SpriteKitではじめる2Dゲームプログラミング Swift対応

村田 知常(著) , 原 知愛(著) , 近藤 秀彦(著) , 山下 佳隆(著)

商品番号
139510
販売状態
発売中
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2015年02月27日
出荷開始日
2015年02月28日
ISBN
9784798139517
判型
B5変
ページ数
400
キーワード
プログラミング  ゲーム  SpriteKit

販売価格:¥3,278(税込)

ポイント:298pt (10%)
詳細はこちら

送料無料 在庫あり

ほしい物リストに追加

SpriteKitは、iOSに標準で組み込まれている2Dゲーム開発用のフレームワークです。SpriteKitフレームワークを使うと、ゲームキャラクターや物体を表示して動かすスプライト処理や重力をシミュレートする物理シミュレーション処理、爆発などのエフェクトを実現するパーティクル処理など、2Dゲームで必要となる機能を簡単に作り込むことができます。

本書は、Apple標準のプログラミング言語SwiftとSpriteKitフレームワークを使って6つのゲームを作りながら、2Dゲームプログラミングの基本と定番テクニックを学ぶ書籍です。

さまざまな物体をタワー状に積んでいく積み上げゲーム、パックマン風のドットイートゲーム、Flappy bird風の横スクロールアクション、加速度センサによるジャンプ系ゲーム、AIを使ったリバーシなど、人気6ジャンルのゲームを作ります。このゲーム作りを通じて、Swift言語とSpriteKitフレームワークの基本に加えて、人気・定番2Dゲームの作り方とその開発技法を学びましょう。

第1章 ゲーム開発の準備
第2章 Swiftの基本
第3章 積み上げゲームを作ろう――SpriteKitの基本
第4章 横スクロールアクションゲームを作ろう――SKActionをつかいこなす
第5章 ピンボールゲームを作ろう――物理エンジンを極める
第6章 ジャンプゲームを作ろう――加速度センサーの利用
第7章 ドットイートゲームを作ろう――タイルを使ったマップ描画
第8章 リバーシを作ろう――AIの作り方
各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

感想・レビュー

小野靖貴 さん

2017-04-12

swiftでゲーム開発する本。市販でspriteKitのゲーム開発をガッツリ書いてる本がこれのみだったので購入。サンプルが6つあるし、サクサク読めるので良かった。

関連リンク

関連商品

テスト駆動Python 第2版

販売価格:3,300円(税込)

2022.08.30発売

独習C# 第5版

販売価格:4,180円(税込)

2022.07.21発売

スラスラわかるC++ 第3版

販売価格:2,838円(税込)

2022.07.19発売

おすすめ特集

ベンダー資格 試験対策本特集

ベンダー資格に関する書籍を試験ごとに紹介!ベンダー資格試験対策本特集

ゲームプログラミング・ゲーム制作関連本

趣味で始めてみたい方や、ゲームプログラマー・ゲームデザイナーにもおすすめ!ゲーム制作おすすめ本

アルゴリズムと数学の本

プログラマ脳を鍛える!エンジニアが読むべきアルゴリズムと数学の本特集。

Excel本大特集

【Excel本大特集】業務効率化やスキルアップに!おすすめの学習書をご紹介。

おすすめイラストの本特集

人気イラストレーター作品集&メイキングブック、コピックテクニック本、デジタル作画参考書や素材集も!

翔泳社のセミナー・講座

開発・ビジネス・マーケティング・EC運営・営業支援など、幅広いジャンルの講座を開催

特集をもっと見る