オールドレンズ パラダイス2 マイクロフォーサーズ機とマウントアダプタで楽しむ

澤村 徹(著) , 和田 高広(著)

商品番号
121790
販売状態
品切れ
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2010年08月09日
出荷開始日
2010年08月10日
ISBN
9784798121796
判型
A5
ページ数
152
キーワード
写真  暮らし

販売価格:¥2,178(税込)

ポイント:198pt (10%)
詳細はこちら

送料無料

現在、本商品は販売しておりません。
ほしい物リストに追加

マイクロフォーサーズ機だから楽しめる 古今東西の名レンズをここに一挙集結

本書は、2008年11月に発売された『オールドレンズ パラダイス』の続編で、オールドレンズとマウントアダプタの入門解説書あるいは、マイクロフォーサーズ版書籍ともいえるものです。最近のトレンドであるマイクロフォーサーズ機は、小型軽量なレンズ交換式カメラとして、デジタル一眼カメラ初級者を中心に人気を博しています。その一方でフランジバックが約20mmと短く、マウントアダプタを介した場合はEOS DIGITAL以上に広範囲なオールドレンズが装着できることが特長です。特にこれまではデジタルでの再利用が難しかったレンジファインダーカメラ用レンズやシネレンズ(16mmフィルムムービーカメラ用レンズ)で撮影でき、コアなカメラファンの注目を集めています。

本書ではマイクロフォーサーズ機でこそ遊び甲斐のあるレンズや、マイクロフォーサーズにしか装着できないレンズを結集し、マイクロフォーサーズ用マウントアダプタ入門書の決定版となっています。なお、構成については前書同様、「レンズ解説→着脱手順解説→作例掲載」を踏襲しており、初めてマウントアダプタを使う人にも最適な1冊です。

はじめに

Chapter 01 マイクロフォーサーズでオールドレンズの世界へ

Tips01  なぜマイクロフォーサーズなのか!?
Tips02  マウントアダプターの基礎知識
Tips03  オールドレンズの撮影方法
Tips04  オールドレンズの味わいとは!?
Column  マイクロフォーサーズのメリットとデメリット

Chapter 02 オールド一眼レフのレンズたち 懐かしの一眼レフレンズが甦る!

スイス生まれの美ボケレンズ Kern Macro Switar 50mmF1.8
緑がまぶしい鷹の目ロッコール Minolta MC Rokkor-X PG 58mmF1.2
”開放からシャープ”の先駆者 Canon New FD 85mm F1.2L
素直によく映るパンケーキレンズ Konica Hexanon AR 40mmF1.8
オールドレンズでミニチュア写真 Tilt Adapter for Micro Four Thirds
Column  オールドレンズに相応しいボディを選ぼう

Chapter 03 レンジファインダー機のレンズたち 各ブランドぞろいのレンジファインダー用レンズ

開放にファンタジーを抱くクセ玉 Leica Summilux 35mmF1.4 1st
最短48cmまで寄れるエリートレンズ Leitz DR Summicron 50mmF2
戦前ライカのスタンダードレンズ Leitz Elmar 5cmF3.5
シャンパンゴールドのツァイスが甦る Carl Zeiss G Planar T* 45mmF2
35mmレンズというプロのステータス Nikon W-Nikkor・C 3.5cmF2.5
レンズ銘から東西分断の爪痕を読む Zeiss Opton Sonnar 50mmF1.5
みずみずしさが宿る繊細派 VoigtlÄnder Ultron 50mmF2
Column  カプラーの正体とは!?

Chapter 04 特殊フォーマットカメラのレンズたち イメージサークルがジャストサイズ

110レンズならフルサイズで撮れる Asahi Pentax-110 18mmF2.8
シャッターを切るだけで昭和レトロ Olympus G.Zuiko Auto-S 40mmF1.4
クセナーはガールズフォトがよく似合う Schneider Xenar 37.5mmF2.8
Column  ミラーレス一眼の行方

Chapter 05 デジタルで甦るシネレンズたち シネレンズでスチル撮影

シネレンズもライカクオリティ Leitz Hektor Rapid 2.7cmF1.4
過剰補正が生み出すアグレッシブ Kern-Paillard Switar 25mmF1.4 RX
浅いぼけ味で三次元を封じ込める P.Angenieux Paris 15mmF1.3 R41
柵越えできるスリムな望遠システム Kodak Cine Ektar 152mmF4
アポクロマートは高級レンズの証 Apochromat Kinoptik Paris 25mmF2
各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

感想・レビュー

とりもり さん

2019-08-04

最初の本でメジャーなマウントは紹介済みのようで、紹介されているのは基本的にはEOS DIGITALで装着できないフランジバックの短いマウントばかり。「マイクロフォーサーズ機とマウントアダプタで楽しむ」というサブタイトルがついている割に、結構前書が前提となっていて内容が偏っている。アダプタの装着方法とかは詳しいけど、その分同じマウントの別レンズの紹介とかにページを割いて欲しかった。率直に言って今ひとつの内容。★★☆☆☆

やもち さん

2019-07-30

こちらはオールドレンズ入門って感じではなく、より深い内容。格安レンズはあまりのってない。写りのニュアンスの違いは正直まだわからないので、とりあえず安いのていろいろ撮ってみる。

関連商品

名画から学ぶ 写真の見方・撮り方

販売価格:1,980円(税込)

2022.10.31発売

おすすめ特集

電気工事技術者

第二種電気工事士、電験3種など、電気工事技術者関連の資格参考書はこちら

アジャイル・スクラム関連本特集

アジャイル・スクラム入門書からプロフェッショナル向け開発書、チームマネジメント論まで

Linuxおすすめ本特集

【Linux本特集】入門~達人レベルまで!クラウド時代の必須知識Linuxを学ぶおすすめの本

SQL/データベース関連本特集

初心者向けの入門書から、達人レベルの専門書まで!SQL/データベース関連おすすめ本特集

マネジメント・リーダーシップ特集

人材育成やチームビルディング、プロダクトマネジメントや業務改善など、組織を目標達成に導く書籍

翔泳社のセミナー・講座

開発・ビジネス・マーケティング・EC運営・営業支援など、幅広いジャンルの講座を開催

特集をもっと見る