ハーバード流 マネジメント講座 90日で成果を出すリーダー【PDF版】

伊豆原 弓(翻訳) , 伊豆原 弓(原著) , Michael Watkins(著)

商品番号
137280
販売状態
発売中
納品形態
会員メニューよりダウンロード
発売日
2017年10月12日
ISBN
9784798137285
データサイズ
約4.0MB
制限事項
印刷不可・テキストのコピー不可
キーワード
電子書籍【PDF版】  ハーバード・ビジネス・セレクション  リーダーシップ

販売価格:¥2,200(税込)

ポイント:200pt (10%)
詳細はこちら

送料無料 在庫あり

紙の書籍を見る
ほしい物リストに追加
  • 本製品は電子書籍【PDF版】です。
  • ご購入いただいたPDFには、購入者のメールアドレス、および翔泳社独自の著作権情報が埋め込まれます。
    PDFに埋め込まれるメールアドレスは、ご注文時にログインいただいたアドレスとなります。
    Amazon Payでのお支払いの場合はAmazonアカウントのメールアドレスが埋め込まれます。
  • 本製品を無断で複製、転載、譲渡、共有および販売を行った場合、法律により罰せられる可能性がございます。
  • ご購入の前に必ずこちらをお読みください。

世界的なベストセラー10周年記念版が邦訳で登場

ハーバード・ビジネススクール流「リーダーの教科書」、読んで、考えて、手を動かして身につける90日のロードマップです。本書は、昇進した管理職のために、最初の90日を乗り切るロードマップを示す。最初の90日(移行期)は新任リーダーにとって、非常に重要な時期です。あらゆるレベルの管理職に役立つ、より柔軟なフレームワークを示しながら、上司との関係、部下の評価、組織戦略などを掘り下げていきます。90日という期間で管理職(リーダー)が何をするべきなのか、実践的かつ体系的に学べる一冊です。

PDF版のご利用方法

  1. ご購入後、SEshopにログインし、会員メニューに進みます。
  2. ご購入電子書籍およびデータ > [ご購入電子書籍およびダウンロードデータ一覧]をクリックします。
  3. 購入済みの電子書籍のタイトルが表示されますので、リンクをクリックしてダウンロードしてください。
  4. PDF形式のファイルを、お好きな場所に保存してください。
  5. 端末の種類を問わず、ご利用いただけます。

はじめに 最初の90日

キャリア移行能力を身につける
ブレイクイーブンポイントに達する
移行の落とし穴にはまらない
流れをつくる
基本原則を理解する
移行リスクを評価する
最初の90日を計画する
早速はじめよう

第1章 準備をととのえる

昇進する
新しい会社に溶け込む
コラム 文化規範を見きわめる
準備をととのえる
まとめ
チェックリスト

第2章 効率よく学ぶには

学習の障害を克服する
学習を投資プロセスと考える
学習課題を決める
コラム 過去に関する質問
コラム 現在に関する質問
コラム 未来に関する質問
知識を得るために最高の情報源を見きわめる
構造化学習法を取り入れる
コラム 新任リーダーの同化
学習計画の作成
コラム 学習計画のテンプレート
支援を得る
まとめ
チェックリスト

第3章 状況に合った戦略を立てる

STARSモデルを使う
STARSポートフォリオを診断する
変革を主導する
自己管理
成功に報いる
まとめ
チェックリスト

第4章 上司を成功条件を交渉する

基本的なことに注意する
5つの会話を計画する
組織の状況についての会話を計画する
上司の期待についての会話を計画する
資源についての会話を計画する
仕事のスタイルについての会話を計画する
自己啓発についての会話を計画する
複数の上司と協力する
離れて働く
まとめー90日計画を交渉する
チームと5つの会話を計画する
コラム 移行の黄金律
チェックリスト

第5章 初期の成果をあてる

波をつくる
目標から始める
基本原則を使う
初期の成果を見きわめる
コラム かつての同僚の上司になる
変革を主導する
予測可能な不意打ちは避ける
チェックリスト

第6章 組織のバランスをととのえる

落とし穴にはまらない
組織構造を設計する
アンバランスを診断する
さあ、漕ぎだそう
戦略的方向性を定義する
コラム SWOTからTOWSへ
グループの構造を形成する
コアプロセスのバランスをとる
グループのスキルベースを開発する
文化を変えるために構造を変える
バランスをとってみよう
チェックリスト

第7章 理想のチームをつくる

落とし穴にはまらない
チームを評価する
チームを進化させる
チームのバランスをとる
コラム インセンティブの方程式
コラム オフサイト・ミーティグ計画のチェックリスト
チーム主導する
チームを始動させる
チェックリスト

第8章 味方の輪をつくる

影響力の目標を定める
影響力の全体を把握する
重要人物を理解する
相手を動かす戦略を立てる
まとめ
チェックリスト

第9章 自己管理の意味を考える

現状を検討する
コラム 構造的内省のガイドライン
自己管理の3本の柱を理解する
軌道を外れないために
チェックリスト

第10章 組織全体の移行を速める

重要な移行を特定する
失敗が決定づけられているケースを特定する
既存の移行支援を診断する
共通の核となるモデルを採用する
タイムリーに支援する
構造化プロセスを使う
移行のタイプに合わせて支援する
リーダーの階層に合わせて支援する
コラム 移行コーチングと開発コーチング
役割をはっきりさせインセンティブのバランスをとる
ほかの人材管理システムと統合する
まとめ
チェックリスト

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

感想・レビュー

5 よういち さん

2018-11-11

新任の管理職や、配転した管理職向けではあるが、既存の管理職といえど本書から学ぶべきことは多いと思う。大事なのは最初の90日で何をすべきか。適切に行動し、流れを変える。そのために必要な指南を懇切丁寧に記している。◆何が必要か、何が課題かを考える◆置かれた状況を把握し、戦略を立てる◆新しい上司と積極的かつ継続的に対話し、生産的な関係を築く◆最初の30日で信頼を得、プロジェクトを起こす◆組織構造の4要素(戦略的方向性、構造、コアプロセス、スキルベース)を分析し、バランスをとる◆メンバーを評価し、適材配置する

abekinu さん

2017-03-18

上司の上司に薦められ読んだ本。ピープルマネージャー、特に新しくピープルマネージャーになった人への指南書といったところか。 タイトルだけを見ると90日で明らかな成果を出さなければならないという内容かと思っていたがそうではない。置かれた組織のフェーズによってやり方を変えなければならない。場合によっては90日経っても誰もがわかる明らかな成果が出ない時もある。ただ、90日としているのは自分がすべきことのタイムラインを設定して取り組む、という意識付けなのだと思った。

T.A.K.A さん

2019-06-09

ハウツー本は好きではない。ましてや、ハーバード系は尚更だ。セオリーや論理を振り回している感じがするからだろう。一言で言い表すならば、よく纏められているし、理解しやすい。内部か外部にかかわらず、昇進した場合に考えるべき点が纏められている。昇進した直後は、戸惑うことも多く、多くのことを考える必要があり、焦る。そんな時に、頭の中を整理する、気持ちを落ち着かせる事が出来る本じゃないかと思う。いわゆる仕事の出来る人達は、書かれている事をやってのける。が、頭で理解できても、行動に起こす事は本当に難しい。

関連商品

おすすめ特集

プログラミング本特集

翔泳社のプログラミング書籍の中から、入門・初級者向けの書籍をピックアップ!

アジャイル・スクラム関連本特集

アジャイル・スクラム入門書からプロフェッショナル向け開発書、チームマネジメント論まで

情報処理教科書シリーズ

情報処理技術者試験におすすめの参考書「EXAMPRESS 情報処理教科書シリーズ」で最短合格!

マネジメント・リーダーシップ特集

人材育成やチームビルディング、プロダクトマネジメントや業務改善など、組織を目標達成に導く書籍

デジタルマーケティング本特集

Webマーケティング、データ分析、ECなど、デジタルマーケティングに関するおすすめ書籍をご紹介

翔泳社のセミナー・講座

開発・ビジネス・マーケティング・EC運営・営業支援など、幅広いジャンルの講座を開催

特集をもっと見る