ECzine 年間定期購読 (年4回刊行)

翔泳社(出版社) , ECzine編集部(編)

商品番号
ECZMSUB
販売状態
発売中
納品形態
ゆうメール にてお届け
お申込み時点での最新号から発送開始
判型
A4
ページ数
76
キーワード
年間定期購読  ECzine

販売価格:¥22,000(税込)

送料無料 在庫あり

更新の方はこちら
ほしい物リストに追加

こちらのプランでは、電子版・プレミアム記事を同時に複数名で利用することはできません。
法人内での共同利用には、本商品に追加して『[追加オプション]ECzine 年間定期購読【電子版/同時10アクセス分】』をご検討ください。
なお、雑誌の付かない電子版のみの『ECzine 年間定期購読【電子版/同時10アクセス分】』もございます。


2021年9月25日刊行 2021年秋号(vol.18)
巻頭特集「Cross over, Enthuse fans! ~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手~」

店舗のありかたに変化が生じ、ECの存在感が増す昨今。とくに、これまで店舗を主軸にビジネスを展開してきたアパレル企業・ブランドやそこで働くスタッフは、既存の業務の枠組みやチャネルを超えた顧客との関係構築が求められています。どこからでも情報を得ることができ、どこで買っても接客サービスを受けることができて不自由がないそんな環境を提供するには、デジタル活用が欠かせません。そして、ニューノーマルな暮らしの中で生まれるアウトドア、スポーツへの需要や「好き」を軸とした熱狂的なつながりも、今後のヒントとなり得るでしょう。アパレル・スポーツ・アウトドア。これらの商材が持つ可能性を存分に活かして前進する各社の取り組みや、既存の枠組みを改革するための考えかたをお伝えします。

Chapter 1 Cross over, Enthuse fans! ~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手~

  1. 共感の輪をつなげコミュニティーに ユナイテッドアローズのDX推進/株式会社ユナイテッドアローズ 藤原義昭さん
  2. 顧客と現場の声から見出す最適解 手探りで垣根を越えるオンワード樫山/株式会社オンワード樫山 前川真哉さん
  3. ワークウェアにも機能性を ミズノが作業着にもたらす変革とは/ミズノ株式会社 香山信哉さん
  4. コールマンの新プロジェクト「MFYR」 変化への適応と自然との共生を語る/コールマン ジャパン株式会社 根本昌幸さん
  5. 「EC×店舗」でAOKIが目指す ぬくもりが伝わる購買体験/株式会社AOKI 林亮介さん
  6. ブランドを輝かせるのは人間の仕事 今こそ“アパレル業界改革計画”を/株式会社エムズ商品計画 佐藤正臣さん

grams艸谷と探る デジタル接客の可能性と未来


海外カンファレンス ア・ラ・カルト


Chapter 2 EC事業者のための【定点観測】[2021年秋号版]

  • [Google] リワイア 岡田吉弘さん
  • [分析] プリンシプル 村松沙和子さん
  • [運用型広告] アナグラム 田中広樹さん
  • [ソーシャルメディア] アライドアーキテクツ 藤田和重さん
  • [LINE] LINE 各サービスPR担当の皆さん
  • [動画] エッジ 久保田洋平さん
  • [アプリ] ヤプリ 金子洋平さん
  • [CRM] プラスアルファ・コンサルティング 山崎雄司さん
  • [オムニチャネル] CaTラボ 逸見光次郎さん
  • [モール] いつも 羽田野沙綾さん
  • [ECシステム] フラクタ 河野貴伸さん
  • [物流] オープンロジ 伊藤秀嗣さん
  • [越境EC] 世界へボカン 徳田祐希さん

Chapter 3 ECzine読者が選んだ注目記事をピックアップ[2021年5月~2021年7月版]


世界の商人~現代営業マンの時空旅行記~ 徳永サトシ


本商品のご購入でご利用いただけるサービス

季節に一度、EC業界の重要ポイントをまとめてお届け!

年に4回、EC業界の重要ポイントだけを、一冊の雑誌としてまとめてお届けする『季刊ECzine』。
ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、3ヶ月毎にEC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントが満載です。

『季刊ECzine』電子版が読める

ご購読の『季刊ECzine』誌面をウェブでも閲覧いただけます。手元に雑誌がない時にも誌面を読むことができ、最新の情報収集をより効率的に行っていただけます。

『季刊ECzine』電子版はこちら >>


限定コンテンツがウェブで見放題

巻頭特集や定点観測など、誌面掲載の記事(一部)をウェブでも購読者限定でご覧いただけます。最新号だけでなく、過去の記事もお読みいただけます。

限定コンテンツ(プレミアム記事)はこちら >>


ECzine Academy 20%オフ

ECzine編集部が企画する講座をあつめた学校「ECzine Academy(イーシージン アカデミー)」を20%オフでご利用いただけます。自社ECのプロフェッショナル育成の場として、ぜひご活用ください。

開催予定の講座はこちら >>



編集長ごあいさつ

ECzine編集部 編集長 倭田 須美恵
こんにちは、ECzine編集長のワダです。いつもECzineをご愛読いただき、ありがとうございます。日々、ECzineを運営できるのも、熱心な読者の方がいてくださるおかげです。この場を借りて、感謝申し上げます。
もっと濃い情報が欲しい、ECビジネスにかかわる人間としてスキルアップしたい!という方のために、定期購読誌 季刊『ECzine』のサービスを始めることにしました。ウェブ版『ECzine』で学んできたことを、濃縮還元してお届けするサービスです。少しでも、お忙しい読者の皆様のお役に立てれば幸いです。よろしくお願いいたします。


ご利用案内

お申込み前に必ずご確認ください。

お申込み・発送について

『季刊ECzine』は、6月25日、9月25日、12月25日、3月25日の年4回発行です。
年間定期購読は、お申込み時点での最新号より発送を開始いたします。
※ 発行日は、日曜・祝祭日などで変更になる場合がございます。
※ 発送から2~3日でお届け予定でございます。
※ ポスト投函方式ですので、郵便受けの投入口のサイズにご注意ください。(誌面サイズ : 縦 28cm/横 21cm/厚さ 約1.3cm)

定期購読料とお支払い方法

年間定期購読料は22,000円(税込)です。 ※精算単価は6,600円(税込)です。
一括前払いとなります。お支払方法は、下記のいずれかをお選びください。

  • クレジットカード:初回号発送のタイミングで決済処理を行います。
  • 銀行振込:原則ご注文から10営業日以内のお振込みをお願いしております。
    ご請求書が必要な場合は、ご注文の際に「請求書希望欄」にチェックを入れてください。
    法人のお客様で、10営業日以内のお振込みが難しい場合や、後払いをご希望の方は、お問い合わせフォームからご連絡ください。その際、御社のお支払ターム(月末締め、翌月末払いなど)を合わせてお知らせください。

領収書の発行について

領収書は、SEshopの会員メニュー画面から、出力することが可能です。
出力方法の詳細は、「請求書、領収書の発行」ページでご確認ください。
なお、初回号の発送から1か月以上経っている場合、あるいは、ゲスト購入の場合は、領収書の宛名・送付先をご明記の上、お問い合わせフォームからご連絡ください。

提供サービスのご利用方法、ご利用期間について

・各サービスは初回号発送後から、ご購読期間中ご利用いただけます。
・電子版の閲覧は、ご購読期間中のみ可能です。
・同時アクセスは1アクセスに限ります。

キャンセル・途中解約について

初回号の発送前までは、ご注文をキャンセルすることができます。
ご購読開始後に、お客様のご都合により途中解約された場合、送付済み分を精算単価6,600円(税込)にて精算いたします。
 ※消費税については、納品日ではなくご注文日をベースに計算いたします。
 22,000円-(精算単価6,600円×送付済み分)=返金額(残金があれば)

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連商品

ECzine 年間定期購読 デジタル接客基礎講座 セット

販売価格:56,980円(税込)

2021.09.16発売

MarkeZine 年間定期購読【電子版/同時10アクセス分】

販売価格:165,000円(税込)

2020.10.26発売

おすすめ特集

ベンダー資格 試験対策本特集

ベンダー資格に関する書籍を試験ごとに紹介!ベンダー資格試験対策本特集

Linuxおすすめ本特集

【Linux本特集】入門~達人レベルまで!クラウド時代の必須知識Linuxを学ぶおすすめの本

Web制作関連本特集

HTML/CSS、JavaScript、UI/UX、デザインまで。Web制作・フロントエンド開発に役立つ本。

マネジメント・リーダーシップ特集

人材育成やチームビルディング、プロダクトマネジメントや業務改善など、組織を目標達成に導く書籍

プログラミング本特集

翔泳社のプログラミング書籍の中から、入門・初級者向けの書籍をピックアップ!

ゲームプログラミング・ゲーム制作関連本

趣味で始めてみたい方や、ゲームプログラマー・ゲームデザイナーにもおすすめ!ゲーム制作おすすめ本

特集をもっと見る