい物リストに追加

「BIOSの秘密」「チップセットの秘密」に続く{秘密シリーズ}の第3弾です。マザーボードはパソコンの心臓部といった意味から、別名メインボードとも呼ばれています。パソコンケースの中を開けてみると、大きなプリント基板が一枚は入っています。このプリント基板の上には、CPU、メモリといった様々なパーツやチップセットなどが取り付けられています。このマザーボードは、どこで、どのように作られているのでしょうか。また、どのような仕組みで動作しているのでしょうか。本書では、PC/ATの成り立ちからマザーボードの仕組みといった基本的な知識からBIOSの設定はもちろん世界のマザーボード基地・台湾の事情の紹介まで満載した、異色のマザーボード解説書です。本書の著者は台湾マザーボードメーカーの日本語マニュアルの製作者であることを最後に付記しておきます。

第1章 マザーボードの秘密を説く前に

なぜマザーボードの秘密なのか?
そろそろアップグレードしたいかな?
なにが、ユーザーにパソコンは使いにくいといわせているのか?
メインボード?マザーボード?呼び方の違い
日本におけるPCの歴史
なぜマザーボードは台湾産?!
「マザーボードの秘密」その本質は?

第2章 マザーボードとは何なのか

マザーボードは何かがよくわからないあなたのために―IBM-PCとマザーボード
マザーボードには規格がある
マザーボードの分類
マザーボードの仕組みをみる
マザーボードのI/O
USBとIEEE1394について

第3章 マザーボードの設計・製造の秘密

マザーボード設計の秘密
マザーボード製造の秘密

第4章 チップセット、CPU、メモリとマザーボードの関係

チップセット論
拡張機能とバス
メモリの種類と規格の秘密
CPUとマザーボード

第5章 マザーボードのBIOSとその設定

BIOSとは、なに?
BIOSの設定について考える
BIOSのもっとも簡単な設定法
BIOSは、設定よりもアップデートが大事
BIOSの、最近の傾向

第6章 マザーボードのあれこれをシャブリ尽くす

電源管理
ATX電源の話
Pentium4から電源が、ATX2.03=ATX12Vになった
おもしろマザーボード
マザーボードの賢い購入
マザーボードメーカーの努力
古いマザーボードの有効活用法
オーバークロック賛否両論
CPUクーラーを考える
AC97コーデックとサウンドチップ
AC97とライザについて

第7章 台湾のマザーボード事情

台湾電脳事情
台湾メーカーの課題について
台湾メインボードメーカーの分類―台湾内OEM?
DFI取材記

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連リンク

関連商品

おすすめ特集

今月のクーポン

翔泳社の通販SEshopなら全品送料無料、ポイント還元、さらに毎月更新の割引クーポンでお得!

PDF版高額書籍フェア

【PDF版高額書籍フェア】売れ筋のハイエンドPDF版書籍を厳選し、40%ポイント還元!

注目のプログラミング教育本

2020年度から小学校で必修化!話題のプログラミング教育の本はこちら。

ビジネススキルの本

ビジネスマナー、仕事術、業界知識を身に付けるならこの一冊!おすすめビジネススキルの本。

エンジニア必携特集

【エンジニア必携特集】開発現場で使える!ITエンジニアの業務に役立つ書籍を一挙ご紹介。

Python特集

【今からはじめるPython特集】おすすめ本を入門~上級までレベル別にご紹介!

特集をもっと見る