Get! CompTIA Network+ ネットワークエンジニアの必修科目(試験番号:N10-007)

翔泳社(出版社) , 阪西敏治(著) , (株)ウチダ人材開発センタ(著)

商品番号
260400
販売状態
発売中
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2019年02月04日
ISBN
9784798160405
判型
B5
ページ数
304
キーワード
資格試験  ネットワーク  エンジニア

販売価格:¥4,400(税込)

ポイント:400pt (10%)
詳細はこちら

送料無料 在庫あり

ほしい物リストに追加

CompTIA認定資格は1993年の実施以来、全世界で200万人以上に取得されている、
信頼性の高いベンダーニュートラルな国際IT資格です。技術知識やスキルだけでなく、
実際のIT業務の現場で必要となる「状況判断」や「現場対応」など、
問題解決のための「実務能力」を問われる点が大きな特徴です。

日本国内におけるネットワーク人材の慢性的な不足が大きな社会問題となっている今、
人材の育成は企業、教育機関における必須のテーマとなっています。

本書はネットワークに関する総合スキルを評価する「CompTIA Network+」の
受験対策書です。執筆はCompTIA資格試験を知り尽くした著者が担当。
試験範囲をもれなくカバーしつつ、わかりやすい解説と章末のチェック問題により、
ネットワークの基礎知識から実践的なスキル習得までを身につけることができます。

発行:(株)ウチダ人材開発センタ

第1章 ネットワーキングの概念
1.1 OSI参照モデルとは
1.2 ポートとプロトコルの目的と利用
1.3 ルーティングとスイッチングの概念と特徴
1.4 ネットワークトポロジー、種類、テクノロジーの特徴
1.5 ワイヤレステクノロジーの構成と特徴
1.6 クラウドの概念と目的
1.7 ネットワークサービスの機能

第2章 インフラストラクチャ
2.1 適切な配線ソリューション
2.2 適切なネットワーク機器の配置、設置、構成
2.3 高度なネットワーク機器の目的と利用事例
2.4 仮想化とネットワークテクノロジー
2.5 WANテクノロジーの比較

第3章 ネットワークオペレーション
3.1 ネットワーク管理のための適切な文書と図面
3.2 事業継続と災害復旧の概念
3.3 スキャン、モニター、パッチプロセス
3.4 適切なリモートアクセス方式の使用
3.5 ポリシーとベストプラクティスの特定

第4章 ネットワークセキュリティ
4.1 物理的セキュリティデバイスの目的
4.2 認証とアクセスコントロール
4.3 ワイヤレスネットワークへのセキュアな接続
4.4 一般的なネットワーク攻撃
4.5 ネットワーク機器のハードニング
4.6 一般的な緩和方法の目的

第5章 ネットワークのトラブルシューティングとツール
5.1 ネットワークのトラブルシューティングの手法
5.2 適切なツールの利用
5.3 有線ネットワークの接続とパフォーマンスの問題
5.4 ワイヤレスネットワークの接続とパフォーマンスの問題
5.5 ネットワークサービスの一般的な問題

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連商品

図解まるわかり プログラミングのしくみ

販売価格:1,848円(税込)

2020.07.08発売

Linux教科書 LinuCレベル1 Version 10.0対応

販売価格:4,180円(税込)

2020.06.23発売

おすすめ特集

今月のクーポン

翔泳社の通販SEshopなら全品送料無料、ポイント還元、さらに毎月更新の割引クーポンでお得!

ITインフラ関連本特集

ネットワーク/サーバー/セキュリティを学ぶなら読んでおきたいおすすめの書籍。

Python特集

【今からはじめるPython特集】おすすめ本を入門~上級までレベル別にご紹介!

Web制作関連本特集

HTML/CSS、JavaScript、UI/UX、デザインまで。Web制作・フロントエンド開発に役立つ本。

注目のプログラミング教育本

2020年度から小学校で必修化!話題のプログラミング教育の本はこちら。

「みんなの日記」シリーズ特集

いつもの家事、暮らし。少し変えるだけで、もっと楽しくなる!「みんなの日記」シリーズ特集。

特集をもっと見る