Web APIの設計【PDF版】

Arnaud Lauret(著) , 株式会社クイープ(翻訳) , 株式会社クイープ(監修)

商品番号
167000
販売状態
発売中
納品形態
会員メニューよりダウンロード
発売日
2020年08月26日
ISBN
9784798167008
データサイズ
約15.1MB
制限事項
印刷可・テキストのコピー可
キーワード
プログラミング  ネットワーク  API  サーバー  プロトコル  電子書籍【PDF版】

販売価格:¥4,180(税込)

ポイント:380pt (10%)
詳細はこちら

送料無料 在庫あり

紙の書籍を見る
ほしい物リストに追加
  • 本製品は電子書籍【PDF版】です。
  • ご購入いただいたPDFには、購入者のメールアドレス、および翔泳社独自の著作権情報が埋め込まれます。
    PDFに埋め込まれるメールアドレスは、ご注文時にログインいただいたアドレスとなります。
    Amazon Payでのお支払いの場合はAmazonアカウントのメールアドレスが埋め込まれます。
  • 本製品を無断で複製、転載、譲渡、共有および販売を行った場合、法律により罰せられる可能性がございます。
  • ご購入の前に必ずこちらをお読みください。

さまざまなWebを構成する重要な要素「API」
使いやすく拡張性に富み、堅牢なAPIの設計指南書

【本書の内容】
本書は
Arnaud Lauret, "The Design of Web APIs",
Manning Publications, 2019
の邦訳版です。

SNSはもちろん動画システムや決済システムなど、いまやAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)を使用しないWeb上のシステムはありません。
データを簡便にリクエストでき、使いやすいデータを返す。そういうAPIが求められています。
とはいえ、データをリクエストしてくるのは一か所ではありません。カスタマーがいてコンシューマーがいてデベロッパーがいて、そしてそれぞれがそれぞれの都合に合わせた使えるデータを要求してきます。

本書はこういった複雑な要望に対して、可能な限り応ええる柔軟性を備え、堅牢でシンプルなAPIを作る方策を示します。
コマース系のサイトをベースに、データの配置方法や拡張性を維持し続ける方法などを、実装ありきではないスタイルで、APIのすべてを語り尽くしています。また、メンテナンス性や、より多くのユーザーを獲得するためのドキュメントの記述・完備方法なども詳解します。
突貫で作りがちなAPIを、その使い勝手にフォーカスしながら正しく作り込んでいくための視点と姿勢を体得できる一冊です。

本書は、著者Arnaud Lauretの長年のAPI設計経験を利用し、
要件を収集する方法、ビジネス目標と技術目標のバランスを取る方法、
および消費者第一の考え方を採用する方法について、仔細に検討し、
より使いやすく可用性に富み、拡張性と堅牢性をもつAPI構築への道を詳解してくれます。

【本書のポイント】
・使うだけではなく使えるAPIを理解できる
・API設計の勘所がつかめるようになる
・実世界におけるユーザー指向APIを学べる
・手書き風の概念図がかわいい

【読者が得られること】
・APIの成り立ち
・使いやすいAPIの作り方
・可用性・発展性のあるAPIの設計方法

PDF版のご利用方法

  1. ご購入後、SEshopにログインし、会員メニューに進みます。
  2. ご購入電子書籍およびデータ > [ご購入電子書籍およびダウンロードデータ一覧]をクリックします。
  3. 購入済みの電子書籍のタイトルが表示されますので、リンクをクリックしてダウンロードしてください。
  4. PDF形式のファイルを、お好きな場所に保存してください。
  5. 端末の種類を問わず、ご利用いただけます。
「API」使いやすく拡張性に富み、堅牢なAPIの設計指南書

「API」使いやすく拡張性に富み、堅牢なAPIの設計指南書

本書はArnaud Lauret著『The Design of Web APIs』(Manning Publications, 2019)の邦訳です。

コマース系のサイトをベースに、データの配置方法や拡張性を維持し続ける方法などを、実装ありきではないスタイルで、APIのすべてを語り尽くしています。また、メンテナンス性や、より多くのユーザーを獲得するためのドキュメントの記述・完備方法なども詳解します。突貫で作りがちなAPIを、その使い勝手にフォーカスしながら正しく作り込んでいくための視点と姿勢を体得できる一冊です。

本書は、3部で構成されています。

第1部

第1部

第1部では、APIの設計に必要な、最も基本的な概念とスキルを取り上げます。

第2部

第2部

第2部では、「考えさせない」APIの設計方法に着目します。考えさせないAPIとは、理解しやすく使いやすいAPIのことです。

第3部

第3部

第3部では、「APIを取り巻くコンテキスト全体」および「APIの設計プロセスそのものを取り巻くコンテキスト全体」など、APIの設計者が考慮に入れなければならないことを示します。

図表付き解説

図表付き解説

複雑な事柄は図表付き解説。明確なイメージが理解を助けます。

ワンポイント解説

ワンポイント解説

覚えておきたいことを「コラム」や「Note」などで補足解説しています。プラスαの知識が身につきます。

コードには注釈コメント付き

コードには注釈コメント付き

コードのポイントとなる部分には注釈コメントを載せています。より理解が深まります。

第1部 APIデザインの基礎
  第1章 APIデザインとは何か
  第2章 ユーザーを意識したAPIを設計する
  第3章 プログラミングインターフェイスを設計する
  第4章 API記述フォーマットを使ってAPIを記述する
第2部 ユーザブルなAPIの設計
  第5章 単純明快なAPIを設計する
  第6章 予測可能なAPIを設計する
  第7章 うまく整理された簡潔なAPIを設計する
第3部 コンテキストに応じたAPIデザイン
  第8章 セキュアなAPIを設計する
  第9章 APIの設計を進化させる
  第10章 ネットワーク効率のよいAPIを設計する
  第11章 コンテキストに基づいてAPIを設計する
  第12章 APIを文書化する
  第13章 APIを成長させる

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

感想・レビュー

kannkyo さん

2021-05-21

Web APIの”設計”の入門書。具体的な事例を挙げて、設計の流れを豊富な図とコードで解説。API の設計者と利用者 の双方の視点を踏まえつつ、APIライフサイクルを通じて発生するタスクを具体的に説明。特に、APIの変更容易性を実現するアーキテクチャに関する検討は、実務的視点に富んでおり、一見の価値有。

iwtn_ さん

2021-12-30

タイトルの通りの内容が、包括的に記述されている良書。手法としてはRESTを中心にしているが、GraphQLやgRPCにも言及している。文書化の重要性も説いており、WebAPIとしてサービスを設計するのであれば、読んでおいて間違いのない本。 あるサービスは社会の一部であり、他のサービスと連携することによって、更に力を発揮できる。そして人間だけでなく、コンピュータによって連携できるようになることが、昨今よく言われるDXだと思う。民間のサービスだけでなく行政なんかもWebAPIを作っていくようになって欲しい。

ミ酉 さん

2021-11-21

なんだかんだ買ってから一年くらいかかってしまったがようやく読了。API設計の基礎が一本にまとまっていて、非常にわかりやすい。アプリエラーをステータスコード200で返すような現場に一冊。

関連商品

Pythonによるあたらしいデータ分析の教科書 第2版

販売価格:2,838円(税込)

2022.10.24発売

情報処理教科書 ネットワークスペシャリスト 2023年版

販売価格:3,168円(税込)

2022.09.21発売

おすすめ特集

プログラミング本特集

翔泳社のプログラミング書籍の中から、入門・初級者向けの書籍をピックアップ!

アルゴリズムと数学の本

プログラマ脳を鍛える!エンジニアが読むべきアルゴリズムと数学の本特集。

20代社会人におすすめの本

20代の社会人が読むべき本!若手のうちに上質なビジネスマインドを身に付けよう

発達障害おすすめ本

大人の発達障害におすすめの本を紹介!「ちょっとしたことでうまくいく」シリーズ

電気工事技術者

第二種電気工事士、電験3種など、電気工事技術者関連の資格参考書はこちら

翔泳社のセミナー・講座

開発・ビジネス・マーケティング・EC運営・営業支援など、幅広いジャンルの講座を開催

特集をもっと見る