【POD】紛争事例に学ぶ、ITユーザの心得【契約・費用・法律編】

翔泳社(出版社) , 細川 義洋(著)

商品番号
154360
販売状態
発売中
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2017年09月15日
ISBN
9784798154367
判型
B5
ページ数
138
キーワード
プロジェクトマネジメント  システム開発  翔泳社デジタルファースト  POD(オンデマンド印刷)  IT訴訟

販売価格:¥2,200(税込)

ポイント:200pt (10%)
詳細はこちら

送料無料 お取り寄せ品

ほしい物リストに追加

どうして、こんなに多くのプロジェクトが失敗してしまうのか―本書は、約10年間、東京地方裁判所でIT紛争を担当する民事調停委員を務めてきた著者が、その紛争事例を元にIT導入の際に、のちのち争点になる要因をいかにクリアにしていくかを解説していきます。法的な紛争にまで達してしまったITトラブル事例を反面教師としながら、IT導入成功のポイントや工夫、あるいはそこにおけるユーザの責任を考えていきます。「“ベンダとユーザの協業”とはどんなことなのか」「ユーザはIT 導入においてどんな責任を持ち、何をすべきなのか」「ベンダはユーザに何を教え、リードすべきなのか」。IT導入のユーザの方々だけでなく、ベンダ側の方々にも読んでいただき、本書を繰り返し読みながら、IT導入プロジェクトを成功に導いてください。

 

翔泳社デジタルファースト(SDF)について

「翔泳社デジタルファースト」は、お客様が注文してから印刷するPOD(オンデマンド印刷)を利用したシリーズです。他では入手できないオリジナルコンテンツを、POD形式でより速く、より手軽に読んでいただくことができます。

SEshopでは、ある程度在庫をご用意しておりますが、在庫状況によりましては、ご注文いただいてから印刷いたしますので、出荷までにお時間がかかる場合がございます。あらかじめご了承ください。

まえがき
第1章 要件変更と追加費用
第2章 ベンダが勝手に機能を追加した!
第3章 正式契約なく着手し頓挫した開発費用は精算されるか
第4章 契約せずに範囲外の機能追加。ユーザは費用を負担すべき?
第5章 追加見積もりに合意していない作業に支払いの義務はあるか?
第6章 提案書は正式な契約の代わりになるか?
第7章 基本契約だけで作業をしたベンダに費用を支払うべきか?
第8章 正式契約を渋り続けたユーザと我慢できなかったベンダ
第9章 正式契約前に頓挫した開発の費用を巡って
第10章 正式契約前に頓挫した開発の費用を巡って(続編)
第11章 ITユーザが情報漏えいに備えてやっておくべきこと(前編)
第12章 ITユーザが情報漏えいに備えてやっておくべきこと(中編)
第13章 ITユーザが情報漏えいに備えてやっておくべきこと(後編)
第14章 ソフトウェアの著作権は誰のものか(1)
第15章 ソフトウェアの著作権は誰のものか(2)
第16章 ソフトウェアの著作権は誰のものか(3)
第17章 民法改正で変わるITの請負開発
第18章 民法改正で準委任契約も変わる
第19章 民法改正で変わる瑕疵担保責任の考え方
解説:山本一郎『契約って、常に揉めるんですよ。』
各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連商品

【POD】読めばわかる!情シス入門

販売価格:2,200円(税込)

2020.01.10発売

おすすめ特集

今月のクーポン

翔泳社の通販SEshopなら全品送料無料、ポイント還元、さらに毎月更新の割引クーポンでお得!

アジャイル・スクラム関連本特集

アジャイル・スクラム入門書からプロフェッショナル向け開発書、チームマネジメント論まで。

Python特集

【今からはじめるPython特集】おすすめ本を入門~上級までレベル別にご紹介!

ビジネススキルの本

ビジネスマナー、仕事術を身に付けるならこの一冊!おすすめビジネススキルの本。

アルゴリズムと数学の本

プログラマ脳を鍛える!エンジニアが読むべきアルゴリズムと数学の本特集。

マネー本特集

お金と経済の基礎知識から、資産形成・投資術、お金教育や介護まで。暮らしに役立つマネー本特集。

特集をもっと見る