オラクルマスター教科書 Bronze Oracle Database 12c SQL基礎

翔泳社(出版社) , 桜井裕実(著) , 株式会社 システム・テクノロジー・アイ(著) , 林優子(著)

商品番号
136540
販売状態
発売中
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2014年08月28日
ISBN
9784798136547
判型
A5
ページ数
568
キーワード
データベース  資格試験  EXAMPRESS  オラクル  Bronze

販売価格:¥4,104(税込)

送料無料 在庫あり

本体価格の10%をポイント還元(会員限定)

ほしい物リストに追加

「黒本」に待望の12c登場!

オラクルデータベース12cに対応したオラクル認定資格試験「Bronze 12c SQL基礎」が2013年11月より開始されました。本書はこの試験のための学習書です。持ち歩きやすい「解説編(テキスト)」と「試験対策編(問題集)」の2分冊構成。テキストは、試験で問われやすいポイントがチェックリストやコラムにより一目でわかるよう工夫。試験範囲の技術・知識を、やさしく丁寧な解説と豊富な図表・実行例で、わかりやすく解説しています。問題集では、実際の試験と同じ形式、同じレベルの問題を豊富に収録。問題には★の数で難易度を表示し、わからなかった場合の参照先を示して、復習しやすくしています。

さらに、Web上で受けられる模擬試験「iStudy LE Web版」で、試験2回分の腕試しをすることができます。Oracle DB 12cの入手・インストール方法やSQL*Plusの使い方も付録PDFで解説。サンプルテーブル作成のためのスクリプトも用意しています。

本書の著者自らが書籍の特徴を紹介!分冊の瞬間をご覧下さい。

解説編

ORACLE MASTER 資格と試験の概要
本書の内容

第1章 リレーショナルデータベースの概要

この章で学ぶこと
試験ではここが出る
1-1 リレーショナルデータベース
 1-1-1 リレーショナルデータベースとは
 1-1-2 リレーショナルデータベースの用語
1-2 SQL の概要
 1-2-1 SQL
 1-2-2 E-R モデリング
学習チェック

第2章 SELECT 文の使用によるデータの取得

この章で学ぶこと
試験ではここが出る
2-1 SELECT 文の基本構文
 2-1-1 SELECT 文の機能
 2-1-2 SELECT 文の基本構文
 2-1-3 SQL 文作成時の注意点とガイドライン
2-2 算術式
 2-2-1 算術式の使用
 2-2-2 NULL を含む算術式
2-3 列見出し
 2-3-1 列見出しの変更
2-4 連結演算子
 2-4-1 連結演算子とは
2-5 重複行の排除
 2-5-1 重複行
学習チェック

第3章 データの制限とソート

この章で学ぶこと
試験ではここが出る
3-1 行の選択
 3-1-1 WHERE 句
 3-1-2 条件式
 3-1-3 比較演算子
 3-1-4 論理演算子
 3-1-5 演算子の優先順位
3-2 行の並べ替え(ソート)
 3-2-1 ORDER BY 句
 3-2-2 NULL のデフォルトの表示位置
 3-2-3 NULL の表示位置制御
 3-2-4 その他のソート
 3-2-5 問合せのSQL 行制限
3-3 置換変数
 3-3-1 置換変数とは
学習チェック

第4章 単一行関数による出力のカスタマイズ

この章で学ぶこと
試験ではここが出る
4-1 SQL 関数
 4-1-1 SQL 関数とは
 4-1-2 単一行関数
4-2 文字関数
 4-2-1 大文字・小文字変換関数
 4-2-2 文字操作関数
4-3 数値関数
4-4 日付関数
 4-4-1 日付データとは
 4-4-2 日付関数
 4-4-3 日付データの四捨五入、および切捨て
学習チェック

第5章 変換関数と条件式の使用方法

この章で学ぶこと
試験ではここが出る
5-1 データ型の変換
 5-1-1 暗黙的なデータ型変換
 5-1-2 明示的なデータ型変換
5-2 汎用関数
 5-2-1 NVL 関数
 5-2-2 NVL2 関数
 5-2-3 NULLIF 関数
 5-2-4 COALESCE 関数
5-3 条件式
 5-3-1 CASE 式
 5-3-2 DECODE 関数
学習チェック

第6章 グループ関数による集計データのレポート

この章で学ぶこと
試験ではここが出る
6-1 グループ関数
 6-1-1 グループ関数の機能
 6-1-2 グループ関数の種類
6-2 GROUP BY 句とHAVING 句
 6-2-1 GROUP BY 句
 6-2-2 HAVING 句
 6-2-3 LISTAGG 関数
学習チェック

第7章 結合を使用した複数の表のデータの表示

この章で学ぶこと
試験ではここが出る
7-1 結合
 7-1-1 結合とは
 7-1-2 結合のタイプ
7-2 内部結合
 7-2-1 ON 句による内部結合
 7-2-2 NATURAL JOIN 構文による内部結合
 7-2-3 USING 句による自然結合
 7-2-4  NATURAL JOIN 構文、およびUSING 句における結合列に対する表接頭辞の注意点
 7-2-5 ON 句による非等価結合
 7-2-6 ON 句による3 つ以上の表結合
 7-2-7 ON 句による自己結合
7-3 外部結合
 7-3-1 外部結合のタイプ
 7-3-1 左側外部結合
 7-3-2 右側外部結合
 7-3-3 完全外部結合
 7-3-4 クロス結合
学習チェック

第8章 副問合せの使用方法

この章で学ぶこと
試験ではここが出る
8-1 副問合せとは
 8-1-1 副問合せの使い方
8-2 単一行副問合せと複数行副問合せ
 8-2-1 単一行副問合せ
 8-2-2 複数行副問合せ
 8-2-3 複数列副問合せ
 8-2-4 副問合せにおいて考慮すべきこと
 8-2-5 EXISTS/NOT EXISTS 演算子
学習チェック

第9章 集合演算子の使用方法/h4>

この章で学ぶこと
試験ではここが出る
9-1 集合演算子とは
 9-1-1 集合演算子の種類
 9-1-2 UNION ALL 演算子
 9-1-3 UNION 演算子
 9-1-4 INTERSECT 演算子
 9-1-5 MINUS 演算子
9-2 学集合演算子の使用ガイドライン
 9-2-1  各問合せのSELECT 句内の列数とデータ型を一致させる
 9-2-2 カッコを使用して実行順序を明示的に指定できる
 9-2-3 ORDER BY 句は、文の最後にのみ指定できる
 9-2-4 集合演算子は副問合せでも使用できる
学習チェック

第10章 データ操作文を使用した表の管理/h4>

この章で学ぶこと
試験ではここが出る
10-1 データ操作文
 10-1-1 INSERT 文の基本構文
 10-1-2 UPDATE 文の基本構文
 10-1-3 DELETE 文の基本構文
 10-1-4 TRUNCATE 文の基本構文
10-2 トランザクション
 10-2-1 トランザクションとは
 10-2-2 トランザクション制御文
 10-2-3 トランザクションを構成する単位
 10-2-4 トランザクションの開始と終了
 10-2-5 トランザクションの同時実行性
 10-2-6 セーブポイント
 10-2-7 読取り一貫性
 10-2-8 SELECT 文のFOR UPDATE 句
学習チェック

第11章 データ定義言語の紹介/h4>

この章で学ぶこと
試験ではここが出る
11-1 データベースオブジェクト
 11-1-1 命名規則
 11-1-2 データ型
11-2 表の作成
 11-2-1 CREATE TABLE 文
11-3 制約の設定
 11-3-1 制約とは
 11-3-2 制約の定義
11-4 副問合せを使用した表の作成
 11-4-1 CREATE TABLE AS SELECT 文
11-5 ALTER TABLE 文による表の変更
 11-5-1 ALTER TABLE 文
学習チェック

練習問題編

第1章 概要
第2章 SQLのSELECT文の使用によるデータの取得
第3章 データの制限とソート
第4章 単一行関数の使用による出力のカスタマイズ
第5章 変換関数と条件式の使用
第6章 グループ関数の使用による集計データのレポート
第7章 結合の使用による複数の表のデータの出力
第8章 副問合せの使用による問合せの解決
第9章 DML文の使用による表の管理
第10章 データ定義言語の概要

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連商品

情報処理教科書 情報処理安全確保支援士 2019年版

販売価格:3,110円(税込)

2018.11.19発売