MarkeZine 年間定期購読【電子版/同時10アクセス分】

翔泳社(出版社) , MarkeZine編集部(編)

商品番号
MZMSUBCOE
販売状態
発売中
キーワード
年間定期購読  マーケティング  広告  MarkeZine

販売価格:¥165,000(税込)

送料無料 在庫あり

通常版(雑誌あり/1アクセス)はこちら
ほしい物リストに追加
  • 本商品は電子版となります。
  • こちらのプランには雑誌はついておりません。

定期誌『MarkeZine』第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

ビジネス環境に大きな変化を及ぼしたパンデミック。BtoB企業においても、展示会やセミナーを急遽オンラインにシフトしたりと、戦術の変更が余儀なくされている。この激動の時代において、ビジネスの勝敗を分けるものはなんだろうか。今押さえておきたいBtoBビジネスの勝ち筋を探る。

定期誌『MarkeZine』第69号(2021年9月号)目次

Insight(巻頭インタビュー)

競合と手を組み、業界全体の課題解決に挑む 「つながる薬局」で目指す患者起点のDX
ファーマシフト 多湖 健太郎

Feature(特集)BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略

営業不在で自動的に売れる仕組みを作る「販促の設計図」の描き方
アドバンド 中野 道良

歴史ある業界トップクラス企業のマーケティング大変革
PHC 保坂 一慶

市場の激変に直面したベルフェイス。 メインユーザーの再定義をいかに進めたか?
ベルフェイス 林 駿佑

ソートリーダーシップを発揮できる組織に アンドパッドのBtoBマーケ戦略
ANDPAD 植野 大輔

認知だけじゃない!BtoB企業がYouTubeを活用すべき理由と運用のポイント
Faber Company 中山 順司

業界最新動向

Instagram、若年層への広告配信などを制限
MarkeZine編集部

次世代マーケティング教室

“香りの言語化”で購買体験は進化する
SCENTMATIC 栗栖 俊治

人を育てる。組織を育てる。

マーケターの絶対数が不足しているBtoB業界、人材育成・組織強化のために今できること
シンフォニーマーケティング 庭山 一郎

BtoBマーケティングの開拓者たち

PR戦略と組織の作り方
ビルコム 田中 幸司

生活者データバンク

アプリで変わるテレビの使われ方
インテージ 山津 貴之

米国最新事情レポート『BICP MAD MAN Report』

日経電子版から考える 新聞社は配信事業から「双方向会話型」の新事業体へ
ベストインクラスプロデューサーズ 榮枝 洋文

編集小話


第69号「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」担当編集より刊行のご挨拶

こんにちは。定期誌『MarkeZine』第69号の特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」を担当したMarkeZine編集部のふくしまです。

コロナ禍でオフラインセミナーや対面営業の機会が制限されるなか、BtoBビジネスにおけるデジタルマーケティングの必要性はより一層増しています。一方で、新たな打ち手を探るもなかなか売上につながらず、苦戦している企業も多いのではないでしょうか。

そこで、本特集では様々な角度から「BtoBビジネスの勝ち筋」を探っていきます。

取材したのは、営業部門不在で売上拡大を実現する仕組みを解説した『新規顧客が勝手にあつまる販促の設計図』(翔泳社)の著者であるアドバンドの中野道良氏や、デジタルマーケティングの環境をゼロから整備し、社内でのマーケティングの位置づけを変えていったPHCの保坂一慶氏。
また市場の変化に対応するためユーザーを再定義したベルフェイスや、好調に見えたテレビCMを一時出稿停止し、再定義したアンドパッド、YouTube活用に力を入れ、認知向上だけでなくCVへの間接貢献も生まれてきているというFaber Companyを取り上げました。

老舗からスタートアップ企業まで、領域の異なる企業の戦略をお伺いしているので、自社の課題を解決する事例がきっと見つかるはずです。
ぜひこの機会に、定期誌『MarkeZine』のご購読をご検討ください!

◆次号予告
10月号「データ活用の新常識」
11月号「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング(仮)」
12月号「2022年のマーケティング戦略(仮)」


電子版を最大10名で同時に利用可能!

本商品は、『MarkeZine 年間定期購読』の電子版です。新規で法人利用をするためのプランとなります。
1アカウントで最大10名まで同時にご利用いただけます。
11名以上での利用をご希望の場合は、人数に合わせて数量をご調整の上、ご購入ください。
※既にご購読中で、法人内での共同利用をご希望の場合は、こちらのオプションをご注文ください。

【電子版のご利用方法について】

・本商品の注文時にSEshopで登録したメールアドレス・パスワードが「アカウント」となります。
・1アカウントで最大10名まで同時アクセスが可能です。
・11名以上でご利用の場合は、人数に合わせて数量をご調整ください。
 例)55名でのご利用の場合、数量「6」でご注文ください。
・ご利用実態に齟齬がある場合は、セキュリティ上の確認連絡をさせていただく場合がございます。
・電子版の閲覧は、ご購読期間中のみ可能です。


本商品のご購入でご利用いただけるサービス

定期誌『MarkeZine』電子版の閲覧

定期誌『MarkeZine』電子版が読める

ご購読の定期誌『MarkeZine』誌面をウェブで閲覧いただけます。最大10名様まで同時に閲覧できますので、テレワークなどの環境下で雑誌の共有が難しい場合でも快適にご利用いただけます。
>>定期誌『MarkeZine』電子版はこちら

プレミアム記事の閲覧

プレミアム記事

巻頭インタビューや特集など誌面掲載の記事(一部抜粋)を閲覧いただけます。最新号だけでなく、バックナンバーの記事もお読みいただけます。
>>プレミアム記事一覧

誌面掲載のデータが使える!『MarkeZine Stock』

MarkeZine Stock

誌面に掲載したオリジナル調査などの図表データをダウンロードできるサービス『MarkeZine Stock』をご利用いただけます。企画書や資料で自由にご活用ください。
>>MarkeZine Stock

プレミアムイベントに無料ご招待!

読者イベント

誌面に登場する業界キーパーソンが登壇するリアルイベントに無料でご招待いたします。ネットワーキングの場として、人脈作りにもご活用いただけます。
>>イベントレポート一覧


ご利用案内

お申込み前に必ずご確認ください。

ご利用可能期間について

決済処理完了後(お支払方法が銀行振込の場合、ご入金確認後)、1営業日ほどでご利用いただけるようになります。
ご利用可能期間は、ご利用開始月から12か月です。電子版の閲覧は、ご利用期間中のみ可能です。

購読料について

購読料は12か月で165,000円(税込)です。

購読期間の確認

購読期間の確認につきましては、こちらをご覧ください。

途中解約について

サービス提供開始後に、お客様のご都合により途中解約された場合、精算単価13,750円(税込)にて精算いたします。
165,000円-(精算単価13,750円×経過月分)=返金額
例)2020年10月号からご購読開始され、2021年3月号で解約された場合
165,000円-(精算単価13,750円×6)=返金額 82,500円
※経過月の途中で解約された場合でも、日割りによる割引、返金はありません。


各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連商品

ECzine 年間定期購読 デジタル接客基礎講座 セット

販売価格:56,980円(税込)

2021.09.16発売

MarkeZine 第68号(2021年08月号)

販売価格:4,950円(税込)

2021.08.25発売

ALL for SaaS SaaS立ち上げのすべて

販売価格:3,080円(税込)

2021.08.06発売

おすすめ特集

ベンダー資格 試験対策本特集

ベンダー資格に関する書籍を試験ごとに紹介!ベンダー資格試験対策本特集

Linuxおすすめ本特集

【Linux本特集】入門~達人レベルまで!クラウド時代の必須知識Linuxを学ぶおすすめの本

Web制作関連本特集

HTML/CSS、JavaScript、UI/UX、デザインまで。Web制作・フロントエンド開発に役立つ本。

マネジメント・リーダーシップ特集

人材育成やチームビルディング、プロダクトマネジメントや業務改善など、組織を目標達成に導く書籍

プログラミング本特集

翔泳社のプログラミング書籍の中から、入門・初級者向けの書籍をピックアップ!

ゲームプログラミング・ゲーム制作関連本

趣味で始めてみたい方や、ゲームプログラマー・ゲームデザイナーにもおすすめ!ゲーム制作おすすめ本

特集をもっと見る