徹底解剖 TLS 1.3

古城 隆(著) , 松尾 卓幸(著) , 宮崎 秀樹(著) , 須賀 葉子(著)

商品番号
171410
販売状態
発売中
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2022年03月07日
出荷開始日
2022年03月04日
ISBN
9784798171418
判型
B5変
ページ数
304
キーワード
ネットワーク  セキュリティ

販売価格:¥3,630(税込)

ポイント:330pt (10%)
詳細はこちら

送料無料 在庫あり

電子書籍を見る
ほしい物リストに追加

wolfSSLをもとに、SSL/TLSの正しい利用法と仕組みを理解する

暗号化された安全な通信は、ネットワークを使う全てのアプリケーションにとって、
考慮すべき重要な課題です。
セキュアな通信を実現するために用いられる技術SSL/TLSの最新版がTLS 1.3であり
各種SSLライブラリも対応してきています。

ただ、ライブラリだけが最新のものになっても、仕組みを知り、
正しく使わなければ、安全は担保されません。

そこで本書は、そんなTLS 1.3の基礎的なプロトコルの流れから、
暗号化・認証の仕組み、アプリケーション実装のベストプラクティスを
組み込みシステム向けの軽量&高機能なライブラリwolfSSLを例に
解説していきます。

さらに、ライブラリコードの解説を含め、内部実装にまで踏み込んだ解説も行い、
SSLライブラリを徹底的に理解できる一冊です。

Part 1:TLSの技術
・Chapter 1:TLSプロトコルの概要
・Chapter 2:TLSのプロトコル仕様
・Chapter 3:TLSを支える暗号技術
・Chapter 4:TLSを支える標準
・Chapter 5:セキュリティ上の課題
Part 2:TLSを使ったプログラミング
・Chapter 6:TLSプロトコルによる通信
・Chapter 7:暗号アルゴリズム
・Chapter 8:その他のプログラミング
Part 3:TLSライブラリの構造
・Chapter 9:wolfSSLライブラリの構成
・Chapter 10:プロトコル処理
・Chapter 11:暗号化処理
・Chapter 12:プラットフォーム依存部

・Appendix:wolfSSLプログラミングサポート機能とツール

画像01
画像02
画像03

Part 1:TLSの技術
・Chapter 1:TLSプロトコルの概要
・Chapter 2:TLSのプロトコル仕様
・Chapter 3:TLSを支える暗号技術
・Chapter 4:TLSを支える標準
・Chapter 5:セキュリティ上の課題
Part 2:TLSを使ったプログラミング
・Chapter 6:TLSプロトコルによる通信
・Chapter 7:暗号アルゴリズム
・Chapter 8:その他のプログラミング
Part 3:TLSライブラリの構造
・Chapter 9:wolfSSLライブラリの構成
・Chapter 10:プロトコル処理
・Chapter 11:暗号化処理
・Chapter 12:プラットフォーム依存部

・Appendix:wolfSSLプログラミングサポート機能とツール

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連商品

図解まるわかり NFTのしくみ

販売価格:1,848円(税込)

2022.11.24発売

図解まるわかり NFTのしくみ【PDF版】

販売価格:1,848円(税込)

2022.11.24発売

おすすめ特集

情報処理教科書シリーズ

【2023年版】情報処理技術者試験におすすめの参考書「EXAMPRESS 情報処理教科書シリーズ」で最短合格

ライティングおすすめ本

ライティングのスキルアップにおすすめの本。Webライティングやコピーライティングなど

データサイエンスおすすめ本

今読むべきデータサイエンスおすすめ本!基礎的な思考から実践方法まで

プログラミング本特集

翔泳社のプログラミング書籍の中から、入門・初級者向けの書籍をピックアップ!

コミュニケーションおすすめ本

職場でのコミュニケーションに悩むあなたにおすすめの本7選。コミュ力は鍛えられる!

翔泳社のセミナー・講座

開発・ビジネス・マーケティング・EC運営・営業支援など、幅広いジャンルの講座を開催

特集をもっと見る