MarkeZine 年間定期購読(1ヶ月無料延長キャンペーン)

翔泳社(出版社) , MarkeZine編集部(編)

商品番号
MZMSUB
販売状態
発売中
納品形態
ゆうメールにてお届け
お申込み時点での最新号から発送開始
判型
A4
ページ数
64
キーワード
年間定期購読  MarkeZine

販売価格:¥49,500(税込)

送料無料 在庫あり

更新の方はこちら
ほしい物リストに追加

1ヶ月無料延長キャンペーン実施中

定期誌『MarkeZine』の定期購読は通常1年間(12冊/12ヶ月)ですが、キャンペーン期間中にお申込みいただくと、購読期間を1ヶ月無料で延長いたします。合計13冊を通常と同じお値段でご購読いただける大変お得なキャンペーンですので、この機会にぜひご活用ください。

キャンペーン期間

2020年5月25日(月)~ 2020年6月24日(水)
※本キャンペーンは予告なく終了する場合がございますので、予めご了承ください。

セット内容(合計13冊)

【1】年間定期購読(12冊/一年間)
第53号(2020年5月号)~ 第64号(2021年4月号)

【2】1ヶ月無料延長(1冊)
第65号(2021年5月号)

定期誌『MarkeZine』第53号(2020年5月号)
特集「テレビ活用、その進化と真価」

3月11日、電通が「2019年 日本の広告費」を発表。インターネット広告費が初の2兆円超えを記録し、テレビメディア広告費を上回るという結果となった。果たして、マーケティングコミュニケーションの中で、テレビの役割はどう変わっていったのだろうか?また何がテレビの役割を代替し始めたのだろうか。様々な角度から、テレビ業界の今、そして未来を探る。

Insight(巻頭インタビュー)

「ブランドはもっと自由でいい テクノロジー×コミュニティで日本のモノづくりを盛り上げる
MOON-X 長谷川 晋/田中 昭行

Feature(特集)テレビ活用、その進化と真価

「欲しいCM枠を欲しいとき」に SASでテレビ活用は進化する
日本テレビ 巽 直啓

急激なマーケティング投資削減で問われる「顧客戦略」の重要性
M-Force/Strategy Partners 西口 一希

「2019年 日本の広告費」からテレビ業界の未来を占う
AbemaTV/Indeed Japan/エステー/SATORI/The Breakthrough Company GO/C Channel/zonari/TimeTree/電通/TikTok Ads Japan/博報堂DYメディアパートナーズ/ベストインクラスプロデューサーズ/LIFULL/楽天/WOWOW

令和時代、マーケティングはどう変わる?

マーケターはコロナウイルスの脅威にどう向き合うべきか
Appier ミン・スン

業界最新動向

ヤフー、コロナ対策に役立つ東京23区の来訪者数などの推計データを公開
MarkeZine編集部

私のキャリア

変化し続けることが、リスクヘッジになる 目指すはデータで未来を予測するCM“T”O
CINC 尾崎 隼人

クリエイターに学ぶ、デジタルの作法

What to BeとHow to Beを大事に
BIRDMAN 宮坂 雅春×エードット 布施 優樹

世界のトレンドを読む

「エコラベリング」が店舗リテール復活のカギになるか?
Livit 細谷 元

生活者データバンク

年齢で異なるスマホの持ち方&操作実態
インテージ 二瓶 哲也

実践!マーケティングアカデミー

ESG への取り組みが、ブランド成長の鍵となる
メルカリ 田原 純香

米国最新事情レポート『DI. MAD MAN Report』

COVID-19の向こう側、次の3年
デジタルインテリジェンス 榮枝 洋文

マーケターの本棚

高広伯彦さんの2冊
スケダチ 高広 伯彦


最新マーケティング情報が毎月手に入る!

マーケティングの最新情報を厳選し、年12回、毎月お届けします。
業界キーパーソンの独自取材インタビューや注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナル情報が満載です。
デジタル化という大変革の波を乗り切る必携として、定期誌『MarkeZine』をぜひご活用ください!

■こんな人におすすめ
マーケティングの最新動向を知りたい / 自社のビジネスに活用できる具体的な事例を知りたい / AIや動画、人気のSNS、オウンドメディアなど、注目トピックについて知りたい / 調査データから生活者の動向やニーズを押さえておきたい / 横文字、略字の多い専門用語を理解したい


読者限定!ご購読特典はこちら

定期誌『MarkeZine』 誌面がウェブでも読める

誌面がウェブでも読める

ご購読の定期誌『MarkeZine』誌面をウェブでも閲覧いただけます。手元に雑誌がない時にも誌面を読むことができ、最新の情報収集をより効率的に行っていただけます。
>>全文公開はこちら

プレミアム記事が読み放題!

プレミアム記事

定期誌『MarkeZine』ご購読者の方限定で、巻頭インタビューや特集など誌面掲載の記事(一部抜粋)をウェブでも公開しています。最新号だけでなく、バックナンバーの記事もお読みいただけます。
>>プレミアム記事一覧

プレミアムイベントに無料ご招待!

読者イベント

誌面に登場する業界キーパーソンが登壇するリアルイベントに無料でご招待いたします。ネットワーキングの場として、人脈作りにもご活用いただけます。
>>イベントレポート一覧

誌面掲載のデータが使える!『MarkeZine Stock』

MarkeZine Stock

誌面に掲載したオリジナル調査などの図表データをダウンロードできるサービス『MarkeZine Stock』を、ご購読期間中ご利用いただけます。企画書や資料で自由にご活用ください。
>>MarkeZine Stock


各特典は初回号発送後から、ご購読期間中ご利用いただけます。

ご利用案内

お申込み前に必ずご確認ください。

お申込み締切と発送スケジュールについて

お申込みいただいた時点での最新号から1年間発送いたします。最新号の発行は、毎月25日です。
 ※発行日は、日曜・祝祭日などで変更になる場合がございます。雑誌の到着日は、発行日より遅れることがございますが、ご了承ください。

日本郵便のゆうメールで発送いたします。(送料翔泳社負担、年12回発送)
 ※発送から2~3日でお届け予定でございます。
 ※ポスト投函方式ですので、郵便受けの投入口のサイズにご注意ください。(誌面サイズ : 縦 28cm/横 21cm/厚さ 約5mm)

定期購読料とお支払い方法

年間定期購読料は45,000円(+税)です。 ※精算単価は4,500円(+税)です。
一括前払いとなります。お支払方法は、下記のいずれかをお選びください。

  • クレジットカード:初回号発送のタイミングで決済処理を行います。
  • 銀行振込:原則ご注文から10営業日以内のお振込みをお願いしております。
    ご請求書が必要な場合は、ご注文の際に「請求書希望欄」にチェックを入れてください。
    法人のお客様で、10営業日以内のお振込みが難しい場合や、後払いをご希望の方は、お問い合わせフォームからご連絡ください。その際、御社のお支払ターム(月末締め、翌月末払いなど)を合わせてお知らせください。

見積書の発行について

ご注文の前にお見積もりが必要な場合は、こちらをご参照ください。

領収書の発行について

領収書は、SEshopの会員メニュー画面から、出力することが可能です。
出力方法の詳細は、こちらでご確認ください。
なお、初回号の発送から1か月以上経っている場合、あるいは、ゲスト購入の場合は、領収書の宛名・送付先をご明記の上、お問い合わせフォームからご連絡ください。

送付先の変更、購読期間の確認

送付先の変更、購読期間の確認につきましては、こちらをご覧ください。

キャンセル・途中解約について

初回号の発送前までは、ご注文をキャンセルすることができます。ご購読開始後に、お客様のご都合により途中解約された場合、送付済み分を精算単価4,500円(+税)にて精算いたします。
 ※消費税については、納品日ではなくご注文日をベースに計算いたします。
 2019年9月30日までのご注文→48,600円-(精算単価4,860円×送付済み分)=返金額(残金があれば)
 2019年10月1日以降のご注文→49,500円-(精算単価4,950円×送付済み分)=返金額(残金があれば)

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連リンク

関連商品

ECzine 年間定期購読 期間限定特別セット

販売価格:22,000円(税込)

2020.05.08発売

ECzine 年間定期購読 エントリープラン

販売価格:5,500円(税込)

2020.04.09発売

MarkeZine 第51号(2020年3月号)

販売価格:4,950円(税込)

2020.03.25発売

MarkeZine 年間定期購読 エントリープラン

販売価格:5,500円(税込)

2020.03.25発売

おすすめ特集

今月のクーポン

翔泳社の通販SEshopなら全品送料無料、ポイント還元、さらに毎月更新の割引クーポンでお得!

ITインフラ関連本特集

ネットワーク/サーバー/セキュリティを学ぶなら読んでおきたいおすすめの書籍。

Python特集

【今からはじめるPython特集】おすすめ本を入門~上級までレベル別にご紹介!

Web制作関連本特集

HTML/CSS、JavaScript、UI/UX、デザインまで。Web制作・フロントエンド開発に役立つ本。

注目のプログラミング教育本

2020年度から小学校で必修化!話題のプログラミング教育の本はこちら。

「みんなの日記」シリーズ特集

いつもの家事、暮らし。少し変えるだけで、もっと楽しくなる!「みんなの日記」シリーズ特集。

特集をもっと見る