エンジニアのためのWord再入門講座 新版 美しくメンテナンス性の高い開発ドキュメントの作り方【PDF版】

佐藤 竜一(著)

商品番号
167520
販売状態
発売中
納品形態
会員メニューよりダウンロード
発売日
2020年06月10日
ISBN
9784798167527
データサイズ
約8.4MB
制限事項
印刷不可・テキストのコピー不可
キーワード
Word  エンジニア  ビジネススキル  電子書籍【PDF版】

販売価格:¥2,420(税込)

ポイント:1,100pt (50%)
詳細はこちら

送料無料 在庫あり

紙の書籍を見る
ほしい物リストに追加
  • 本製品は電子書籍【PDF版】です。
  • ご購入いただいたPDFには、購入者のメールアドレス、および翔泳社独自の著作権情報が埋め込まれます。
    PDFに埋め込まれるメールアドレスは、ご注文時にログインいただいたアドレスとなります。
    Amazon Payでのお支払いの場合はAmazonアカウントのメールアドレスが埋め込まれます。
  • 本製品を無断で複製、転載、譲渡、共有および販売を行った場合、法律により罰せられる可能性がございます。
  • ご購入の前に必ずこちらをお読みください。

さよなら、Excel方眼紙。
Wordの便利な機能と効率化テクニックを使って、
ずっと使えるメンテナンス性の高いドキュメントを作る。

システムやソフトウェアの開発現場で、エンジニアたちが
日々の業務として作成する多くのドキュメント。

本書では、そんな開発ドキュメントをより美しく、
そして、よりメンテナンスしやすい形で作るための方法として
Microsoft Wordの活用を提案します。

開発用のドキュメントをExcel方眼紙や、
PowerPointのスライドで作っているという人からすると、
Wordという選択肢は、珍しく思えるかもしれません。
しかし、Wordはその使い方を正しく理解すれば、
ドキュメント作成において、抜群の生産性を発揮してくれるツールです。

エンジニアが知っておくべきWordの活用術として、
本書では以下のような内容を解説しています。

●ドキュメント作成に役立つ初期設定
●スペルチェックと文章校正の使い方
●見栄えを効率的に管理するスタイル機能
●テンプレートの作成方法
●ドキュメント上で図表を上手に扱うテクニック
●素早く快適にドキュメントを作るための工夫

開発現場におけるドキュメントは、
多くの関係者がその中身を共有するコミュニケーションツールです。
誰にとっても見やすく、メンテナンスもしやすい開発ドキュメントを、
Wordで効率的に作成しましょう。

PDF版のご利用方法

  1. ご購入後、SEshopにログインし、会員メニューに進みます。
  2. ご購入電子書籍およびデータ > [ご購入電子書籍およびダウンロードデータ一覧]をクリックします。
  3. 購入済みの電子書籍のタイトルが表示されますので、リンクをクリックしてダウンロードしてください。
  4. PDF形式のファイルを、お好きな場所に保存してください。
  5. 端末の種類を問わず、ご利用いただけます。
エンジニアが知っておくべきWordの活用術

システムやソフトウェアの開発現場で、エンジニアたちが日々の業務として作成する多くのドキュメント。

本書では、そんな開発ドキュメントをより美しく、そして、よりメンテナンスしやすい形で作るための方法としてMicrosoft Wordの活用を提案します。

開発用のドキュメントをExcel方眼紙や、PowerPointのスライドで作っているという人からすると、Wordという選択肢は、珍しく思えるかもしれません。しかし、Wordはその使い方を正しく理解すれば、ドキュメント作成において、抜群の生産性を発揮してくれるツールです。

エンジニアが知っておくべきWordの活用術として、本書では以下のような内容を解説しています。

一冊でわかること

開発現場におけるドキュメントは、多くの関係者がその中身を共有するコミュニケーションツールです。誰にとっても見やすく、メンテナンスもしやすい開発ドキュメントを、Wordで効率的に作成しましょう。

●第1章 ドキュメント作成の意味とは?
1.1 なぜドキュメントを作成するのか
1.2 よいドキュメントの条件とは?
1.3 なぜWordなのか
1.4 ワードプロセッサ再考

●第2章 これだけはやっておきたいWordの初期設定
2.1 初期設定の勘所
2.2 オートコレクトとオートフォーマット
2.3 スペルチェックと文章校正の使い方
2.4 最大の編集領域を確保する

●第3章 スタイルを理解することから始めよう
3.1 Word文書はスタイルを使うことから始まる
3.2 スタイルを定義してみよう 
3.3 箇条書きとアウトライン
3.4 スタイルに関するその他の話題 

●第4章 DRYで行こう!
4.1 Don't Repeat Yourself!
4.2 クイックパーツで文書のメタ情報を埋め込む
4.3 フィールドの利用
4.4 図表番号を使う
4.5 相互参照を使う

●第5章 テンプレートを設計する
5.1 ドキュメント形式の設計とは?
5.2 基本的な見栄えの決定
5.3 スタイルの設計
5.4 ドキュメントとしての体裁を整える
5.5 テンプレートを作成する

●第6章 図と表の取り扱い
6.1 Wordで図を作成する
6.2 描画オブジェクトの配置方法
6.3 表の作成テクニック
6.4 表の配置にまつわる問題

●第7章 Wordでドキュメント作成効率を改善する
7.1 Wordドキュメントを素早く書き上げるために
7.2 外部の情報を差し込む
7.3 ドキュメント全体の俯瞰

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

感想・レビュー

Go Extreme さん

2021-03-20

ドキュメント作成の意味:なぜ作成するのか よいドキュメントの条件 なぜWordか ワードプロセッサ再考 Wordの初期設定:初期設定の勘所・全般・表示・保存・詳細設定 オートコレクトとオートフォーマット スペルチェックと文章校正 最大の編集領域確保 スタイルを理解:スタイルを使うことから始める スタイルを定義 箇条書きとアウトライン 書式の履歴の記録 DRY:Don't Repeat Yourself! フィールドの利用 図表番号 相互参照 テンプレート設計 図と表 Wordでドキュメント作成効率を改善

鳥義賊 さん

2020-12-10

これビジネスマンは読んでおくべきですね。

関連商品

図解まるわかり NFTのしくみ【PDF版】

販売価格:1,848円(税込)

2022.11.24発売

色鉛筆で描く小さくておしゃれな暮らしのモチーフ【PDF版】

販売価格:1,738円(税込)

2022.11.24発売

おすすめ特集

情報処理教科書シリーズ

【2023年版】情報処理技術者試験におすすめの参考書「EXAMPRESS 情報処理教科書シリーズ」で最短合格

SQL/データベース関連本特集

初心者向けの入門書から、達人レベルの専門書まで!SQL/データベース関連おすすめ本特集

アジャイル・スクラム関連本特集

アジャイル・スクラム入門書からプロフェッショナル向け開発書、チームマネジメント論まで

プログラミング本特集

翔泳社のプログラミング書籍の中から、入門・初級者向けの書籍をピックアップ!

マネジメント・リーダーシップ特集

人材育成やチームビルディング、プロダクトマネジメントや業務改善など、組織を目標達成に導く書籍

翔泳社のセミナー・講座

開発・ビジネス・マーケティング・EC運営・営業支援など、幅広いジャンルの講座を開催

特集をもっと見る