オープンガイドブックOpenOffice.org3 第2版

翔泳社(出版社) , 鎌滝雅久(著) , あわしろいくや(著) , 松宮哲(著) , 松井幹彦(著) , 中本崇志(監修) , 榎真治(監修) , 株式会社グッディ(監修) , 大槻武志(監修) , 遠藤靖典(監修)

商品番号
123860
販売状態
発売中
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2011年05月30日
ISBN
9784798123868
判型
B5変
ページ数
480
付録:DVD/CD-ROM
1
キーワード
Office  OpenOffice

販売価格:¥3,024(税込)

ポイント:280pt (10%)
詳細はこちら

送料無料 在庫あり

ほしい物リストに追加

初心者・ビジネスユーザー向けOpenOffice.org入門書の決定版

OpenOffice.orgは、Microsoft Officeとの高い互換性を持つオープンソースの統合オフィスソフトです。本書は、OpenOffice.orgの基本操作や文書作成、表計算機能、プレゼンテーション作成、データベース活用、マクロ処理などについてわかりやすく解説した入門書です。便利な新機能やMicrosoft Officeとの互換性についても詳しく解説しています。

第2版では、最新バージョン3.3に対応。付録DVDにOpenOffice.org 3.3を収録していますので、実際に試しながら操作方法や機能を学ぶことができます。OpenOffice.orgの導入を検討している方や初心者ユーザー、OpenOffice.orgへの移行を検討しているMicrosoft Officeユーザーにおすすめの一冊です。

【付録DVD-ROM 収録内容】

・- OpenOffice.org 3.3.0 for Windows/Linux/Mac
・- LibreOffice 3.3.2 for Windows/Linux/Mac
・- 『オープンガイドブックOpenOffice.org 2.0』PDF(全文)
・- 本書サンプルプログラム
・- 本書で紹介したテンプレート・拡張機能

第1章 OpenOffice.orgの概要
OpenOffice.org とは
   統合的なオフィススイート
   便利な機能
   ODF(OpenDocument Format)を採用
   多言語対応
   マルチプラットフォーム対応
   One Point:相互運用性を高めるフリーフォント
   オープンソース
   Microsoft Office との高い互換性
OpenOffice.org 3 の新機能
   Writer
   Calc
   Impress
   その他
OpenOffice.org の導入
   動作環境
   入手方法
   インストール
   最初に起動したときの登録について
   自動更新について
OpenOffice.org を起動する
   スタートリンク
   スタートメニュー
   クイック起動
基本操作を学ぶ
   新規作成
   ファイルを開く・保存する
   用紙の設定
   印刷・プレビュー
   One Point:印刷オプション
   ヘルプ

第2章 Microsoft Office から移行する
Microsoft Office との互換性を考える
   Microsoft Office 2010 の代わりにOpenOffice.org 3.3
   Microsoft Office のパッケージとの違い
   One Point:Thunderbird とLightning
   テンプレートやクリップアートなどの違い
   Windows 以外のOS への対応
   フォント環境を整える
ファイルの互換性
   Microsoft Office のファイルを開く
   Microsoft Office 形式で保存する
   ODFとOOXML
   ファイルの関連付け
   One Point:Windows の機能を使ってファイルの関連付けを変更する方法
   オプション設定
   ドキュメント変換ウィザード
各アプリケーションの互換性
   全アプリケーションに共通する互換性
   One Point:「 ページ設定」はどこのメニューに
   Writer
   Calc
   Impress
マクロの互換性
   マクロの記録
   Microsoft Office ドキュメントに含まれるマクロの扱い
   マクロの含まれているExcel ファイルをCalc で開く
   Excel VBA サポートで実行できるマクロ

第3章 ワープロ機能で文書を作成する
Writer入門
   画面構成
   One Point:入力領域と余白の境界線
   文書ドキュメントの構成要素
   書式の構成
基本的な文書を作成する
   書式を設定する
   テキストの入力・編集に便利な操作
   箇条書きと番号付けを設定する
   One Point:ショートカットキーで「箇条書き」「番号付け」を操作する
   One Point:「 箇条書き」や「番号付け」を終了する
   インデントとタブ機能を使う
   One Point:編集記号を表示させる
   表を作成する
   One Point:テキストを表に変換する
   One Point:表の中に斜め線・点線を引く
   One Point:その他の関数を使う
   画像を挿入する
   One Point:縦横比を保ったまま画像サイズを変更する
   図形描画機能を使う
   ヘッダー・フッターとページ番号を付ける
   One Point:ページスタイルとは
   One Point:文書途中のページからページ番号を開始したい
   ページの設定をする
効率良く文書を作成する
   「スタイルと書式設定」を活用する
   One Point:スタイルと「書式設定」ツールバーの関係
   One Point:水やりモードでスタイルを連続適用する
   One Point:行数や文字数の設定でWord との互換性を維持する
   ナビゲータを使う
   One Point:アウトライン機能とは
   章の番号付けを活用する
   目次を作成する
   マスタードキュメントで複数のファイルを統合する
   図表番号を設定する
   コメントを付ける
   One Point:コメントの表示・非表示を切り替える
   One Point:コメントの印刷設定

第4章 表計算機能を使いこなす
Calc 入門
   画面構成
   データ入力
   One Point:[ Tab]キーと[Enter]キーで快適入力
   範囲選択
   データに書式を設定する
   数式を入力する
   One Point:もし合計が「###」と表示されたら
   より見やすい表にする
   One Point:パレットは常時表示が可能
   One Point:ツールバーにボタンを追加する
   表を印刷する
   One Point:プリンタの設定をドキュメントと共に読み込む
表計算機能を活用する
   日付のデータを扱う
   One Point:相対参照と絶対参照
   One Point:日付の連番(シリアル値)
   関数を使う
   条件付き書式設定を活用する
グラフを作成する
   Calc で作成できるグラフの種類
   グラフウィザードを使ってグラフを作成する
   One Point:グラフの選択と編集
   グラフの種類を変更する
   3D のグラフを作成する
   グラフのデータの範囲を変更する
   One Point:グラフのタイトルを変更する
   グラフの書式を変更する
   グラフの要素の書式を変更する
   One Point:Y 軸タイトルを縦書きに変更する
データベースとしてのCalc
   データベースとして使うには
   入力規則
   並べ替えをする
   フィルタでデータを絞り込む
   One Point:正規表現を使って条件を指定する
表計算機能を応用する
   大量のデータの分析をする
   One Point:集計表を別のシートに作成したい場
   関数ウィザードを使う
   ゴールシーク
   ソルバー
   One Point:LibreOffice 登場

第5章 プレゼンテーションを作成する
Impress 入門
   Impress の基礎
   画面構成
   モード
   One Point:ノートとOracle Presenter Console
Impress で発表資料を作成する
   テンプレートから
   One Point:1 枚だけプレゼンテーション背景を変更する
   One Point:拡張機能のテンプレート
   One Point:起動時にウィザードから開始しないようにする
   レイアウトの変更
   スライドの増減と並べ替え
   表の作成
   One Point:別の色に変更する
   グラフの埋め込み
   画像の挿入と加工
プレゼンテーションの効果を高める
   アニメーション
   画面切り替え
Impress で発表する
   事前設定
   One Point:PowerPoint とのペン機能の違い
   目的別スライドショー
   タイミングのリハーサル
   プレゼンテーションの開始と終了
   One Point:プレゼンテーションの開始地点
使いこなしのテクニック
   概要ページの作成
   アウトラインからのページ
   印刷
   One Point:白黒印刷
   One Point:配付資料にページ番号を入れる
   One Point:配付資料の印刷順序について
   ファイルのエクスポート
   マスターページとスタイル設定

第6章 便利な機能を使いこなす
Draw 入門
   Draw の基本
   複数オブジェクトの扱い
PDF を出力する
   一般的なPDF 出力
   セキュリテ
   PDF/A-1
   その他
テンプレートを活用する
   テンプレートを作成する
   テンプレートを使用する
   テンプレートを登録する
   新しいフォルダを作成する
   デフォルトのテンプレートを変更する
   その他
拡張機能を使う
   拡張機能の管理
   拡張機能のインストール
   Oracle PDF Import Extension
   One Point:ハイブリッドファイル作成時の注意
   Oracle Presenter Console
   Oracle Presentation Minimizer
   素材OOo 拡張機能
   テンプレート集
   その他の拡張機能
差し込み印刷機能
   住所録を作成する
   データソースに登録する
   はがき印刷
   One Point:差し込み印刷のショートカット
   宛名ラベル
フォントワークを使用する
   One Point:フォントワークのプリセットは変更不可
   Column:PDF のフォント埋め込みはライセンスに注意

第7章 データベースを使いこなす
OpenOffice.org でのデータベースの位置づけ
   One Point:HSQLDB について
OpenOffice.org 2.0 からの変更点
   Access 2007/2010 形式DB に対応
   One Point:AccessDatabaseEngine.exe の入手
   テーブルに加え既存クエリーもクエリーの対象に
   Oracle Report Builder が利用可能に
   マクロの保存先がBase ファイル自身に変更
   その他の改善点
データベースの利用開始
   データベースの作成とデータベースへの登録
   データベースの起動
   データベースの管理
   テーブルデザインでテーブルを作成
   One Point:プライマリキーとは
   One Point:テーブルの構成
   標準のデータベースHSQLDB について
Baseで利用できるデータベース形式
   HSQLDB 以外のデータベースを利用する
   One Point:ODBC とは
   One Point:JDBC とは
   データベース間でのテーブルコンバート
   One Point:Calc からテーブルをコンバートする際の日付型フィールドの設
クエリー徹底入門
   クエリーデザインでクエリーを作成
   フィールド間の計算
   One Point:クエリーで可能な計算
   グループ化と集計
   One Point:集計で利用できる関数
   パラメータクエリーの活用
   One Point:パラメータの表示順について
   One Point:データの比較
   既存クエリーからクエリーを作成する
   SQL コマンドを利用して高度なクエリーを実行
   One Point:[ SQL コマンドを直接実行]ボタンについて
   One Point:UNIONクエリーの構文
   One Point:CASE 演算子を使った構文
   Access のクエリーをBase で実現
フォーム徹底入門
   ウィザードでフォームを作成
   サブフォームとリレーションシップ
   One Point:参照整合性の設定
レポート徹底入門
   ウィザードでレポートを作成
   ウィザードを使ったレポートに集計欄を設ける
   Oracle Report Builder でレポートを作成
   One Point:Oracle Report Builder の旧バージョンについて
   One Point:Oracle Report Builder で利用できる関数
   One Point:Oracle Report Builder の不具合
   Column:データベース起動時にメニューフォームを表示するマクロ

第8章 マクロで処理を自動化する
マクロを活用しよう
マクロ入門
   OpenOffice.org のプログラミング環境
   OpenOffice.org Basic の基礎
   One Point:宣言する必要のないデータ型
   OpenOffice.org のマクロについて
   One Point:セキュリティリスクについて
拡張機能をマクロで作成する
   CSV インポート拡張機能を作る
   One Point:拡張子を表示する

Appendix 本書付属DVD-ROMの内容とインストール
DVD-ROM の内容
   フォルダ構成
オープンガイドブックOpenOffice.org 2.0 のPDF
サンプルファイルについて
OpenOffice.org のインストール
   Windows 版のインストール
   Linux 版のインストール
   One Point:OpenOffice.org で利用するJRE を選ぶ
   One Point:Linux でroot になる
   Mac OS X 版のインストール

INDEX

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連商品

実務で使えるLibreOffice

販売価格:3,024円(税込)

2012.10.11発売

マイクロソフトオフィス教科書 MOS Excel 2010 模擬問題集

販売価格:1,944円(税込)

2012.09.13発売

おすすめ特集

今月のクーポン

翔泳社の通販SEshopなら全品送料無料、ポイント還元、さらに毎月更新の割引クーポンでお得!

注目のプログラミング教育本

2020年度から小学校で必修化!話題のプログラミング教育の本はこちら。

Python特集

【今からはじめるPython特集】おすすめ本を入門~上級までレベル別にご紹介!

情報処理教科書シリーズ

情報処理技術者試験におすすめの参考書「EXAMPRESS 情報処理教科書シリーズ」で最短合格!

エンジニア必携特集

【エンジニア必携特集】開発現場で使える!ITエンジニアの業務に役立つ書籍を一挙ご紹介。

「デジタル時代の基礎知識」

第一線で活躍中のスペシャリストが提案する新時代のビジネスルール。「デジタル時代の基礎知識」

特集をもっと見る