デフレーミング戦略 アフター・プラットフォーム時代のデジタル経済の原則【PDF版】

翔泳社(出版社) , 高木聡一郎(著)

商品番号
163480
販売状態
発売中
納品形態
会員メニューよりダウンロード
発売日
2019年07月16日
ISBN
9784798163482
データサイズ
約12.7MB
制限事項
印刷不可・テキストのコピー不可
キーワード
経営  API  セキュリティ  イノベーション  電子書籍【PDF版】  ビジネスモデル

販売価格:¥2,200(税込)

ポイント:1,000pt (50%)
詳細はこちら

送料無料 在庫あり

[重要] 消費税率の変更について

紙の書籍を見る
ほしい物リストに追加
  • 本製品は電子書籍【PDF版】です。
  • ご購入いただいたPDFには、購入者のメールアドレス、および翔泳社独自の著作権情報が埋め込まれます。
    PDFに埋め込まれるメールアドレスは、ご注文時にログインいただいたアドレスとなります。
    Amazon Payでのお支払いの場合はAmazonアカウントのメールアドレスが埋め込まれます。
  • 本製品を無断で複製、転載、譲渡、共有および販売を行った場合、法律により罰せられる可能性がございます。
  • ご購入の前に必ずこちらをお読みください。

本書の目的は、「デフレーミング」という概念でデジタル化がビジネスや経済に与える本質的な影響を明らかにすることです。

「デフレーミング」とは、枠(フレーム)が崩壊するという意味の造語。デジタル技術が社会経済に与える影響を理解するための共通的なフレームワークとして、ビジネスモデル、企業のビジネス戦略から、私たちの働き方、キャリア設計、学び方にいたるまで、あらゆる変化をとらえる鍵となります。

デフレーミング戦略とは、伝統的な製品、サービス、組織などの「枠」を越えて、それらの内部要素をデジタル技術で組み直すことで、ユーザーにより最適化されたサービスを提供できるようにすること。従来の「サービス」や「組織」といった「枠」がなくなる時代に、万人に受けるパッケージ化されたものから、ユーザーに個別最適化されたものに転換させ、企業という枠で仕事を受発注するのではなく、個人のスキルやリソースを個別に特定して取引するビジネスの考え方です。

本書では、その様々な現象や事例を通じて、今後のビジネスやサービスの変化を考察するとともに、近年クローズアップされている「デジタル・トランスフォーメーション」(DX)についても、それが社会に与える深い影響を、明らかにします。

【本書に出てくるトピック、キーワード】
・デフレーミングというフレームワーク
・デジタルトランスフォーメーション
・GAFAの今後の展開
・中国 アリババ、テンセント、Line,WeChat、インスタグラム、美団、ZOZO
・個人の信用経済と決済、電子マネー
・プライバシー問題
など

PDF版のご利用方法

  1. ご購入後、SEshopにログインし、会員メニューに進みます。
  2. ご購入電子書籍およびデータ > [ご購入電子書籍およびダウンロードデータ一覧]をクリックします。
  3. 購入済みの電子書籍のタイトルが表示されますので、リンクをクリックしてダウンロードしてください。
  4. PDF形式のファイルを、お好きな場所に保存してください。
  5. 端末の種類を問わず、ご利用いただけます。

◆第一部 デフレーミング戦略とは何か

第1章 「画一性による規模の経済」の終焉
 デフレーミングの定義と3つの要素
 「分解と組み換え」によるサービスの再定義
 「個別最適化」とスケールの両立
 「個人化」するサービス主体
 テクノロジー進化が生み出す資源配分の効率化
 デフレーミングは21世紀を生き抜く基本的な戦略

第2章 デフレーミングのメカニズム
 階層型組織の終わりのはじまり
 なぜ企業組織が存在するのか
 組織形態を規定する取引コスト理論
 互助機構としての企業
 成熟した組織がもたらすデメリット
 テクノロジーによる取引コストの劇的な削減
 インターネットによる個人のエンパワーメント
 プラットフォーム革命による組織の解体
 サービスの分解とデジタルによる再構築
 新個人経営時代と「神の見えざる手」の復権

◆第二部 デフレーミングのプロセス

第3章 分解と組み換え
 急成長する中国のITサービスとデフレーミング
 決済手段から芝麻信用への展開
 デフレーミングによる産業構造の組み換え
 デジタルファーストによる個別要素の再構成
 「範囲の経済」に基づく成長戦略
 インスタグラムによるソーシャルコマースへの展開
 デリバリープラットフォーム「美団」のデフレーミング
 分解と組み換えに伴う役割の変化
 APIエコノミーで実現するシームレスなサービス
 電力の識別がもたらすエネルギーのデフレーミング
 技術的フロンティアは自律的なサブシステムの連携
 デジタルツインを実現するオープンネットワーク
 どのように業務を分解すればよいのか
 「分解と組み換え」はビジネスモデルの基本戦略

第4章 個別最適化
 ニーズを大雑把に見てはいけない
 サービス化とは個別最適化である
 スケールメリットか脱コモディティか
 情報サービスのパーソナライゼーション
 製造業のマス・カスタマイゼーション
 プラットフォームによるバラエティの実現
 本当に必要なものならコストがかかってもよい
 ハードウェアも個別最適の時代
 センサー技術でインフラを個別最適化する
 地域活性化のデフレーミング
 ユーロにみる単一通貨と全体最適の問題点
 個別最適化の限界

第5章 個人化
 現代のビジネスの資源を持っているのは「個人」
 シェアリング・エコノミーは個人化の典型
 米国におけるフリーランスの増加
 プラットフォームがもたらす産業の個人化
 個人によるインフルエンサー・マーケティング
 コワーキングスペースが実現する新しい働き方
 日本でも始まった多様なコワーキングスペースの提供
 これからの産業振興は「個人」に着目する

◆第三部 デフレーミング時代の組織と個人

第6章 デフレーミング時代の「信頼」
 なぜ急成長する企業は「信頼」の問題に取り組んでいるのか
 デジタルな信頼を実現する3つの方法
 クチコミの信用度にも限界
 「信頼のインターネット」としてのブロックチェーン
 ブロックチェーンが提供する信頼とは何か
 トークンエコノミーによる信頼
 ブロックチェーンは階層型組織を不要にするか
 人間の情報処理能力を補完するための信頼の新たな形

第7章 デフレーミング時代の個人の戦略
 超高齢化社会がもたらすキャリアの長期化問題
 「終身雇用」という幻想と課題
 ベーシックインカムは技術的失業への切り札になるか
 デフレーミング時代のキャリアの原則
 インフルエンサーにみる「個性化」の必要性
 デフレーミング時代のリーダーシップ
 学び直しの重要性
 教育もパーソナライズの時代へ
 学び方を学ぶことが教育の最大の目的

第8章 デフレーミングの課題と展望
 プラットフォームの巨大化と寡占問題
 進むプラットフォームの細分化・階層化
 信用情報の集積と個人の主体性
 デフレーミングとプライバシー問題
 孤立化を防ぐコミュニティの重要性
 デフレーミング時代の新たな社会保障の仕組み
 イノベーションのゆりかごとしての「都市」の復権

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連商品

サブスクリプションで売上の壁を超える方法

販売価格:1,760円(税込)

2020.01.23発売

おすすめ特集

今月のクーポン

翔泳社の通販SEshopなら全品送料無料、ポイント還元、さらに毎月更新の割引クーポンでお得!

Web制作関連本特集

HTML/CSS、JavaScript、UI/UX、デザインまで。Web制作・フロントエンド開発に役立つ本。

おすすめイラストの本特集

人気イラストレーター作品集&メイキングブック、コピックテクニック本、デジタル作画参考書や素材集も!

Python特集

【今からはじめるPython特集】おすすめ本を入門~上級までレベル別にご紹介!

SQL/データベース関連本特集

初心者向けの入門書から、達人レベルの専門書まで!SQL/データベース関連おすすめ本特集。

【特集】翔泳社のロングセラービジネス書

初版刊行以来人気を集め続けている翔泳社のロングセラービジネス書をご紹介。

特集をもっと見る