Premiere Pro CS5逆引きデザイン事典PLUS

翔泳社(出版社) , 千崎達也(著)

商品番号
122490
販売状態
品切れ
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2010年11月18日
出荷開始日
2010年11月19日
ISBN
9784798122496
判型
B5
ページ数
328
キーワード
 Adobe  グラフィック  Premiere  辞典・事典・リファレンス  デザイン  映像  翔泳社  逆引きデザイン事典  人気シリーズ

販売価格:¥3,630(税込)

ポイント:330pt (10%)
詳細はこちら

送料無料

現在、本商品は販売しておりません。
ほしい物リストに追加

Premiere Pro CS5ユーザー待望の逆引き事典

64-bit 対応、テープレスカメラフォーマットのネイティブ編集など、名実ともに業界最高レベルに達したPremiere Pro CS5。本書は、このPremiere Pro CS5を使うあらゆる現場で悩みがちなことや、誰もがよくとまどいがちなこと、さらにこんなことができたらと思うことを中心に、知りたいところだけがすぐに引ける、充実度と引きやすさで大好評の事典の改訂版です。

「基本操作」から「取り込みと設定」「素材整理」「カット編集」「トランジション」「色調整」「映像の加工」「合成処理」「テロップ」「サウンド処理」、さらに「出力」や「インターフェイスのカスタマイズ」まで、デジタルビデオ編集に欠かせないノウハウを余すことなく網羅的に伝授します。

さらに、3大特典として「ツール&パネル早見表」「ショートカット早見表」「エフェクト&トランジション早見表」をプラス。ビデオ編集に関わる人必携の一冊です。


【動作環境】
・- 本書はCS5対応となっております。
・- CS5以外のバージョンについては動作が未確認ですので、あらかじめ御了承下さい。
ツールリファレンス パネルリファレンス

第1 章 素材の取り込み

001 新規プロジェクトを作成する
002 シーケンスのプリセットを選択する
003 プロジェクトを保存する、自動保存を設定する
004 テープメディアから取り込む(1) PC と映像機器を接続する
005 テープメディアから取り込む(2) 再生しながらキャプチャする
006 テープメディアから取り込む(3) イン/ アウトを指定してキャプチャする
007 テープメディアから取り込む(4) バッチキャプチャで取り込む
008 メディアブラウザーで素材を取り込む
009 連番付き静止画を読み込む
010 シーケンスのカスタムプリセットを作成する
011 キャプチャ素材の保存先を変更する
012 素材の再生を最適化する、外部機器に出力する

第2 章 カット編集・トランジションの設定

013 ビンを作成して素材を整理する
014 プロジェクトパネルの表示を変更する
015 ソースモニターで素材をプレビューする
016 カット編集をする
017 クリップの位置を調整する
018 選択ツールでクリップの長さを調整する
019 クリップを分割する、クリップを削除する
020 リップルツールとローリングツールで編集点を調整する
021 トリミングモニターを使って編集点を調整する
022 タイムコード情報を使って編集する
023 トラックを追加する、削除する
024 [オート編集]で大まかな流れを作る
025 サブクリップを作ってOK テイクを切り出す
026 シーケンスを別のシーケンスに読み込んで編集する
027 別のプロジェクトをインポートして使用する
028 クリップをネストする
029 トラックをロックする
030 トランジションを適用する
031 トランジションの位置や長さを調整する
032 ソフトワイプを適用する
033 放射状ワイプを適用する
034 ワークエリアを使う
035 クリップの間のギャップを検出する
036 クリップの情報を確認する
037 クリップにコメントを書き入れる
038 クリップにラベルを付けて管理する
039 オフラインファイルで作業する(1) ダミーのキャプチャファイルを作る
040 オフラインファイルで作業する(2) 問題のあるファイルをキャプチャし直す
041 オフラインファイルで作業する(3) ダミーの編集用ファイルにする
042 マルチカメラ編集を行う
043 カラーバーを作成する
044 色画面を作成する
045 背景用のグラデーションを作成する
046 ブラックビデオやクリアビデオを作成する

第3 章 映像の色調整

047 ビデオスコープを表示する
048 レンダリングを実行する
049 色補正用のエフェクトを適用する
050 Premiere Pro で使用できる色補正用エフェクトについて
051 色補正用エフェクトの適用範囲を調整する
052 [クイックカラー補正]でカット全体を補正する
053 [3ウェイカラー補正]で階調ごとに補正する
054 [ルミナンス補正]で明るさとコントラストを調整する
055 グラフを使って明るさと色を調整する
056 [プロセスアンプ]で色調を調整する
057 [輝度&コントラスト][ガンマ補正]で明るさやコントラストを調整する
058 [レベル補正]で階調を補正する
059 [カラーバランス]で色調を調整する
060 色調やコントラストを自動補正する
061 [色を変更]で特定の色だけを変更する
062 [他のカラーへ変更]で色を置き換える
063 モノクロにする
064 [色抜き]で特定の色だけを残す
065 [色かぶり補正]でセピア調にする
066 ソラリゼーションにする
067 [ポスタリゼーション]で絵の具で塗ったようなイメージにする
068 [ブラシストローク]で絵画調にする
069 [エンボス]で画像の輪郭を浮き彫りにする
070 [輪郭検出]で絵画風の効果を出す
071 [反転]で明度や色彩を反転する
072 [イコライザー]でコントラストを補正する

第4 章 映像の加工

073 エフェクトを適用する
074 エフェクトをアニメーションさせる
075 [不透明度]を変化させる
076 映像をミックスする
077 再生時間を伸ばす、縮める
078 [フレームの保持]でストップモーションにする
079 [タイムリマップ]で連続的に時間を変化させる
080 フレームを静止画として書き出し、ストップモーションにする
081 [モーション]で変形させる
082 [変形]で変形させる
083 [基本3D]で変形させる
084 画面のコーナーを動かして変形する
085 [描画モード]を変更して画像を重ねる
086 垂直方向、水平方向に反転させる
087 [クロップ]で上下左右を切り取る
088 [ガベージマット]で複雑な形に切り取る
089 [回転]で渦巻き状に歪ませる
090 [球面]で魚眼レンズのように歪ませる
091 [ベンド]で波紋状に歪ませる
092 [波形ワープ]で波紋状に歪ませる
093 [タービュレントディスプレイス]で乱流状に歪ませる
094 [オフセット]で画像を上下にずらす
095 [ミラー]で反転画像を作る
096 [ダスト&スクラッチ]でノイズを除去する
097 ノイズを加える
098 [ブラー]で画像をぼかす
099 [ブラー(合成)]で部分的にぼかす
100 [アンシャープマスク]でシャープにする
101 [レンズフレア]を入れる
102 [照明効果]でライティングする
103 グリッドやチェッカーを入れる
104 [円]で任意の場所に円を描く
105 [ストロボ]で画面を点滅させる
106 インターレースを解除する
107 縦横比率「16:9」の素材を「4:3」のシーケンスで使う
108 縦横比率「4:3」の素材を「16:9」のシーケンスで使う
109 エフェクトをプリセットとして保存する

第5 章 合成処理

110 クロマキーで合成する(1) [Ultraキー]の基本的な使い方
111 クロマキーで合成する(2) [スピルサプレッション]を調整する
112 クロマキーで合成する(3) [カラー補正]を調整する
113 ルミナンス(輝度)で合成する
114 アルファチャンネルで合成する
115 トラックマットで合成する
116 イメージマットで合成する
117 ピクチャ・イン・ピクチャを作る
118 小画面に[ドロップシャドウ]を付ける
119 小画面に縁取りをする
120 マルチ画面を作る(1) すべての画面のサイズを揃える
121 マルチ画面を作る(2) ネストして作業する
122 ソフトワイプで合成する
123 [アルファグロー]で合成した素材の周囲を輝かせる
124 [ブラー(チャンネル)]でマスクをぼかす
125 [ラフエッジ]で境界線を歪ませる
126 Premiere Pro のキーイングエフェクト

第6 章 タイトル入れ

127 タイトルを作成する
128 文字を入力する
129 文字の書式を設定する
130 文字の色を変える
131 文字にグラデーションを設定する
132 文字に光沢を加える
133 文字をベベルにする
134 文字に縁取りを付ける
135 文字にシャドウを付ける
136 文字に厚みを付ける
137 色のついた背景に文字をのせる
138 [タイトルスタイル]を適用する
139 [スタイル]として保存する
140 [テンプレート]を使用する
141 [テンプレート]として保存する
142 タイトルを曲線に沿って配置する
143 図形を描く
144 直線を描く
145 曲線を描く
146 タイトル要素の重なり順を変更する
147 複数のタイトルを整列させる
148 タイトルにテクスチャをマッピングする
149 ロールテロップを作る
150 タイトルに静止画を使う

第7 章 サウンド編集

151 オーディオファイルを追加する
152 新規シーケンスを作成する時のオーディオ設定について
153 ビデオ素材のオーディオだけを編集する
154 オーディオクリップを伸縮する、切り離す、削除する
155 ビデオクリップから音声を抽出する
156 ステレオや5.1 オーディオをモノラルに分割する
157 チャンネルマッピングを変更する
158 オーディオマスターメーターで音の状態を確認する
159 特定のトラックだけをミュートする、再生する
160 オーディオのゲインを変更する、ノーマライズする
161 オーディオのボリュームを一律に変更する
162 クリップの音量を連続的に変化させる(1) エフェクトコントロールパネルで設定する
163 クリップの音量を連続的に変化させる(2) タイムラインパネルで設定する
164 トラックの音量を連続的に変化させる
165 オーディオミキサーを使う
166 オーディオミキサーで音量を調整する
167 パンを調整する
168 [オーディオトランジション]を適用する
169 アフレコを入れる
170 [サブミックストラック]を作成する(1)
171 [サブミックストラック]を作成する(2)
172 [オーディオエフェクト]をクリップに適用する
173 [オーディオエフェクト]をトラック全体に適用する
174 [Reverb]で残響を残す
175 [マルチタップディレイ]で残響を残す
176 音のダイナミックスを調整する
177 [AutoGate]でノイズをカットする
178 バックグラウンドノイズを軽減する
179 イコライザーで音質を調整する
180 オーディオクリップをレンダリングして置き換える
181 5.1 サラウンドに音を配置する
182 オーディオトラックのキーフレーム表示について

第8 章 ムービーの書き出し

183 DV シーケンスをテープに書き出す
184 HDV シーケンスをテープに書き出す
185 ファイルを書き出す(1) [ソース]と[出力]の設定
186 ファイルを書き出す(2) [書き出し設定]の基本
187 ファイルを書き出す(3) [ビデオ]の設定
188 ファイルを書き出す(4) [オーディオ]の設定
189 WMV 形式でファイルを書き出す
190 FLV 形式でファイルを書き出す
191 F4V 形式でファイルを書き出す
192 Adobe Media Encoder で書き出す(1) 起動と読み込み
193 Adobe Media Encoder で書き出す(2) 設定と書き出し
194 Mac 版でのムービーの書き出し
195 EncoreでDVDやBlu-ray、Web DVD を作成する

第9 章 作業効率をアップする便利な機能

196 元のクリップの設定を残したままクリップを置き換える
197 素材を検索する
198 ソースモニターやタイムラインにマーカーを設定する、削除する
199 マーカーへ移動する、コメントを書き入れる
200 Encore チャプターマーカーを設定する
201 Flash キューマーカーを設定する
202 プレビューファイルを管理する
203 プロジェクトマネージャーで素材をまとめる
204 [コンテンツを解析]で素材を調べる
205 メタデータパネルで素材を管理する
206 Photoshop と連携する
207 After Effects と連携する
208 Soundbooth と連携する
209 Final Cut Proと連携する<FCP XML 形式での書き出しと読み込み>
210 AAF形式で書き出す、読み込む
211 OnLocation と連携する

Premiere Pro CS5 エフェクト&トランジション一覧

索引

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連商品

一生懸命デザインしたのにプロっぽくなりません。

販売価格:1,848円(税込)

2022.01.27発売

ILLUSTRATION 2022

販売価格:3,080円(税込)

2021.12.06発売

ILLUSTRATION 2022 特別版

販売価格:3,080円(税込)

2021.12.06発売

おすすめ特集

ベンダー資格 試験対策本特集

ベンダー資格に関する書籍を試験ごとに紹介!ベンダー資格試験対策本特集

アジャイル・スクラム関連本特集

アジャイル・スクラム入門書からプロフェッショナル向け開発書、チームマネジメント論まで。

SQL/データベース関連本特集

初心者向けの入門書から、達人レベルの専門書まで!SQL/データベース関連おすすめ本特集。

Excel本大特集

【Excel本大特集】業務効率化やスキルアップに!おすすめの学習書をご紹介。

デジタルマーケティング本特集

Webマーケティング、データ分析、ECなど、デジタルマーケティングに関するおすすめ書籍をご紹介。

翔泳社のセミナー・講座

開発・ビジネス・マーケティング・EC運営・営業支援など、幅広いジャンルの講座を開催。

特集をもっと見る