CDP活用の最適解を導く 事例から見えてくる、人材、プロジェクト、組織の在り方 新発売

トレジャーデータ(著) , 重原 洋祐(著) , 冨田 恭平(著) , 阪口 暁(著) , 小暮 和基(著) , 矢戸 政法(著)

商品番号
177650
販売状態
発売中
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2023年01月30日
出荷開始日
2023年01月27日
ISBN
9784798177656
判型
A5
ページ数
228
キーワード
データベース  マーケティング  営業  DX

販売価格:¥2,420(税込)送料無料

ポイント:220pt (10%)
ポイントの使い方はこちら

在庫あり

\初回購入から使えるポイント500円分プレゼント/

電子書籍を見る

今すぐ使える10%割引クーポン
(一部除外あり)

ほしい物リストに追加

延べ450社以上の顧客から見えてきた、DXの成功に必要なノウハウを一挙公開!

本書はカスタマーデータプラットフォーム=CDPをすでに利用している方や導入を検討されている方を対象に、CDPプロジェクトの成功ノウハウについて述べるものです。

技術的な話ではなく、必要な人材やケイパビリティ、組織やプロジェクトの体制について、CDPの専門家が豊富な知識と事例をもとに紹介します。

著者は、CDPのトップ企業で、日本では圧倒的なシェアを誇るトレジャーデータの皆さん。

企業が持つデータは様々で、プロジェクトに「正解」はありません。しかし、どの企業にも共通する最適解は存在します。 最適解までのプロセスが詰まった本書を参考に自社の現状と比較しながら読み進め、課題発見、問題解決のヒントを見つけ、ぜひ実践してみてください。

【目次】
第0章 カスタマーデータプラットフォームとは
第1章 CDP活用のための人と組織
第2章 プロジェクトを成功に導くために重要な要素とは
第3章 トレジャーデータが実践するプロジェクトの進め方

はじめに
第0章 カスタマーデータプラットフォームとは
 0.1 今、なぜ、CDPが必要なのか
第1章 CDP活用のための人と組織
 1.1 CDP活用における「前提」を正しく理解する
 1.2 CDPプロジェクトに必要な人材
 1.3 CDP構築と活用に必要なケイパビリティ
 1.4 ケイパビリティを最大限活かすための組織
 1.5 メンバーに求めるべきマインドセット
 1.6 筆者の経験に基づく採用と人材育成
 1.7 とにかく、できる限り打席に立って「10打数1安打」を
 1.8 学びと成功体験を、数珠つなぎのように連続させていく
第2章 プロジェクトを成功に導くために重要な要素とは
 2.1 プロジェクトを成功に導く組織の在り方
 2.2 外部パートナーを活用することを考える
 2.3 CDPプロジェクトにおけるKGI・KPI設計
 2.4 CDP活用プロジェクト運用
 2.5 ノーコード化を進めるメリット・デメリット
 2.6 必要なキーワードは「信頼」に尽きる
 2.7 重要なのは「明確な目的」と「コミュニケーション」
第3章 トレジャーデータが実践するプロジェクトの進め方
 3.1 CDP構築と利活用の全体像
 3.2 ビジネス構想・要求定義
 3.3 CDPの設計・実装プロセスについて
 3.4 CDPの施策利活用プロセスについて
 3.5 全ての部署で、お客様について考えるようになったことが最大の成果
 3.6 「楽しさ」や「成長」がデータ活用を「文化」にしていく
 3.7 強い意志と、組織への定着
あとがき

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連商品

情報処理教科書 データベーススペシャリスト 2023年版

販売価格:3,278円(税込)

2023.03.20発売

TBM ITファイナンスの方法論

販売価格:2,420円(税込)

2023.02.21発売

おすすめ特集

【2022年】SEshop人気書籍 ベスト20

【2022年SEshop人気書籍】ロングセラーのビジネス書を筆頭に、エンジニア必携書などベスト20をご紹介

最先端テクノロジー

【最先端テクノロジー特集】メタバース・NFT・ブロックチェーンの本を厳選紹介

雑学本特集

面白い!ためになる!SEshop厳選雑学本特集

アジャイル・スクラム関連本特集

アジャイル・スクラム入門書からプロフェッショナル向け開発書、チームマネジメント論まで

電気工事技術者

第二種電気工事士、電験3種など、電気工事技術者関連の資格参考書はこちら

翔泳社のセミナー・講座

開発・ビジネス・マーケティング・EC運営・営業支援など、幅広いジャンルの講座を開催

特集をもっと見る