チーム・ジャーニー 逆境を越える、変化に強いチームをつくりあげるまで【PDF版】

市谷 聡啓(著)

商品番号
166110
販売状態
発売中
納品形態
会員メニューよりダウンロード
発売日
2020年02月13日
ISBN
9784798166117
データサイズ
約30.6MB
制限事項
印刷不可・テキストのコピー不可
キーワード
経営  開発  アジャイル  アジャイル&スクラム  電子書籍【PDF版】  コミュニケーション

販売価格:¥2,640(税込)

ポイント:240pt (10%)
詳細はこちら

送料無料 在庫あり

紙の書籍を見る
ほしい物リストに追加
  • 本製品は電子書籍【PDF版】です。
  • ご購入いただいたPDFには、購入者のメールアドレス、および翔泳社独自の著作権情報が埋め込まれます。
    PDFに埋め込まれるメールアドレスは、ご注文時にログインいただいたアドレスとなります。
    Amazon Payでのお支払いの場合はAmazonアカウントのメールアドレスが埋め込まれます。
  • 本製品を無断で複製、転載、譲渡、共有および販売を行った場合、法律により罰せられる可能性がございます。
  • ご購入の前に必ずこちらをお読みください。

「ともに考え、ともにつくる」――スクラムやアジャイルを導入した現場で
直面する開発チーム・マネジメントの問題に立ち向かうすべ、
チームづくりの要点をストーリーで学ぼう!

【本書の特徴】
・現場のストーリーから、考え方とプラクティスを一緒に学べる
・単一チーム、複数チームなど、様々なチーム・マネジメントの問題を扱う
・日本の現場を前提にしているので、実践しやすい
・アジャイルをこれから始める人だけでなく、もっとうまく実践したい人にも最適

【本書に登場するプラクティス】
出発のための3つの問い / 段階の設計 / ドラッカー風エクササイズB面 / 割れ窓理論 /
フォーメーション・パターン / コンウェイの法則 / 越境のデザイン / 重奏型仮説検証 ほか

【あらすじ】
チームによるプロダクトづくりができる環境を求めて
“太秦(うずまさ)”が転職した先は、デベロッパー向けのツールを開発、提供する、
小さなベンチャーだった。しかし会社期待のタスク管理ツールを開発するチームに
配属され、いきなりチームリーダーをつとめることに。
……とうていチームとは呼べない“グループ”(個人活動の集合)の状態から、
本当のチームになれたと思ったのもつかの間、経営陣はタスク管理を含めた
3つのツール統合を発表。太秦はそれらプロダクトの統合を行う開発リーダーを
任されたのであった。

チームとは何か?、チームのファーストとは?、分散チームへの適応など様々な
「単一チームの問題」、複数のプロダクト統合に伴うチーム間の断絶や衝突、
チームが上手く連携できないなど様々な「複数チームの問題」……これらを乗り越え、
太秦たちがたどり着いた「ともに考え、ともにつくる」とは?

PDF版のご利用方法

  1. ご購入後、SEshopにログインし、会員メニューに進みます。
  2. ご購入電子書籍およびデータ > [ご購入電子書籍およびダウンロードデータ一覧]をクリックします。
  3. 購入済みの電子書籍のタイトルが表示されますので、リンクをクリックしてダウンロードしてください。
  4. PDF形式のファイルを、お好きな場所に保存してください。
  5. 端末の種類を問わず、ご利用いただけます。

●第1部 僕らが開発チームになるまで
     ――1チームのジャーニー

□単一チーム 基本編
・第1話 グループでしかないチーム
・第2話 一人ひとりに向き合う
・第3話 少しずつチームになる
・第4話 チームのファーストを変える

□単一チーム 応用編
・第5話 チームをアップデートする
・第6話 分散チームへの適応
・第7話 チームの共通理解を深める
・第8話 一人の人間のようなチーム

●第2部 僕らがプロダクトチームになるまで
     ――複数チームによるジャーニー

□複数チーム 基本編
・第9話 塹壕の中のプロダクトチーム
・第10話 チーム同士で向き合う
・第11話 チームの間の境界を正す
・第12話 チームの境界を越えてチームをつくる

□複数チーム 応用編
・第13話 チームとチームをつなげる
・第14話 クモからヒトデに移行するチーム
・第15話 ミッションを越境するチーム
・第16話 ともに考え、ともにつくるチーム

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

感想・レビュー

masabi さん

2020-02-29

【概要】チーム開発をテーマにした小説。「カイゼン・ジャーニー」の続編。【感想】自分は何者かの問いが幾度も出てくる。単独チームを上手く機能させるところから複数チーム、遂には開発以外の関係者を巻き込んで製品を作り込んでいく。

izw さん

2021-05-30

著者の市谷さんの講演を聞く機会があった。「仮説検証型アジャイル開発」を盛んに強調していたが、大切さは理解できるが、どうも違和感があり、著書をじっくり読んでみようと思い、本書と「正しいものを正しくつくる」を読んでみることにした。本書は、リーン・ジャーニー・スタイルという実践知で、チームが育っていく過程を追体験するというストーリーで描かれている。実際のチームがこのような形で変遷することは稀かなと思いながら、現実にもよく陥っている状態はよくカバーしているように思え、その解決方法を考える拠り所にはなりそうだ。

ireadertj さん

2020-03-07

以外に物事がトントン拍子に進む感じ。でも説明するためには、しょうがないか。とすると、なんかストーリー読まず、要点だけ読めばよいかなと。時間がない人には最後の付録のところを読むのが最適かも。 何よりミッションを共有して、そこに仮設を立てて、一つ一つ進めていくことが何より大事なのかな。 それをみんなで。これの意識づくりはほんと難しい。。。

関連商品

ソフトウェアテストをカイゼンする50のアイデア

販売価格:2,838円(税込)

2022.09.20発売

おすすめ特集

ベンダー資格 試験対策本特集

ベンダー資格に関する書籍を試験ごとに紹介!ベンダー資格試験対策本特集

ゲームプログラミング・ゲーム制作関連本

趣味で始めてみたい方や、ゲームプログラマー・ゲームデザイナーにもおすすめ!ゲーム制作おすすめ本

アルゴリズムと数学の本

プログラマ脳を鍛える!エンジニアが読むべきアルゴリズムと数学の本特集。

Excel本大特集

【Excel本大特集】業務効率化やスキルアップに!おすすめの学習書をご紹介。

おすすめイラストの本特集

人気イラストレーター作品集&メイキングブック、コピックテクニック本、デジタル作画参考書や素材集も!

翔泳社のセミナー・講座

開発・ビジネス・マーケティング・EC運営・営業支援など、幅広いジャンルの講座を開催

特集をもっと見る