アフターコロナのマーケティング 混迷の時代を切り開く、新しい消費の動き

翔泳社(出版社) , 森泰一郎(著)

商品番号
169600
販売状態
発売中
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2021年02月08日
出荷開始日
2021年02月05日
ISBN
9784798169606
判型
四六
ページ数
296
キーワード
経営  マーケティング  広告  SNS  企画

販売価格:¥1,760(税込)

ポイント:160pt (10%)
詳細はこちら

送料無料 在庫あり

電子書籍を見る
ほしい物リストに追加

コロナショックでマーケティングの根本が変わった!

新型コロナウイルス感染症がマーケティングに与える影響は
今後ますます大きくなる。
コロナショックが起きた2020年3月から1年も経たないうちに、
それまでの10年間をも超えるスピードで
企業のマーケティングを取り巻く環境が大きく変化しているからである。
そのため、商品開発、PR・広告など、
これまでのマーケティング方法では解決が難しくなっている。

また、デジタル化が進展していく中で、
デジタル一辺倒のマーケティングには課題が見られる。
したがって、デジタルとリアルを含めた
マーケティングのあり方(アプリと店舗広告(例えばPOP)など)を考える必要がある。

本書では、「巣ごもり消費」や「EC市場再拡大」「政府の電子化」など
アフターコロナにおける重要な変化がある中で、

(1)アフターコロナにおいてマーケティング戦略が
どのような経営環境によって変化していくのか
(2)その中でどのようなマーケティングの潮流があるのか
(3)具体的にどのようなポイントを押さえてマーケティング戦略を立案し、
それを実行していくのか

について、さまざまなデータや企業のマーケティング事例をもとに解説をしていく。

【目次】
第1部 アフターコロナのマーケティング戦略策定
第1章 ウィズコロナから取り組む! 脱“縦割り”のマーケティング戦略
第2章 ウィズコロナで現れたマーケティングの新たな潮流
第3章 グローバル企業から見るアフターコロナの「メッセージ」
第4章 “先が見えない”中での仮設検証

第2部 アフターコロナのマーケティング戦略実行
第5章 アフターコロナのブランドマネジメント
第6章 アフターコロナの商品企画
第7章 アフターコロナのPR・広告
第8章 マーケティング・マインドの全社展開

先が見えない時代に現れた新たな潮流
ニューノーマル時代を生き残るために必要な戦略とは?

コロナショックでマーケティングの根本が変わった!

「巣ごもり消費」や「EC市場再拡大」「政府の電子化」など、アフターコロナにおける重要な変化点、それに伴って企業のマーケティングはどのように変化しなければならないのかについて、事例をもとに解説する。

アフターコロナにおいてどのようなマーケティングの潮流があるのかがわかる

アフターコロナにおいてどのようなマーケティングの潮流があるのかがわかる

マーケティング部門の役割が多機能化・高度化していく中で、CMOを中心としたマーケティング部門は、まず何をするべきかを解説する

具体的にどのようなポイントを押さえてマーケティング戦略を立案し、 それを実行していくのか

具体的にどのようなポイントを押さえてマーケティング戦略を立案し、 それを実行していくのか

消費者視点で事業をどうするべきなのか、どのように価値を提供するべきなのか、よりミクロ目線の提案を行うための具体策がわかる。

多数の事例を掲載

多数の事例を掲載

中小企業も含めて多くの事例を掲載しているので、企業の事例集としても役立つ。

最新トピックもたっぷりと

最新トピックもたっぷりと

「toG」「巣ごもり消費」「非接触/非対面」「EC化、ショッピングのデジタル化」「SDGs」「5G」「DX」といった最新状況に対応したマーケティング戦略も示している。

第1部 アフターコロナのマーケティング戦略策定

第1章 ウィズコロナから取り組む!脱〝縦割り〟のマーケティング戦略
1-1 経営理念/パーパスとマーケティングの関係性
1-2 アフターコロナのマーケティング戦略は「統合型」か「分散型」か?
1-3 〝オンライン〟か〝オフライン〟かの罠:巣ごもり消費時代のマーケティング
1-4 〝マーケティング・マイオピア〟の再来
1-5 CMOだけがマーケティング責任者ではない

第2章 ウィズコロナで現れたマーケティングの新たな潮流
2-1 オンラインとオフラインが統合された広告運用とは?
2-2 リアルもオンラインもすべての媒体が測れる時代
2-3 マーケティングの新たなプレイヤー:補完的生産者
2-4 toG(政府)のマーケティング

第3章 グローバル企業から見るアフターコロナの「メッセージ」
3-1 企業ブランドか製品ブランドか製品価値か?
3-2 脱・大量生産時代のコンセプト
3-3 〝安全性〟はアフターコロナのキーワード
3-4 SDGsとマーケティング戦略

第4章 〝先が見えない〟中での仮説検証
4-1 不確実な世界での顧客セグメンテーション
4-2 次世代の仮説検証「10:100:1000」
4-3 中小企業のマーケティング予算捻出法
4-4 広告代理店の新たなビジネスモデル

第2部 アフターコロナのマーケティング戦略実行

第5章 アフターコロナのブランドマネジメント
5-1 新しいブランドマネジメント
5-2 ブランドマネージャーの新たな役割
5-3 弱いブランドを見直す方法
5-4 垣根のないブランドを築くには?

第6章 アフターコロナの商品企画
6-1 顕在顧客ターゲットか潜在顧客ターゲットか?
6-2 商品企画とパートナーシップ
6-3 データ・ドリブン・マーケティングと商品企画
6-4 アフターコロナに商品企画担当者が担うべき役割

第7章 アフターコロナのPR・広告
7-1 広告は今後も〝企業の血液〟となる
7-2 企業PRとしての公式アカウント活用
7-3 アフターコロナでの動画コンテンツ活用法
7-4 アフターコロナの重要キーワード「ウェブアクセシビリティ」

第8章 マーケティング・マインドの全社展開
8-1 営業とマーケティングとの新しい関係性
8-2 人事部とマーケティング部の蜜月
8-3 システム部とマーケティング部の出会い
8-4 マーケティング・マインドの全社展開が最大の課題

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連商品

自分でパパッと書ける確定申告 令和4年3月15日締切分

販売価格:1,518円(税込)

2021.10.28発売

おすすめ特集

ベンダー資格 試験対策本特集

ベンダー資格に関する書籍を試験ごとに紹介!ベンダー資格試験対策本特集

Linuxおすすめ本特集

【Linux本特集】入門~達人レベルまで!クラウド時代の必須知識Linuxを学ぶおすすめの本

Web制作関連本特集

HTML/CSS、JavaScript、UI/UX、デザインまで。Web制作・フロントエンド開発に役立つ本。

マネジメント・リーダーシップ特集

人材育成やチームビルディング、プロダクトマネジメントや業務改善など、組織を目標達成に導く書籍

プログラミング本特集

翔泳社のプログラミング書籍の中から、入門・初級者向けの書籍をピックアップ!

ゲームプログラミング・ゲーム制作関連本

趣味で始めてみたい方や、ゲームプログラマー・ゲームデザイナーにもおすすめ!ゲーム制作おすすめ本

特集をもっと見る