翔泳社の公式通販SEshopは全国送料無料!
ヘルプ 新規会員登録 ログイン
SEshop

アジャイルプラクティスガイドブック チームで成果を出すための開発技術の実践知【PDF版】

常松 祐一(著) , 川口 恭伸(監修) , 松元 健(監修)

商品番号
176820
販売状態
発売中
納品形態
会員メニューよりダウンロード
発売日
2023年07月20日
ISBN
9784798176826
データサイズ
約81.3MB
制限事項
印刷可・テキストのコピー可
キーワード
開発  アジャイル  電子書籍【PDF版】

2,860円(税込)(本体2,600円+税10%)
送料無料

260pt (10%)
ポイントの使い方はこちら

在庫あり

初回購入から使えるポイント500円分プレゼント

紙の書籍はこちら

※1点の税込金額となります。 複数の商品をご購入いただいた場合のお支払金額は、 単品の税込金額の合計額とは異なる場合がございますので、予めご了承ください。

  • 本製品は電子書籍【PDF版】です。
  • ご購入いただいたPDFには、購入者のメールアドレス、および翔泳社独自の著作権情報が埋め込まれます。
    PDFに埋め込まれるメールアドレスは、ご注文時にログインいただいたアドレスとなります。
    Amazon Payでのお支払いの場合はAmazonアカウントのメールアドレスが埋め込まれます。
  • 本製品を無断で複製、転載、譲渡、共有および販売を行った場合、法律により罰せられる可能性がございます。
  • ご購入の前に必ずPDF利用案内をお読みください。

チーム・組織にプラクティスを導入し、根付かせるために!
116の手法を一冊にまとめた“実践”の手引き

チームでのアジャイル開発には、開発技術やツールなどの「技術プラクティス」の活用が重要です。

プラクティスはそれぞれの目的や役割を意識することで効果を発揮します。しかし、目まぐるしく状況が変化する開発では、当初の目的を忘れて、プラクティスに取り組むこと自体が目的化してしまうチームも少なくありません。

本書は、チーム・組織でアジャイル開発に取り組んできた著者が、プラクティスの効果的な選択・活用のしかたについて、自らの実践経験に基づいてまとめたガイドブックです。

架空の開発現場を舞台にしたマンガとともに、チーム開発の様々なシーンで役立てられるプラクティスを、幅広くかつわかりやすく解説しています。開発現場に備えておけば、特定のプラクティスについて知りたい、開発の段階に合わせたプラクティスを探したい、といった場面で、必要な項目を調べる辞書として役立てることができるでしょう。プラクティスの導入や実践について、試行錯誤を重ねている開発者におすすめの一冊です。

●本書で取り上げる開発のシーン
実装方針の検討、タスクの分解、ブランチ戦略の検討、コミット、コードレビュー、複数人での共同作業、テスト、運用を見据えたソースコードの整備、CI/CD、デプロイ、リリース、モニタリング、関係者間の認識合わせ、チーム内外との連携
…など、数々の場面で役立つプラクティスを幅広く収録!

●こんな課題を感じている方におすすめ
・アジャイル開発を取り入れてみたものの、効果を感じられずにいる
・状況に合わせたプラクティスの選択、導入のやり方がわからない
・プラクティスを実践しているが、その取り組みが適切なのか、確証を持てない

●アジャイル実践者たちによるコラムを収録!
・グラデーションで考える12年間のアジャイル実践 (きょん)
・ペアプログラミングの効果と影響 (やっとむ(安井力))
・開発と運用、分けて考えていませんか?―ダッシュボードのその先へ― (河野通宗)
・インフラ構築を自動化しよう (吉羽龍太郎)
・Logging as API contract (牛尾剛)
・開発項目をコンパクトに保つには、クリーンなコード(大谷和紀)
・テスト駆動開発ではTODOリストがテストよりも先 (大谷和紀)
・チームで1つずつ終わらせよう (椎葉光行)
・チームに命を吹き込むゴール設定 (天野祐介)
・AIフレンドリーなドキュメントを書こう (服部佑樹)
・技術的負債―問題発見までの時間とリスクをビジネス側に説明する(川口恭伸)

PDF版のご利用方法

  1. ご購入後、SEshopにログインし、会員メニューに進みます。
  2. ご購入電子書籍およびデータ > [ご購入電子書籍およびダウンロードデータ一覧]をクリックします。
  3. 購入済みの電子書籍のタイトルが表示されますので、リンクをクリックしてダウンロードしてください。
  4. PDF形式のファイルを、お好きな場所に保存してください。
  5. 端末の種類を問わず、ご利用いただけます。
画像01
画像02
画像03

第1章 アジャイルな開発を支えるプラクティス
1.1 プラクティスの実践
1.2 高速に石橋を叩いて渡る
1.3 広く知られたアジャイル開発手法とプラクティス
1.4 プラクティス理解に役立つ考え方

第2章 「実装」で活用できるプラクティス
2.1 実装方針
2.2 ブランチ戦略
2.3 コミット
2.4 コードレビュー
2.5 協働作業
2.6 テスト
2.7 長期的な開発/運用ができるソースコード

第3章 「CI/CD」で活用できるプラクティス
3.1 継続的インテグレーション
3.2 継続的デリバリー
3.3 継続的テスト

第4章 「運用」で活用できるプラクティス
4.1 デプロイ/リリース
4.2 モニタリング
4.3 ドキュメント

第5章 「認識合わせ」で活用できるプラクティス
5.1 関係者との認識合わせ
5.2 開発内での認識合わせ
5.3 計画の継続的な見直し

第6章 「チーム連携」で活用できるプラクティス
6.1 チームの基本単位
6.2 属人化の解消
6.3 パフォーマンスの測定
6.4 円滑なコミュニケーションのアイデア
6.5 意識を揃えるワークショップ

■アジャイル実践者による豪華コラムを収録!
・グラデーションで考える12年間のアジャイル実践 (きょん)
・ペアプログラミングの効果と影響 (やっとむ(安井力))
・開発と運用、分けて考えていませんか?―ダッシュボードのその先へ― (河野通宗)
・インフラ構築を自動化しよう (吉羽龍太郎)
・Logging as API contract (牛尾剛)
・開発項目をコンパクトに保つには、クリーンなコード(大谷和紀)
・テスト駆動開発ではTODOリストがテストよりも先 (大谷和紀)
・チームで1つずつ終わらせよう (椎葉光行)
・チームに命を吹き込むゴール設定 (天野祐介)
・AIフレンドリーなドキュメントを書こう (服部佑樹)
・技術的負債―問題発見までの時間とリスクをビジネス側に説明する(川口恭伸)

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連商品

おすすめ特集

【2023年下半期】SEshop人気書籍 ベスト20

【2023年下半期 ベスト20】SEshopで人気だった本をランキング形式で20冊ご紹介

アプリ開発特集

アプリ開発に必要な基礎知識や開発手順、使用言語に関する手引書をご紹介

DX特集

DXに関する知識/スキルを網羅的に習得できるオススメ本!

デジタルイラスト参考書

基本的な描き方から高度なテクニック、デジタルツールの使い方まで!デジタルイラスト上達本のご紹介

ビジネス教養本

プレゼンテーションスキルや文章術、データ活用スキルなど、ビジネスシーンで活きる教養本

翔泳社のセミナー・講座

開発・ビジネス・マーケティング・EC運営・営業支援など、幅広いジャンルの講座を開催

特集をもっと見る