Python FlaskによるWebアプリ開発入門 物体検知アプリ&機械学習APIの作り方【PDF版】

佐藤 昌基(著) , 平田 哲也(著) , 寺田 学(監修)

商品番号
175160
販売状態
発売中
納品形態
会員メニューよりダウンロード
発売日
2022年01月24日
ISBN
9784798175164
データサイズ
約19.2MB
制限事項
印刷可・テキストのコピー可
キーワード
Python  アプリ開発  電子書籍【PDF版】  機械学習

販売価格:¥3,740(税込)

ポイント:340pt (10%)
詳細はこちら

送料無料 在庫あり

紙の書籍を見る
ほしい物リストに追加
  • 本製品は電子書籍【PDF版】です。
  • ご購入いただいたPDFには、購入者のメールアドレス、および翔泳社独自の著作権情報が埋め込まれます。
    PDFに埋め込まれるメールアドレスは、ご注文時にログインいただいたアドレスとなります。
    Amazon Payでのお支払いの場合はAmazonアカウントのメールアドレスが埋め込まれます。
  • 本製品を無断で複製、転載、譲渡、共有および販売を行った場合、法律により罰せられる可能性がございます。
  • ご購入の前に必ずこちらをお読みください。

Webアプリの作り方からAPI化、デプロイメントまで
エンジニアとデータサイエンティストのためのFlask入門

Pythonのフレームワーク「Flask」によるWebアプリ開発の入門書です。
まずは、最小のアプリの作成から始め、問い合わせフォーム、データベースを使ったアプリ、
認証機能と段階的に作成しながら、Flaskによるアプリ開発の基礎を習得します。

その後、画像データ(写真)から物体を判別する物体検知アプリを作成しながら
実践的なアプリの作り方、その機能をWeb API化する方法について解説します。

また、物体検知機能(手書き文字認識をする分析コード)を題材に、
どのように機械学習をアプリに組み込んでいくかについても詳しく解説します。

【本書の主な内容】
●Flaskと開発の基礎
 ◯問い合わせフォーム/DBアプリの作成
 ◯認証機能の作成
 ◯物体検知アプリの作成
●API化/デプロイメント
 ◯物体検知アプリのWeb API化
 ◯Web APIとして外部公開
●機械学習APIの開発
 ◯分析コードから機械学習APIを開発する工程と方法

【主な対象読者】
●Pythonで簡単にWebアプリ開発を始めたいエンジニア
●機械学習に興味のあるWebエンジニア
●Pythonを分析用途でしか使ったことがない人
●自分でもアプリやWeb APIを作りたいデータサイエンティスト

【章構成】
●第0部 イントロダクション
 Flaskの概要と環境構築
●第1部 Flask入門
 最小限のアプリを作る――Flaskの基礎
 データベースを利用したアプリを作る
 認証機能を追加する
●第2部[Flask実践1]物体検知アプリの開発
 アプリの仕様と準備
 画像一覧画面を作る
 サインアップとログインの画面を作る
 画像アップロード画面を作る
 物体検知機能を作る
 検索機能を作る
 カスタムエラー画面を作る
 ユニットテストを作る
●第3部[Flask実践2]物体検知機能のAPI化/デプロイメント
 Web APIの概要
 物体検知APIの仕様
 物体検知APIの実装
 物体検知アプリのデプロイメント
●第4部機械学習APIの開発
 機械学習の概要
 機械学習APIの開発工程と実践

PDF版のご利用方法

  1. ご購入後、SEshopにログインし、会員メニューに進みます。
  2. ご購入電子書籍およびデータ > [ご購入電子書籍およびダウンロードデータ一覧]をクリックします。
  3. 購入済みの電子書籍のタイトルが表示されますので、リンクをクリックしてダウンロードしてください。
  4. PDF形式のファイルを、お好きな場所に保存してください。
  5. 端末の種類を問わず、ご利用いただけます。
エンジニアとデータサイエンティストのためのFlask入門

本書の主な内容

Flaskと開発の基礎

API化/デプロイメント

機械学習APIの開発

対象読者

■第0部 イントロダクション
第0章 Flaskの概要と環境構築

■第1部 Flask入門
第1章 最小限のアプリを作る――Flaskの基礎
第2章 データベースを利用したアプリを作る
第3章  認証機能を追加する

■第2部 [Flask実践1]物体検知アプリの開発
第4章 アプリの仕様と準備
第5章 画像一覧画面を作る
第6章 サインアップとログインの画面を作る
第7章 画像アップロード画面を作る
第8章 物体検知機能を作る
第9章 検索機能を作る
第10章 カスタムエラー画面を作る
第11章 ユニットテストを作る

■第3部 [Flask実践2]物体検知機能のAPI化/デプロイメント
第12章 Web APIの概要
第13章 物体検知APIの仕様
第14章 物体検知APIの実装
第15章 物体検知アプリのデプロイメント

■第4部 機械学習APIの開発
第16章 機械学習の概要
第17章 機械学習APIの開発工程と実践

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

感想・レビュー

wwb さん

2022-04-15

割と説明が淡々としている印象があり、webの知識はある程度ないと難しそう。 日本語で書かれたFlaskの本は多くないので、貴重な一冊だと思う。

関連商品

Pythonで動かして学ぶ!あたらしい機械学習の教科書 第3版

販売価格:2,970円(税込)

2022.07.19発売

Pythonで学ぶあたらしい統計学の教科書 第2版

販売価格:3,630円(税込)

2022.06.08発売

おすすめ特集

プログラミング本特集

翔泳社のプログラミング書籍の中から、入門・初級者向けの書籍をピックアップ!

アジャイル・スクラム関連本特集

アジャイル・スクラム入門書からプロフェッショナル向け開発書、チームマネジメント論まで

情報処理教科書シリーズ

情報処理技術者試験におすすめの参考書「EXAMPRESS 情報処理教科書シリーズ」で最短合格!

マネジメント・リーダーシップ特集

人材育成やチームビルディング、プロダクトマネジメントや業務改善など、組織を目標達成に導く書籍

デジタルマーケティング本特集

Webマーケティング、データ分析、ECなど、デジタルマーケティングに関するおすすめ書籍をご紹介

翔泳社のセミナー・講座

開発・ビジネス・マーケティング・EC運営・営業支援など、幅広いジャンルの講座を開催

特集をもっと見る