日本のイノベーションのジレンマ

翔泳社(出版社) , 玉田俊平太(著)

商品番号
128210
販売状態
品切れ
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2015年09月11日
出荷開始日
2015年09月12日
ISBN
9784798128214
判型
A5変
ページ数
304
キーワード
イノベーション  ビジネスモデル

販売価格:¥2,200(税込)

ポイント:200pt (10%)
詳細はこちら

送料無料

現在、本商品は販売しておりません。
ほしい物リストに追加

クレイトン・クリステンセン教授 強力推薦!

私のクラスで目覚ましい才を発揮した玉田氏による本書は、日本経済の「失われた20年」の原因を解き明かし、日本再生に向けた「解」を示すだろう

【多くの日本企業が陥っている“イノベーションのジレンマ”とその処方箋】

シャープやソニーの赤字転落、携帯電話やテレビ事業の不振など、日本の産業の地盤沈下が進んでいます。その原因は、韓国・台湾・中国を筆頭とする新興国の勃興とともに、日本企業の多くが「登れるが、降りられない」という「イノベーションのジレンマ」特有の現象に陥ってしまい、新たなイノベーションを起こせなくなっていることにあります。

本書は、クレイトン・クリステンセン教授からイノベーションのマネジメントについて指導を受け、『イノベーションのジレンマ』の監修を務めた玉田俊平太氏により、「破壊的イノベーション」の構造・原理・フレームワークの解説と、「テレビ」「携帯電話」「カメラ」のイノベーションの歴史と日本企業敗戦の理由、そして最新の理論に基づいた日本企業に対する処方箋を提供します。

【著者紹介】玉田 俊平太
東京大学博士(学術)。1995年よりハーバード大学へ留学。ビジネススクールにてマイケル・ポーター教授のゼミに所属、競争力と戦略の関係について研究するとともに、クレイトン・クリステンセン教授からイノベーションのマネジメントについて指導を受ける。経済産業省、経済産業研究所フェローを経て、関西学院大学専門職大学院経営戦略研究科教授。専門は技術経営、科学技術政策。

はじめに
なぜ、大手電機メーカーは不振に陥ったのか
第I部
1章 破壊的イノベーターだった日本企業
2章 イノベーションとは何か
3章 破壊的イノベーションとは何か
4章 優良企業が陥るジレンマ
第II部
5章 テレビに見るイノベーションの歴史
6章 ガラケーを破壊したスマートフォン
7章 破壊するものだけが生き残るデジタルカメラ
第III部
8章 破壊的イノベーション 三つの基本戦略
9章 アイディアを産み出すための「苗床」
10章 ニーズ・ファインディング
11章 グループによるアイディア形成の手法
12章 破壊的アイディアの選定
13章 破壊的イノベーションを起こす組織とは
14章 破壊的企業の買収
おわりに
  「日本のイノベーションのジレンマ」を超えて
各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連リンク

関連商品

ニヒリズムとテクノロジー

販売価格:2,970円(税込)

2021.08.05発売

おすすめ特集

ベンダー資格 試験対策本特集

ベンダー資格に関する書籍を試験ごとに紹介!ベンダー資格試験対策本特集

Linuxおすすめ本特集

【Linux本特集】入門~達人レベルまで!クラウド時代の必須知識Linuxを学ぶおすすめの本

ゲームプログラミング・ゲーム制作関連本

趣味で始めてみたい方や、ゲームプログラマー・ゲームデザイナーにもおすすめ!ゲーム制作おすすめ本

アルゴリズムと数学の本

プログラマ脳を鍛える!エンジニアが読むべきアルゴリズムと数学の本特集。

Web制作関連本特集

HTML/CSS、JavaScript、UI/UX、デザインまで。Web制作・フロントエンド開発に役立つ本。

マネー本特集

お金と経済の基礎知識から、資産形成・投資術、お金教育や介護まで。暮らしに役立つマネー本特集。

特集をもっと見る