入門WebAssembly【PDF版】

Rick Battagline(著) , 株式会社クイープ(翻訳) , 株式会社クイープ(監修)

商品番号
174850
販売状態
発売中
納品形態
会員メニューよりダウンロード
発売日
2021年12月15日
ISBN
9784798174853
データサイズ
約9.1MB
制限事項
印刷可・テキストのコピー可
キーワード
プログラミング  アプリ開発  電子書籍【PDF版】

販売価格:¥3,850(税込)

ポイント:350pt (10%)
詳細はこちら

送料無料 在庫あり

紙の書籍を見る
ほしい物リストに追加
  • 本製品は電子書籍【PDF版】です。
  • ご購入いただいたPDFには、購入者のメールアドレス、および翔泳社独自の著作権情報が埋め込まれます。
    PDFに埋め込まれるメールアドレスは、ご注文時にログインいただいたアドレスとなります。
    Amazon Payでのお支払いの場合はAmazonアカウントのメールアドレスが埋め込まれます。
  • 本製品を無断で複製、転載、譲渡、共有および販売を行った場合、法律により罰せられる可能性がございます。
  • ご購入の前に必ずこちらをお読みください。

Webアプリケーション高速化に対する
ソフトウェアからの解決策がここに!

本書は、
Rick Battagline, "The Art Of WebAssembly: Build Secure, Portable, High-Performance Applications"
No Starch Press,
の翻訳書です。

【本書の内容】
ハードウェアの拡張・拡充を追い風に、日々増加する動画や工夫を凝らした各種コンテンツ。WebAssemblyは、リソースを大量に消費するWebアプリケーションやプログラムのパフォーマンスを最適化し高速化する、コンパクトなテクノロジーです。

本書はそのWebAssemblyの基礎から、どのように動作するか、使用すべきケースと見合わせたほうがいいケース、そして開発手法と展開方法を、Web開発者がしっかり理解し実践できるような内容と構成で執筆されています。

とくに、作りっぱなしではなく、デバッグ方法やコンフリクトを起こした場合の検出プログラムの作成、他のアプリケーションとの相互作用などを通して、デプロイ後のメンテナンスにも筆を進め、実際に導入するうえで必須となる知識も紹介しています。

より快適なユーザー経験を届けたいWeb開発者にとって、必携の1冊となることでしょう。

【本書で取り上げるジャンル】
・WebAssemblyの基礎(動作とプログラミング)
・導入すべきケースとすべきではないケースの判断
・デバッグ
・必要となるであろうツールの自作
・導入後のトラブルシューティング

【読者が得られること】
・ブラウザやNode.jsへのWebAssemblyアプリ導入
・ブラウザデバッガでのコード検証
・メモリ操作
・オブジェクトのコンフリクト検出ツールの作成
・コンパイラの出力評価

PDF版のご利用方法

  1. ご購入後、SEshopにログインし、会員メニューに進みます。
  2. ご購入電子書籍およびデータ > [ご購入電子書籍およびダウンロードデータ一覧]をクリックします。
  3. 購入済みの電子書籍のタイトルが表示されますので、リンクをクリックしてダウンロードしてください。
  4. PDF形式のファイルを、お好きな場所に保存してください。
  5. 端末の種類を問わず、ご利用いただけます。
本書では、WAT(WebAssembly Text)を紹介しながら、WebAssemblyがどのような仕組みで動作するのかを説明します。低レベルのテーマをいろいろ取り上げながら、Node.jsアプリケーションやWebベースのアプリケーションにおいてWebAssemblyがJavaScriptとどのようにやり取りするのかを少しじっくり見ていきます。
本書は最初の章から順番に読んでいくようになっており、それぞれの概念は次に説明する概念のベースになっています。
第1章

WebAssemblyとは何か、どのようなときにWebAssemblyを使うのが最適なのかを詳しく見ていきます。また、WebAssemblyの最も低レベルの仕組みを理解するためにWAT(WebAssembly Text)を紹介します。さらに、本書を読みながらサンプルを試してみるための環境を準備します。

第2章

WATの基礎を取り上げ、WebAssemblyにデプロイする高水準言語とWATとの関係を明らかにします。最初のWATプログラムを作成し、変数の使い方や制御フローといった基本的な内容について説明します。

第3章

WebAssemblyモジュールで関数を作成し、それらの関数をJavaScriptから呼び出す方法について説明します。また、これらの概念を具体的に示すために、素数を調べるプログラムを作成します。そして、テーブルからの関数呼び出しとパフォーマンスへの影響を調べます。

第4章

記数法、ビットマスク、2の補数など、WebAssemblyモジュールのパフォーマンスを改善するために利用できる低レベルの概念を学びます。

第5章

WebAssemblyには組み込みの文字列データ型がありません。この章では、WebAssemblyで文字列を表す方法と文字列を操作する方法を学びます。

第6章

WebAssemblyモジュールはJavaScriptなどの組み込み環境との間で大きなデータセットを共有するために線形メモリを使います。そこで、線形メモリを紹介し、線形メモリを使って組み込み環境との間で大きなデータセットを共有する方法について説明します。この章では、本書の残りの部分で使うオブジェクト衝突検出プログラムの作成を開始します。このプログラムでは、ランダムに動き回るオブジェクトを設定し、オブジェクトの衝突を検査します。

第7章

HTML、CSS、JavaScript、WebAssemblyを使って単純なWeb アプリケーションを作成する方法を学びます。

第8章

WebAssemblyでHTMLキャンバスを使って超高速なWebアニメーションを作成する方法を学びます。また、キャンバスを使ってオブジェクト衝突検出プログラムを改良します。

第9章

WebAssemblyが衝突検出のような計算量の多いタスクにいかに適しているのかを学びます。ChromeとFirefoxのプロファイラや他の最適化ツールを使ってアプリケーションのパフォーマンスの改善に取り組みます。

第10章

アラートやスタックトレースを使ってコンソールにログを出力するといったデバッグの基礎を取り上げます。また、ChromeとFirefoxのデバッガーを使ってWebAssemblyコードをステップ実行する方法も学びます。

第11章

WebAssemblyへの効率的なデプロイを目的として設計された高水準言語であるAssemblyScriptを取り上げ、WATを使ってAssemblyScriptを理解する方法と評価する方法を学びます。

第 1章:WebAssemblyとは
第 2章:WATの基礎
第 3章:関数とテーブル
第 4章:低レベルのビット操作
第 5章:WebAssemblyの文字列
第 6章:線形メモリ
第 7章:Webアプリケーション
第 8章:キャンバスの操作
第 9章:パフォーマンスの最適化
第10章:WebAssemblyのデバッグ
第11章:AssemblyScript

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連商品

動かして学ぶ!Python Django開発入門 第2版

販売価格:3,740円(税込)

2022.03.14発売

手づくり工作をうごかそう!micro:bitプログラミング 第2版

販売価格:2,090円(税込)

2022.02.15発売

マーケティング最新動向調査 2022 PDFレギュラー版

販売価格:99,000円(税込)

2022.01.20発売

おすすめ特集

情報処理教科書シリーズ

情報処理技術者試験におすすめの参考書「EXAMPRESS 情報処理教科書シリーズ」で最短合格!

ベンダー資格 試験対策本特集

ベンダー資格に関する書籍を試験ごとに紹介!ベンダー資格試験対策本特集

ゲームプログラミング・ゲーム制作関連本

趣味で始めてみたい方や、ゲームプログラマー・ゲームデザイナーにもおすすめ!ゲーム制作おすすめ本

Excel本大特集

【Excel本大特集】業務効率化やスキルアップに!おすすめの学習書をご紹介。

マネジメント・リーダーシップ特集

人材育成やチームビルディング、プロダクトマネジメントや業務改善など、組織を目標達成に導く書籍

翔泳社のセミナー・講座

開発・ビジネス・マーケティング・EC運営・営業支援など、幅広いジャンルの講座を開催。

特集をもっと見る