ダイアグラム別UML徹底活用

商品番号
109300
販売状態
販売終了
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2005年06月20日
出荷開始日
2005年06月21日
ISBN
4798109304
判型
B5変
ページ数
256
キーワード
プログラミング  データベース    メーカー  UML  DB SELECTIONシリーズ  オブジェクト指向  シリーズ  設計・開発  翔泳社

販売価格:¥2,640(税込)

ポイント:240pt (10%)
詳細はこちら

送料無料

現在、本商品は販売しておりません。
ほしい物リストに追加

あなたはUMLの本当の実力をまだ知らない?!

本書は、UMLの効果的な使い方や使いどころと、使用する上での注意点や落とし穴を、ダイアグラム別に解説したものです。UMLの中でも使用頻度の高いクラス図やユースケース図をはじめ、オブジェクト図やシーケンス図、逆にあまり使われていない配置図やコンポーネント図まで、その使い方の本質をじっくりと丁寧に解説。今まで知られていなかった実際の開発に生かせるUMLの本当の実力と、反対に逆効果になってしまうような落とし穴までを、実例に基づく具体的な説明とともに紹介しています。

本書は月刊DB Magazineの人気連載「UMLモデリング向上委員会」を加筆/再編集し、書籍としてまとめたものです。

Part 1 UMLのおさらいとウォーミングアップ

第1章 モデリングのメリットを考える
そもそもモデリングとは
図によるモデル化のメリット
UML(Unified Modeling Lnaguage)
UML導入によるメリット
UMLで用意されているダイアグラム
UML使用時に見られる問題
まとめ

第2章 ユースケース図の注意点と使いどころ
ユースケース図とは
UML 2.0の変更点 ユースケース図
ユースケース図の使いどころ
ユースケース図作成時の注意点
ユースケース記述と併せて使う
まとめ

第3章 ユースケース記述の注意点と使いどころ
ユースケース記述
UML 2.0の変更点 ユースケース記述
ユースケース記述の使いどころ
ユースケース記述の注意点
まとめ

Part 2 ダイアグラムの使いどころをマスターしよう!

第4章 クラス図~基本編
クラス図はUMLの中で最も難しい図?
UML 2.0の変更点 クラス図(基本)
クラス図の使いどころ
クラス図の注意点(基本編)
まとめ

第5章 クラス図~応用編
クラス図の応用要素
UML 2.0の変更点 クラス図(応用)
応用要素の使いどころ
クラス図の注意点(応用編)
まとめ

第6章 オブジェクト図
オブジェクト図とは
UML 2.0の変更点 オブジェクト図
オブジェクト図の使いどころ
オブジェクト図を使う際の注意点
まとめ

第7章 相互作用図~シーケンス図とコラボレーション図
相互作用図
相互作用図の使いどころ
相互作用図の注意点
まとめ
UML 2.0の変更点 相互作用図

第8章 アクティビティ図
アクティビティ図
アクティビティ図の使いどころ
アクティビティ図の注意点
まとめ
UML 2.0の変更点 アクティビティ図

第9章 ステートチャート図
ステートチャート図とは
ステートチャート図の使いどころ
ステートチャート図の注意点
まとめ
UML 2.0の変更点 ステートマシン図

第10章 コンポーネント図と配置図
コンポーネント図
配置図
コンポーネント図/配置図の使いどころ
コンポーネント図/配置図の注意点
まとめ
UML 2.0の変更点 コンポーネント図/配置図

Part 3 ダイアグラムを組み合わせてみよう!

第11章 ダイアグラム間の整合性
ダイアグラム間の整合性とは
クラス図とオブジェクト図
クラス図と相互作用図
クラス図とステートチャート図
まとめ

第12章 UMLとプロセス
プロセスとは
プロセスとUMLの関係
プロセスとUMLの関係での注意点
UMLを使ったプロセス
まとめ

付録 オブジェクト指向によるソフトウェア開発の基本

付録1 ソフトウェア開発とオブジェクト指向の基礎
ソフトウェアの現状
ソフトウェアの永遠の課題
ソフトウェア開発の進化の歩み
オブジェクト指向の効果と基本概念
まとめ

付録2 開発と管理の「プロセス」を考える
プロセスとは何か
開発プロセスの基本概念
開発プロセスの工程例
管理プロセスの基本概念
管理領域に含まれるもの
ライフサイクルモデル
まとめ

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

感想・レビュー

oko1977 さん

2012-11-17

UMLの主要ダイアグラムについて、用法・意味と用いる場合の注意点などが解説されている。シーケンス図、クラス図、オブジェクト図、ステート図、アクティビティが解説されている。記号を規則化することで、コミニケーションをよくし、用件定義・設計での問題発見と実装の後戻りをなくす。プログラミングと同じでスキルが問われることがわかった。あくまで記号が規格されているだけで、曖昧さを排除し的確に過不足なく記述するのはセンスが必要だろう。

kojinose さん

2010-12-17

UMLの最初の一冊として読了。各ダイアグラムの詳細すぎない説明がちょうどよかった。また、UMLをどのように活用すればよいかというヒントもあり、実際に使っていく上で役立てていけるように感じた。

reppets さん

2010-07-03

わかりやすかった。いろんな要素を一枚の図にまとめている一覧性が良いです。

関連商品

Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書 第2版

販売価格:2,838円(税込)

2022.10.24発売

おすすめ特集

電気工事技術者

第二種電気工事士、電験3種など、電気工事技術者関連の資格参考書はこちら

アジャイル・スクラム関連本特集

アジャイル・スクラム入門書からプロフェッショナル向け開発書、チームマネジメント論まで

Linuxおすすめ本特集

【Linux本特集】入門~達人レベルまで!クラウド時代の必須知識Linuxを学ぶおすすめの本

SQL/データベース関連本特集

初心者向けの入門書から、達人レベルの専門書まで!SQL/データベース関連おすすめ本特集

マネジメント・リーダーシップ特集

人材育成やチームビルディング、プロダクトマネジメントや業務改善など、組織を目標達成に導く書籍

翔泳社のセミナー・講座

開発・ビジネス・マーケティング・EC運営・営業支援など、幅広いジャンルの講座を開催

特集をもっと見る