高校生が教わる「情報社会」の授業が3時間でわかる本 大人も知っておくべき“新しい”社会の基礎知識 新発売

翔泳社(出版社) , 沼晃介(著)

商品番号
152620
販売状態
新発売
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2017年11月16日
ISBN
9784798152622
判型
B5
ページ数
144
キーワード
プログラミング  セキュリティ  コミュニケーション  新人教育

販売価格:¥1,598(税込)

送料無料 在庫あり

本体価格の10%をポイント還元(会員限定)

電子書籍を見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ほしい物リストに追加

高校必修の教科書から
ITと社会の関係を学ぼう!

【「情報社会」を学んでおくと……】
・情報格差の負け組にならない
・ITスキルを習得しやすくなる
・ネットトラブルの注意点と対策がわかる
・新しいテクノロジーを理解しやすくなる
・子供の素朴なギモンに答えられる

【内容紹介】
高校では、2013年から「社会と情報」と
「情報の科学」の授業が行われています。
(どちらか1科目を選択)

これらの授業では、社会と情報技術の結びつき、
つまりIT社会の基礎知識を学ぶことができます。

しかし、現在の大人のほとんどは、
この授業を受けたことがありません。

社会やビジネスにおいて、今まさに
激動の時代に直面している大人こそ、
IT社会の基礎知識が必要です。

そこで本書では、より入門的な
「社会と情報」の教科書で扱われている内容をベースに、
大人向けにポイントを絞って解説します。

【目次】
〈第1章〉知っておくべき「システム」のしくみ
〈第2章〉知っておくべき「コミュニケーション」のしくみ
〈第3章〉知っておくべき「情報活用」のしくみ
〈第4章〉知っておくべき「通信」のしくみ
〈第5章〉知っておくべき「セキュリティ」のしくみ
〈第6章〉知っておくべき「最新テクノロジー」のしくみ

〈第1章〉知っておくべき「システム」のしくみ
〈第2章〉知っておくべき「コミュニケーション」のしくみ
〈第3章〉知っておくべき「情報活用」のしくみ
〈第4章〉知っておくべき「通信」のしくみ
〈第5章〉知っておくべき「セキュリティ」のしくみ
〈第6章〉知っておくべき「最新テクノロジー」のしくみ

書籍のサンプルなどのダウンロードは、翔泳社サイトへ移動いたしました。
ダウンロード

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連商品

独習C 新版

販売価格:3,240円(税込)

2018.02.16発売

Effective SQL

販売価格:3,780円(税込)

2017.12.20発売