日本のイノベーションのジレンマ 第2版 破壊的イノベーターになるための7つのステップ【PDF版】

玉田 俊平太(著)

商品番号
166910
販売状態
発売中
納品形態
会員メニューよりダウンロード
発売日
2020年08月25日
ISBN
9784798166919
データサイズ
約51.1MB
制限事項
印刷不可・テキストのコピー不可
キーワード
経営  イノベーション  電子書籍【PDF版】  ビジネスモデル

販売価格:¥2,200(税込)

ポイント:200pt (10%)
詳細はこちら

送料無料 在庫あり

紙の書籍を見る
ほしい物リストに追加
  • 本製品は電子書籍【PDF版】です。
  • ご購入いただいたPDFには、購入者のメールアドレス、および翔泳社独自の著作権情報が埋め込まれます。
    PDFに埋め込まれるメールアドレスは、ご注文時にログインいただいたアドレスとなります。
    Amazon Payでのお支払いの場合はAmazonアカウントのメールアドレスが埋め込まれます。
  • 本製品を無断で複製、転載、譲渡、共有および販売を行った場合、法律により罰せられる可能性がございます。
  • ご購入の前に必ずこちらをお読みください。

日本企業再生の道がここにある。
いちばん実践的な「破壊的イノベーション」の本

『イノベーションのジレンマ』著者、
クレイトン・クリステンセン教授が強力推薦した
「日本企業のための」イノベーション解説書の決定版が
新たな事例と理論を加えて待望の改訂!

【本書のポイント】
・イノベーション理論を明快に整理
・国内・海外事例を交えた解説で理解しやすい
・アイディア発想や組織づくりなど、実践できる理論も多数

【本書の解説内容(一部)】
・破壊的イノベーションとは何か?
・事例から学ぶ破壊のプロセス
・顧客の「ジョブ」と「制約」を探す
・「正しい」ブレインストーミング法
・イノベーションタイプに応じた組織 など

【概要】
「失われた20年」と呼ばれていた時代が
「失われた30年」と言われるようになり、
現在もなお進行形で語られています。

本書では、日本企業が破壊的イノベーションを起こすために
イノベーションの各理論を整理し、実践にまで落とし込みます。

国内・海外を問わず事例やケーススタディも満載。
改訂にあたり事例を追加し、「デザイン思考」や
「両利きの経営」の理論についても加筆しました。

【目次】
●1部 破壊的イノベーションとは何か
1章 破壊的イノベーターだった日本企業
2章 イノベーションとはそもそも何か
3章 破壊的イノベーションとは何か
4章 優良企業がジレンマに陥るメカニズム

●2部 なぜ、日本の優良企業が破壊されてしまうのか
5章 状況に応じたイノベーション・マネジメント――テレビにおけるイノベーションの状況変化
6章 発明とイノベーションの決定的な違い――エコシステムづくりの巧拙がスマホ成功の鍵
7章 自らを破壊することで生き残る――デジタルカメラの変遷

●3部 破壊的イノベーターになるための7つのステップ
8章 破壊的イノベーションを起こすための基本戦略
9章 アイディアを生み出す「苗床」とは
10章 「ジョブ」と「制約」を探すニーズ・ファインディング
11章 破壊的アイディアを生み出すブレインストーミング
12章 破壊度と実現可能性による破壊的アイディアの選定
13章 破壊的イノベーションを起こす組織とは
14章 破壊的買収 4つのハードル

PDF版のご利用方法

  1. ご購入後、SEshopにログインし、会員メニューに進みます。
  2. ご購入電子書籍およびデータ > [ご購入電子書籍およびダウンロードデータ一覧]をクリックします。
  3. 購入済みの電子書籍のタイトルが表示されますので、リンクをクリックしてダウンロードしてください。
  4. PDF形式のファイルを、お好きな場所に保存してください。
  5. 端末の種類を問わず、ご利用いただけます。
なぜ、日本の有料企業が破壊されてしまうのか?
クリステンセン教授の直弟子が説く、日本企業再生への道筋
破壊的イノベーションの基本から

破壊的イノベーションの基本から

そもそもイノベーションとは何か、そして破壊的イノベーションとは何か、という基礎から解説。理解を助ける事例も豊富に取り上げる。

経営の指標となる「イノベーションの状況」

経営の指標となる「イノベーションの状況」

自社の状況や市場の環境がめまぐるしく変わる今、状況に応じた異なる経営スタイルが必要である。そのためには、「持続的イノベーションの状況」と「破壊的イノベーションの状況」の把握が不可欠となる。

破壊的アイディアの創出や評価の方法

破壊的アイディアの創出や評価の方法

破壊的アイディアを生み出す「正しいブレインストーミング」を紹介。さらにアイディアの評価方法も取り上げ、理論を実践に落とし込む。

イノベーションを推進する組織体制

イノベーションを推進する組織体制

イノベーションのタイプ別に、どのような組織体制をとるべきかをシミュレーションも交えて解説する。

●1部 破壊的イノベーションとは何か
1章 破壊的イノベーターだった日本企業
2章 イノベーションとはそもそも何か
3章 破壊的イノベーションとは何か
4章 優良企業がジレンマに陥るメカニズム

●2部 なぜ、日本の優良企業が破壊されてしまうのか
5章 状況に応じたイノベーション・マネジメント――テレビにおけるイノベーションの状況変化
6章 発明とイノベーションの決定的な違い――エコシステムづくりの巧拙がスマホ成功の鍵
7章 自らを破壊することで生き残る――デジタルカメラの変遷

●3部 破壊的イノベーターになるための7つのステップ
8章 破壊的イノベーションを起こすための基本戦略
9章 アイディアを生み出す「苗床」とは
10章 「ジョブ」と「制約」を探すニーズ・ファインディング
11章 破壊的アイディアを生み出すブレインストーミング
12章 破壊度と実現可能性による破壊的アイディアの選定
13章 破壊的イノベーションを起こす組織とは
14章 破壊的買収 4つのハードル

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

感想・レビュー

とみぃ さん

★★★☆☆ 名著イノベーションのジレンマの補足的な役割を果たす。イノベーションによる衰退企業、隆起企業の具体的事例。イノベーションを起こすための基本戦略、苗床などについてイノベーションのジレンマ原著者の薫陶を受けた著者により解説されている。また再読したい。

あられ さん

2020-12-08

「シンプルで使い勝手が良く、安上がりな製品やサービスをもたらす」のが破壊的イノベーション。電子ケトルが必要以上に多機能になっていたところにティファールが発売されて大ヒットしたとは知らなかった。小難しい内容ではあるが、身近な日本企業の実例とともにイノベーションの構造について学べる良書。

ゆうすけ さん

2020-10-24

「イノベーションのジレンマ」を日本企業のケースに置き換えて記述した経営書。事例がエレクトロニクス中心で戦後のザ日本のメーカー的なものが多数出てきてわかりやすい。破壊的イノベーションと持続的イノベーションとの違いも示唆に富む(電線メーカーが光ファイバに進出したのは画期的だが持続的イノベーションというのはなるほどと思った)。1部はこんな感じでわりと面白く読めたのだけど、2部は結構技術的にマニアックな話題も多くて若干退屈。3部はやや教科書的かもしれない。それでも平易にわかりやすくかかれている為楽しい読書でした。

関連商品

独学Photoshop 楽しく基本が身につくガイドブック【PDF版】

販売価格:2,750円(税込)

2022.09.21発売

福祉教科書 保育士 完全合格問題集 2023年版【PDF版】

販売価格:2,420円(税込)

2022.09.21発売

おすすめ特集

プログラミング本特集

翔泳社のプログラミング書籍の中から、入門・初級者向けの書籍をピックアップ!

アルゴリズムと数学の本

プログラマ脳を鍛える!エンジニアが読むべきアルゴリズムと数学の本特集。

20代社会人におすすめの本

20代の社会人が読むべき本!若手のうちに上質なビジネスマインドを身に付けよう

発達障害おすすめ本

大人の発達障害におすすめの本を紹介!「ちょっとしたことでうまくいく」シリーズ

電気工事技術者

第二種電気工事士、電験3種など、電気工事技術者関連の資格参考書はこちら

翔泳社のセミナー・講座

開発・ビジネス・マーケティング・EC運営・営業支援など、幅広いジャンルの講座を開催

特集をもっと見る