なぜ?がわかるデータベース 新発売

翔泳社(出版社) , 小笠原種高(著)

商品番号
156540
販売状態
新発売
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2018年12月05日
ISBN
9784798156545
判型
A5
ページ数
256
キーワード
プログラミング  データベース  SQL  アプリ開発

販売価格:¥2,138(税込)

送料無料 在庫あり

本体価格の20%をポイント還元(会員限定)

電子書籍を見る
ほしい物リストに追加

ずっと役立つ基礎力をつける!
新人プログラマが知っておきたい、リレーショナルDBのなぜ?を徹底解説。

この本は、新人プログラマがデータベース全般の基礎的な知識について学ぶための、
まず最初の一冊です。

データベースをなんとなく使うことはできても、
そもそも、データって何?データベースの中では何が起きているの?
……意外と理解できている人は少ないかもしれません。
本書では、とりわけリレーショナルデータベースの構造について、
やさしく掘り下げて解説しました。
特定のDBMS製品やSQL構文についての解説は少なめです。

そもそも、なぜ表形式なのか?、Excelとはどう違うのか?
プログラムやDBMSとの関係は?といった素朴な疑問から、
SQLを使ったデータの出し入れの基本的な考え方、
データを守るために適用される様々なルール、より便利に使うテクニック、
DB設計とDBシステム開発の流れまで、豊富なイラストでわかりやすく説明します。

本書を読むことで、データベースを使ったアプリケーション開発の骨格を理解し、
その全体像を掴むことができます。
特定の製品や言語に依らない、エンジニアとして仕事をする上で
ずっと役立つ普遍的な知識が身につくでしょう。

【対象読者】
・これからデータベースを勉強したい新人プログラマ、アプリ開発者
・なんとなくSQLを使っている人
・データベースを使ったアプリ開発の全体を掴みたい人

Part1 データベースの基本

Chapter1 データベースって何だろう?―身の回りのデータとデータベース
 1-1 データベースって何?
 1-2 データベースの構造とその種類
 1-3 データベースをどう使うのか

Chapter2 リレーショナルデータベースを知ろう―リレーショナルデータベースの特徴と構造
 2-1 リレーショナルデータベースの特徴
 2-2 リレーショナルデータベースの関係性と拡張性
 2-3 プログラム・非リレーショナル型との違い
 2-4 リレーショナルデータベースの構造
 2-5 データの置き場所を整えよう
 2-6 データの繰り返しと重複を防ぐ

Chapter3 データベースを操作してみよう1―データの集計と検索・操作
 3-1 データベースに対してできること
 3-2 データベースからの取り出し方
 3-3 テーブルを組み合わせて取り出す
 3-4 演算して取り出す

Chapter4 データベースを操作してみよう2―データを守る技術と便利な技術
 4-1 データを守るための仕組み
 4-2 データ型と制約
 4-3 トランザクション処理
 4-4 ロックとデッドロック
 4-5 データベースを扱う技術
 4-6 インデックス
 4-7 ビュー
 4-8 ストアドプロシージャ
 4-9 トリガー

Part2 データベースの応用

Chapter5 データベース設計の流れを見よう―設計とスキーマ
 5-1 データベースシステムとは
 5-2 システム開発の流れ
 5-3 データベース設計とは
 5-4 データベース設計の流れ
 5-5 ER図
 5-6 データベース設計で初心者が覚えておくこと

Chapter6 データベースを作ってみよう―インストールから稼働まで
 6-1 データベースサーバ
 6-2 データベースの操作
 6-3 データベースの実装
 6-4 ユーザアカウント管理
 6-5 ドライバとライブラリ

Chapter7 データベースを運用しよう―バックアップ・保守運用
 7-1 データベース運用で気を付けること
 7-2 正しく稼働させる
 7-3 安全に稼働させる
 7-4 稼働し続ける

Chapter8 データベースを使おう―データベースアプリケーションの仕組み
 8-1 データベースシステムを作るには
 8-2 身近なアプリケーションとデータベースの関係

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連商品

OAuth徹底入門

販売価格:4,536円(税込)

2019.01.30発売

Pythonで動かして学ぶ 自然言語処理入門

販売価格:3,456円(税込)

2019.01.23発売