UIまで手の回らないプログラマのためのBootstrap3実用ガイド【PDF版】

翔泳社(出版社) , 大澤文孝(著)

商品番号
139250
販売状態
発売中
納品形態
会員メニューよりダウンロード
発売日
2017年04月03日
ISBN
9784798139258
データサイズ
約12.3MB
制限事項
印刷可・テキストのコピー可
キーワード
プログラミング  デザイン  電子書籍【PDF版】  Bootstrap  web制作  UI/UX

販売価格:¥3,080(税込)

ポイント:280pt (10%)
詳細はこちら

送料無料 在庫あり

紙の書籍を見る
ほしい物リストに追加
  • 本製品は電子書籍【PDF版】です。
  • ご購入いただいたPDFには、購入者のメールアドレス、および翔泳社独自の著作権情報が埋め込まれます。
    PDFに埋め込まれるメールアドレスは、ご注文時にログインいただいたアドレスとなります。
    Amazon Payでのお支払いの場合はAmazonアカウントのメールアドレスが埋め込まれます。
  • 本製品を無断で複製、転載、譲渡、共有および販売を行った場合、法律により罰せられる可能性がございます。
  • ご購入の前に必ずこちらをお読みください。

ハタケ違いのプログラマがカッコイイUIを手に入れる方法

“Bootstrap”とは、ツイッター社が開発したウェブサイトやWebアプリケーションを作成するフリーソフトウェアツール集。 CSSやHTMLだけを使って、一般的なこれまでの作り方で構築すると、知識と時間を要求される動的な演出(タブの切り替えやメニューのロールオーバー時の色付け、アコーディオン形式のメニュー開閉などなど)を、おどろくほど簡単に実装できるテンプレートです。

バックロジックだけではなく、ユーザーインターフェースの面倒も見ることになってしまった不運なプログラマを対象に、労せずにクールなUIを簡便に作れるCSSフレームワークを手取り足取り伝授する1冊です。

PDF版のご利用方法

  1. ご購入後、SEshopにログインし、会員メニューに進みます。
  2. ご購入電子書籍およびデータ > [ご購入電子書籍およびダウンロードデータ一覧]をクリックします。
  3. 購入済みの電子書籍のタイトルが表示されますので、リンクをクリックしてダウンロードしてください。
  4. PDF形式のファイルを、お好きな場所に保存してください。
  5. 端末の種類を問わず、ご利用いただけます。

Chapter1 Bootstrap3でデザインを簡単に

1.1 Bootstrap3でできること
 1.1.1 CSS集としてのBootstrap3
 1.1.2 モバイル環境を意識したレスポンシブWeb デザイン
 1.1.3 ドロップダウンリストやツールチップなどのコンポーネントの提供
 1.1.4 デザインのカスタマイズ
 1.1.5 サポートするWebブラウザやHTMLの規格
1.2 Bootstrap3の入手
 1.2.1 Bootstrap3のライセンス
 1.2.2 Bootstrap3の入手と配置
1.3 Bootstrap3の使い方
 1.3.1 Bootstrap3を使うときのテンプレート
 1.3.2 CDNから読み込む
1.4 本書の内容

Chapter2 レスポンシブWeb デザインとグリッドレイアウト

2.1 Bootstrap3を適用すると変わること
 2.2.1 Bootstrap3を適用したときの変化
 2.2.2 印刷時スタイル
2.2 グリッドレイアウトでレイアウトする
 2.2.1 全体を括るコンテナとレスポンシブWeb デザインの考え方
 2.2.2 グリッドレイアウトで段組する
2.3 ブラウザ幅に応じてレイアウトを変更する
 2.3.1 ブラウザ幅に応じて段組を変える
 2.3.2 ブラウザ幅に応じて順序を変える
 2.3.3 ブラウザ幅もしくは画面か印刷かに応じて表示/非表示を切り替える
 2.3.4 画像をカラム幅に縮める
2.4 左寄せ、中央寄せ、右寄せ
 2.4.1 文字揃えを指定する
 2.4.2 段落揃えを指定する
2.5 ページヘッダーとフッター、パネル、ウェル
 2.5.1 ページヘッダーとジャンボトロン
 2.5.2 パネル
 2.5.3 ウェル
2.6 まとめ

Chapter3 入力フォームとエラーメッセージ

3.1 フォームコントロールの基本
 3.1.1 form-controlとform-group
 3.1.2 ラジオボタンやチェックボックスを1 行にする
 3.1.3 コントロールの大きさを変更する
3.2 水平フォームとインラインフォーム
 3.2.1 水平フォームで段組にする
 3.2.2 インラインフォームを使って1 行で表現する
3.3 ボタンとリンク
 3.3.1 ボタンの基本
 3.3.2 ボタンをリンクに、リンクをボタンに
3.4 エラーメッセージを表示する
 3.4.1 アラートを表示するボックス
 3.4.2 エラーの箇所を色付けする
 3.4.3 ラベルを使ってメッセージを表示する
3.5 ボタン同士や入力コントロールを合体する
 3.5.1 ボタンをグループ化する
 3.5.2 ボタンと入力コントロールを連結する「入力グループ」
3.6 まとめ

Chapter4 ユーザーインターフェイスを、もっと格好良く

4.1 テーブル表示を格好良く
 4.1.1 基本的なテーブル
 4.1.2 テーブルのセルを色付けする
 4.1.3 テーブルをレスポンシブに構成する
4.2 ページングのためのコントロール
 4.2.1 ページネーション
 4.2.2 ページャ
4.3 リストとリストグループ
 4.3.1 リスト
 4.3.2 リストグループ
 4.3.3 メディアオブジェクト
4.4 サムネイルと画像の切り抜き
 4.4.1 サムネイル表示
 4.4.2 画像の角を加工する
4.5 ナビゲーションとパンくずリスト
 4.5.1 タブ切り替えを実現する
 4.5.2 ナビゲーションバーを構成する
 4.5.3 パンくずリスト
4.6 装飾のためのクラス
 4.6.1 グリフアイコン
 4.6.2 プログレスバー
4.7 まとめ

Chapter5 JavaScriptで動きを作る

5.1 Bootstrap3におけるJavaScriptのプログラミングモデル
 5.1.1 bootstrap.js の全体構造
 5.1.2「 コードからの呼び出し」と「コードレスな動作」
 5.1.3 イベントの抑制
5.2 Alert コンポーネント
 5.2.1 Alert コンポーネントの基本
 5.2.2 Alert コンポーネントのAPIとイベント
5.3 モーダルダイアログボックス
 5.3.1 モーダルダイアログボックスの基本
 5.3.2 モーダルダイアログボックスのAPI とイベント
5.4 ツールチップとポップオーバー
 5.4.1 ツールチップの基本
 5.4.2 ツールチップのAPI とイベント
 5.4.3 ポップオーバー
5.5 ドロップダウンリストとボタンの拡張
 5.5.1 ドロップダウンリストの基本
 5.5.2 ドロップダウンリストのAPI とイベント
 5.5.3 トグルボタンの基本
 5.5.4 トグルボタンのAPI とイベント
5.6 ナビゲーションバーと畳み込み
 5.6.1 ナビゲーションバーの基本
 5.6.2 ナビゲーションバーのAPI とイベント
 5.6.3 Collapse コントロールの基本
 5.6.4 Collapse コントロールのAPI とイベント
5.7 スクロールと連動したナビゲーション
 5.7.1 ScrollSpyコントロールの基本
 5.7.2 ScrollSpy のAPIとイベント
 5.7.3 Affixコントロールの基本
 5.7.4 Affixコントロールのイベント
5.8 カルーセル
 5.8.1 カルーセルの基本
 5.8.2 カルーセルのAPI とイベント
5.9 まとめ
AppendixA Bootstrap3をカスタマイズする

A.1 Bootstrap3をカスタマイズする方法
 A.1.1 カスタマイズする3 種類の方法
A.2 カスタマイズページでカスタマイズする
 A.2.1 カスタマイズされたBootstrap3を作る
 A.2.2 カスタマイズの具体例
A.3 less を使ってカスタマイズする
 A.3.1 ビルド環境を整える
 A.3.2 ビルドする
 A.3.3 新しい色のボタンを作る例

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連商品

コンピュータアーキテクチャのエッセンス[第2版]

販売価格:4,620円(税込)

2020.10.14発売

パパッと出せる和年賀状2021

販売価格:605円(税込)

2020.10.08発売

おすすめ特集

今月のクーポン

翔泳社の通販SEshopなら全品送料無料、ポイント還元、さらに毎月更新の割引クーポンでお得!

デジタルマーケティング本特集

Webマーケティング、データ分析、ECなど、デジタルマーケティングに関するおすすめ書籍をご紹介。

アジャイル・スクラム関連本特集

アジャイル・スクラム入門書からプロフェッショナル向け開発書、チームマネジメント論まで。

Python特集

【今からはじめるPython特集】おすすめ本を入門~上級までレベル別にご紹介!

ITインフラ関連本特集

ネットワーク/サーバー/セキュリティを学ぶなら読んでおきたいおすすめの書籍。

Web制作関連本特集

HTML/CSS、JavaScript、UI/UX、デザインまで。Web制作・フロントエンド開発に役立つ本。

特集をもっと見る