マイクロソフト ビル・ゲイツ不在の次の10年

翔泳社(出版社) , 長尾高弘(訳) , John Wiley & Sons, Inc.(原出版社) , Mary Jo Foley(著)

商品番号
118390
販売状態
販売終了
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2008年10月22日
ISBN
9784798118390
判型
四六
ページ数
320
刷・バージョン
1
キーワード
 メーカー  ビジネス  経営  企業  翔泳社

販売価格:¥1,814(税込)

送料無料

本体価格の10%をポイント還元(会員限定)

現在、本商品は販売しておりません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ほしい物リストに追加

グーグル、アップル、恐るるに足りず。
カリスマを失いつつも成長することを義務付けられた
巨大企業の未来像を探る

私は、マイクロソフトが今後数年間、いや数か月の間に計画していることを完璧に予言できる水晶玉を持っているわけではないし、そんなことを言うつもりもない。しかし、日常的に言葉を交わしているマイクロソフトの経営陣、パートナー、顧客、ライバルなどの顔ぶれから考えると、私はかなり真っ当な推測をすることのできる位置にいるのではないかと思う。
この本は、次世代のマイクロソフトの鍵を握るだろうと私が考えるマイクロソフトの人材、製品、戦略について書いたものだ。マイクロソフトの一部の事業単位の未来を描くという試みは、群盲象を撫でるということわざと似たような作業だと思っている。ウィンドウズという幹の部分が蛇のようなルック・アンド・フィールで、オフィスという牙が槍のようだとわかっているからといって、8万人の従業員を抱えさらに成長しつつあるマイクロソフトがどのようになるのかがわかるわけではない。
とは言え、マイクロソフトが次に何をするかについては手がかりが転がっている。それらの手がかりを集めて1本の糸で貫けば、次の10年でマイクロソフトが何をしてくるかをかなり適切に推測できるはずだ。点を結んで線を描くという私の試みによって、マイクロソフトの顧客、パートナー、その他この会社に何らかの利害関係のある読者の皆さんが、2008年以降のことについてインフォームド・ディシジョンを下せるようになれば幸いである。
「序章」より抜粋

序章
第1章 ゲイツがマイクロソフトだった
第2章 バズワード
第3章 そこにいるのは誰?
第4章 収益源のこれから?
第5章 新たな戦線への策源地
第6章 マイクロソフトの流儀
第7章 新しいモデルへの挑戦
終章


付録 A
付録 B

書籍のサンプルなどのダウンロードは、翔泳社サイトへ移動いたしました。
ダウンロード

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連商品