MarkeZine 年間定期購読

翔泳社(出版社) , MarkeZine編集部(編)

商品番号
MZMSUB
販売状態
発売中
納品形態
ゆうメール にてお届け
お申込み時点での最新号から発送開始
判型
A4
ページ数
64
キーワード
年間定期購読  MarkeZine

販売価格:¥49,500(税込)

送料無料 在庫あり

更新の方はこちら
ほしい物リストに追加

こちらのプランでは、電子版・プレミアム記事を同時に複数名で利用することはできません。
法人内での共同利用には、本商品に追加して『[追加オプション]MarkeZine 年間定期購読【電子版/同時10アクセス分】』をご購入ください。
なお、雑誌の付かない電子版のみの『MarkeZine 年間定期購読【電子版/同時10アクセス分】』もございます。


定期誌『MarkeZine』第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

コロナ禍を経験し、私たちはデジタルとリアルをますます頻繁に行き来するようになった。メディア接触の多様化・細分化も進行している。様々なタッチポイントを活用しながらブランドの魅力を伝え価値ある体験を届けるためには、どのような思考と工夫が必要なのだろうか。アフターコロナを見据えながら顧客接点の見直しをはじめよう。

Insight(巻頭インタビュー)

DXを体現するアドビが「クリエイティビティ×データ」で切り拓く未来
アドビ 神谷 知信

Feature(特集)ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点

デジタルシフトで生き残る「5つの条件」
ニューバランスジャパン 鈴木 健

ブランド像のままに「力強く」挑戦し続ける イヴ・サンローラン・ボーテのメディア戦略
日本ロレアル 野山 佳世子

潜在的なお客さまと一番近い接点に メルカリのオウンドメディア活用
メルカリ 宮川 直実/山岸 香織

モーメントを捉え、再定義したブランドを伝える
アドビ 里村 明洋

「BOTANIST」のI-neに学ぶ 一貫したブランド体験の作り方
I-ne 今井 新

「コーヒーを楽しむ入り口」を増やす UCC上島珈琲のMy COFFEE STYLE
UCC上島珈琲 染谷 清史

手掛かりは「フラットな会話」 顧客接点を柔軟にデザインする
ヤプリ 島袋 孝一

業界最新動向

元お笑い芸人「ザブングル」の松尾陽介氏、企業のマーケティングを支援
MarkeZine編集部

私のキャリア

「流し」のCMO、マーケターの新しい働き方に挑戦中
渋谷未来デザイン 久保田 夏彦

データで読み解く

Clubhouse ユーザーはどんな人? 価値観・消費行動の特徴を探る
マクロミル 渡邉 尚紀

BtoBマーケティングの開拓者たち

PRを強化して成長を創る
ビルコム 田中 幸司

生活者データバンク

ミレニアル世代の夫婦に見る新しい日常
インテージ 田中 宏昌

米国最新事情レポート『BICP MAD MAN Report』

NetflixのEC事業「Netflix.shop」、真の狙いは目先の売上にあらず
ベストインクラスプロデューサーズ 榮枝 洋文


第68号「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」担当編集より刊行のご挨拶

定期誌『MarkeZine』第68号の特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」を担当したMarkeZine編集部のたでぬまです。

長期化するコロナ禍は、消費者とブランドの関係構築にも大きな影響を及ぼしています。デジタル上の接点で適切な体験を届けることは、一時的な対応ではなく、本腰を入れて取り組むべき課題となりました。

同じ「商品を買う」という体験であっても、スマートフォンの小さな画面上と実店舗では、消費者が受ける印象が異なります。デジタルの比重が高まった時、スムーズにモノを届けることに加え、ブランドが持つ世界観を伝え、情緒的なつながりを作ることができているか。また、対面での接点がなくなっても、消費者に「思い出してもらえる」ブランドであり続けているか。このような問いをもって顧客接点を見直し、デザインしていくことが求められているように思います。

本号の特集は大きく2つのコンテンツで構成されています。一つはニューバランスジャパンの鈴木健さんによる解説です。上記のようなアイデアをご相談したところ、「コロナ禍は未来に生き残るブランドをふるいにかける出来事になったのではないか」と、ブランドが生き残っていくための5つの条件を挙げてくださいました。自社での取り組みを振り返るチェックリストとして、ご活用いただけます。

もうひとつは、6社のマーケターによる具体的な取り組みの紹介です。ブランドが持つミッションを、アプリやSNS、EC、ウェビナーといった接点でどのように実現していくかお話しいただきました。「顧客接点デザインのヒントを得る」という視点でお読みいただくと、自社の取り組みに活かせるアイデアが見つかるのではないかと思います。

ちなみに私たちMarkeZineも、マーケターの皆様の働き方が変わる中、どんな形で情報をお届けするのが最適か、困ったときに「MarkeZine」の名前を思い出してもらうにはどんなことが必要か、試行錯誤しています。これまでのつながり方にこだわらず、新しいチャレンジを続けていきたいです。

◆次号予告
9月号「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」
10月号「データ活用の新常識(仮)」
11月号「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング(仮)」


本商品のご購入でご利用いただけるサービス

定期誌『MarkeZine』紙版を年12回お届け

マーケティングの最新情報を厳選し、年12回、毎月お届けします。
業界キーパーソンの独自取材インタビューや注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナル情報が満載です。
デジタル化という大変革の波を乗り切る必携として、定期誌『MarkeZine』をぜひご活用ください!

■こんな人におすすめ
マーケティングの最新動向を知りたい / 自社のビジネスに活用できる具体的な事例を知りたい / AIや動画、人気のSNS、オウンドメディアなど、注目トピックについて知りたい / 調査データから生活者の動向やニーズを押さえておきたい / 横文字、略字の多い専門用語を理解したい


定期誌『MarkeZine』電子版の閲覧

定期誌『MarkeZine』電子版が読める

ご購読の定期誌『MarkeZine』誌面をウェブでも閲覧いただけます。手元に雑誌がない時にも誌面を読むことができ、最新の情報収集をより効率的に行っていただけます。
>>定期誌『MarkeZine』 電子版はこちら

プレミアム記事の閲覧

プレミアム記事

定期誌『MarkeZine』ご購読者の方限定で、巻頭インタビューや特集など誌面掲載の記事(一部抜粋)をウェブでも公開しています。最新号だけでなく、バックナンバーの記事もお読みいただけます。
>>プレミアム記事一覧

プレミアムイベントに無料ご招待!

読者イベント

誌面に登場する業界キーパーソンが登壇するリアルイベントに無料でご招待いたします。ネットワーキングの場として、人脈作りにもご活用いただけます。
>>イベントレポート一覧

誌面掲載のデータが使える!『MarkeZine Stock』

MarkeZine Stock

誌面に掲載したオリジナル調査などの図表データをダウンロードできるサービス『MarkeZine Stock』を、ご購読期間中ご利用いただけます。企画書や資料で自由にご活用ください。
>>MarkeZine Stock


各サービスは初回号発送後から、ご購読期間中ご利用いただけます。

ご利用案内

お申込み前に必ずご確認ください。

お申込み締切と発送スケジュールについて

お申込みいただいた時点での最新号から1年間発送いたします。最新号の発行は、毎月25日です。
 ※発行日は、日曜・祝祭日などで変更になる場合がございます。雑誌の到着日は、発行日より遅れることがございますが、ご了承ください。

日本郵便のゆうメールで発送いたします。(送料翔泳社負担、年12回発送)
 ※発送から2~3日でお届け予定でございます。
 ※ポスト投函方式ですので、郵便受けの投入口のサイズにご注意ください。(誌面サイズ : 縦 28cm/横 21cm/厚さ 約5mm)

定期購読料とお支払い方法

年間定期購読料は49,500円(税込)です。 ※精算単価は4,950円(税込)です。
一括前払いとなります。お支払方法は、下記のいずれかをお選びください。

  • クレジットカード:初回号発送のタイミングで決済処理を行います。
  • 銀行振込:原則ご注文から10営業日以内のお振込みをお願いしております。
    ご請求書が必要な場合は、ご注文の際に「請求書希望欄」にチェックを入れてください。
    法人のお客様で、10営業日以内のお振込みが難しい場合や、後払いをご希望の方は、お問い合わせフォームからご連絡ください。その際、御社のお支払ターム(月末締め、翌月末払いなど)を合わせてお知らせください。

見積書の発行について

ご注文の前にお見積もりが必要な場合は、こちらをご参照ください。

領収書の発行について

領収書は、SEshopの会員メニュー画面から、出力することが可能です。
出力方法の詳細は、こちらでご確認ください。
なお、初回号の発送から1か月以上経っている場合、あるいは、ゲスト購入の場合は、領収書の宛名・送付先をご明記の上、お問い合わせフォームからご連絡ください。

送付先の変更、購読期間の確認

送付先の変更、購読期間の確認につきましては、こちらをご覧ください。

提供サービスのご利用方法、ご利用期間について

・各サービスは初回号発送後から、ご購読期間中ご利用いただけます。
・電子版の閲覧は、ご購読期間中のみ可能です。
・同時アクセスは1アクセスに限ります。

キャンセル・途中解約について

初回号の発送前までは、ご注文をキャンセルすることができます。ご購読開始後に、お客様のご都合により途中解約された場合、送付済み分を精算単価4,950円(税込)にて精算いたします。
 ※消費税については、納品日ではなくご注文日をベースに計算いたします。
 49,500円-(精算単価4,950円×送付済み分)=返金額(残金があれば)

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連リンク

関連商品

MarkeZine 第67号(2021年07月号)

販売価格:4,950円(税込)

2021.07.25発売

MarkeZine 第66号(2021年06月号)

販売価格:4,950円(税込)

2021.06.25発売

MarkeZine 第65号(2021年05月号)

販売価格:4,950円(税込)

2021.05.25発売

MarkeZineプレミアム会員

販売価格:2,200円(税込)

2021.05.17発売

おすすめ特集

PDF版高額書籍フェア

【PDF版高額書籍フェア】売れ筋のハイエンドPDF版書籍を厳選し、40%ポイント還元!

ゲームプログラミング・ゲーム制作関連本

趣味で始めてみたい方や、ゲームプログラマー・ゲームデザイナーにもおすすめ!ゲーム制作おすすめ本

プログラミング本特集

翔泳社のプログラミング書籍の中から、入門・初級者向けの書籍をピックアップ!

Excel本大特集

【Excel本大特集】業務効率化やスキルアップに!おすすめの学習書をご紹介。

ベンダー資格 試験対策本特集

ベンダー資格に関する書籍を試験ごとに紹介!ベンダー資格試験対策本特集

情報処理教科書シリーズ

情報処理技術者試験におすすめの参考書「EXAMPRESS 情報処理教科書シリーズ」で最短合格!

特集をもっと見る