秀丸エディタハンドブック

翔泳社(出版社) , (著)

商品番号
104560
販売状態
発売中
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2004年05月14日
ISBN
4798104566
判型
A5
ページ数
304
付録:CD-ROM
1
キーワード
プログラミング  Windows  秀丸エディタ

販売価格:¥1,706(税込)

送料無料 在庫あり

本体価格の10%をポイント還元(会員限定)

ほしい物リストに追加

正規表現とマクロを使いこなせば仕事が10倍速くなる!

「秀丸(ひでまる)エディタ」といえば、Windows 3.1の頃から「定番ソフトウェア」として必ず挙げられる、非常に有名なテキストエディタです。秀丸エディタになぜこれほどまでに多くのユーザーがいるかといえば、テキストエディタとしての必要十分な機能、自由度の高いカスタマイズ性、そして強力なマクロ機能を持っているからだと思います。
この本は、前述したような「秀丸エディタの活用本」ですが、秀丸エディタの豊富な機能をすべて網羅しようとすると事典並みの厚さになってしまうため、今回は「正規表現を用いた検索・置換」と「マクロ機能」に焦点を当て、ほとんどのページをその2つに割いています。さらに、扱っているサンプルは、主に秀丸エディタでプログラミングをする方にとって便利なものが多いですが、内容に少し変更を加えることで、秀丸エディタを他の目的に使用している方にとっても有用な例になっていると思います。
いずれにしても、秀丸エディタの基本的機能は使いこなせてはいるけど、もう少し効率的にテキストを編集したいと考えている方にとって、この本の内容が何らかの役に立てると思っています。(本書「はじめに」より)

導入部 秀丸エディタを使う前に

1 秀丸エディタってどんなソフト?
2 秀丸エディタのインストールと環境設定
3 秀丸マクロの作り方・動かし方
4 付属CD-ROMの使い方
5 秀丸エディタ関連Web情報

第1部 秀丸エディタの検索・置換を使い倒す

文字列検索・置換の基本操作
1 文字列検索の基本操作
2 検索(または置換、grep)に影響する動作環境の設定
3 文字列置換の基本操作
4 grep/タグジャンプの基本操作

メタキャラクタと繰り返し指定を使った検索・置換
1 任意の1文字にマッチする
2 直前のパターンの0回以上の繰り返しにマッチ
3 直前のパターンの1回以上の繰り返しにマッチ
4 直前のパターンの0回または1回の繰り返しにマッチ
5 エスケープシーケンスを使う
6 //で始まる1行コメントを全部削除する
7 スペルをうろ覚えの文字列を検索する
8 インデントをなくして

第2部 秀丸マクロをこてんぱんに使いこなす

マクロの基本操作
1 キー操作の記録を使って一番簡単なマクロを作成する
2 マクロ実行とマクロメニューへの割り当て

入力支援(日時、定型句など)
1 現在時刻をカーソル位置に挿入する(date、timeそのまま)
2 現在時刻をカーソル位置に挿入する(表示形式を変える)
3 今日は何曜日?(現在時刻から曜日を求める)
4 ファイルの最後に現在日時を挿入する
5 定型句をメニューで選択して挿入する
6 定型句をメニューで選択して挿入する(menuarray)
7 別(ini)ファイルに登録した定型句をメニューで選択して挿入する
8 パラメータ付き定型句を挿入する(input()でパラメータを置き換える)
9 カーソル位置に直前の単語によって定型句のメニューを変える

自動/インタラクティブ一括編集・整形
1 連番を挿入する(数字のみ)
2 連番を挿入する(数字・アルファベットをメニューで選択)
3 長い行を強制的に74文字で改行する
4 改行文字数をウィンドウサイズに合わせる
5 行のセンタリング・右寄せ
6 C/C++のコメントを削除する
7 文字数をカウントする
8 全角ひらがなと全角カタカナを相互変換する
9 行ソートを実行する

検索・置換操作
1 段落番号を振り直す
2 行頭に記号を挿入する
3 grepの結果ファイル名、行番号を削除
4 複数の空行を1行にまとめる
5 文中のHTMLタグを削除する
6 対応する終了タグに瞬時に移動する
7 #includeされているヘッダファイル一覧を配列に格納する
8 CodeWarrior風ソース内関数選択メニュー

ファイル操作
1 文字コード指定フォルダ(EUCコード指定ドライブの拡張)
2 #includeされているヘッダファイルをメニューで選択して開く
3 ファイル名に日付・時刻をつけて保存する
4 保存するごとに一意のIDをファイル名に付加する

ウィンドウ、強調表示等の設定自動化
1 ウィンドウの位置・サイズを変更する
2 現在アクティブになっているウィンドウ以外のウィンドウを閉じる
3 grep結果の編集結果を元のファイルに反映する

マクロ操作
1 自前マクロメニュー
2 複数ファイルにマクロ実行
3 選択範囲のマクロを実行するマクロテスト用のマクロ

外部ツールとの連携
1 現在開いているソースファイルを自動的にコンパイルする
2 高速で行ソートを実行する
3 DDEサーバアプリケーションとの通信(マクロサーバ)
4 DLLを呼び出す

マクロ紹介
1 アウトラインマクロ―見出し丸(清川勝夫氏)
2 複数デスクトップの保存と呼び出しマクロ(山紫水明氏)
3 HTMLタグ修正(IKKI氏)
4 スタイルシート参照挿入マクロ(おーなーしぇふ氏)
5 全角→半角変換マクロ「半閣下」/半角→全角変換マクロ「全閣下」(かず氏)
6 Borland C++コンパイル&実行マクロ(kuwa氏)
7 JAVA API検索(マスタング氏)
8 runPerl--jperlの実行と構文検査(slide_moon氏)
9 自動判別コメント挿入/削除マクロ(Kuro氏)
10 秀丸マクロの変数・ラベル入力サポートマクロ LF-VariableSupplement(小森裕介氏)
11 フォルダ内文字列置換(なむ極悪氏)
12 でるもーど(ませま氏)
13 編集用日本語表記統一マクロ(西谷能英氏)

第3部 秀丸マクロ文法ノート

1 変数、配列、リテラル、キーワード
2 演算子と代入文
3 条件判別と繰り返し処理
4 サブルーチンとgoto文
5 マクロの終了と他のマクロの実行
6 カーソル位置の表現とカーソルの移動
7 文字列の入出力
8 検索・置換
9 クリップボード操作
10 ユーザーとの対話(menu、input()、message、question)
11 ファイル操作
12 ウィンドウ操作
13 iniファイル、レジストリ操作
14 外部プログラムの操作(run、DDE)
15 DLLの操作

付録 カスタマイズと文字コード

ファイルタイプごとの強調表示等の設定と動作環境
1 各プログラミング言語ごとの強調表示の設定
2 対応する括弧を強調表示
3 空白表示
4 ページ番号表示
5 自動インデントとタブ数
6 保存時のタブ変換と空白の削除
7 バックアップファイルの作成

コード表
1 JIS X 0201文字コード表
2 JIS X 0208文字コード表


タグが行頭に来るようにしたい

位置指定を使った検索・置換
1 論理行頭マッチする
2 論理行末にマッチする
3 単語の先頭にマッチする
4 単語の末尾にマッチする
5 単語の始まりと終わりにマッチする
6 「void」だけの行を探す
7 タブと改行のみの行を改行のみに置換
8 $を使って余分なスペースを削除

キャラクタクラスを使った検索・置換
1 キャラクタクラスを使った範囲指定
2 キャラクタクラスで西暦4桁を探す
3 変数名を表すキャラクタクラス
4 FOOというマクロ定義を検索する
5 変数varへの代入文を探す
6 Javaのメンバ変数memberの参照場所を探す
7 ルビ、HTMLタグをまとめて除去する

パターン論理和とグルーピングを使った置換・検索
1 複数の文字列をまとめて検索する
2 同じような並びの言葉をまとめて検索する
3 文字列中の一部から異なるものをまとめて探す
4 一部が少しずつ異なる単語をまとめて探す
5 Cのコメントを検索してみる
6 HTMLタグを全部まとめて削除する(完全版)
7 Javaのメソッド定義の先頭を探す

タグ付き正規表現を使った置換
1 マッチした文字列の一部分だけをまとめて置換する(変数名のヘッダ文字列を変更)
2 パターンの論理和・グルーピングと一緒に使う(ifやwhileなどの直後に空白を挿入する)
3 キャラクタクラス・エスケープシーケンスと一緒に使う(行末の波括弧を次の行に持っていく)
4 関数呼び出しから配列アクセスへの変更
5 行頭にある
タグを前の行の行末に持っていく
6 マッチした検索文字列を繰り返して参照する(URLらしき文字列にアンカータグをつける)
7 タグにvalign="top"オプションを追加
各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連商品

MCP教科書 Windows Server 2016 試験番号:70-741

販売価格:4,644円(税込)

2018.03.19発売

コードでチャレンジ!マインクラフトプログラミング

販売価格:1,944円(税込)

2018.03.12発売