実務で役立つWBS(Work Breakdown Structures)入門

商品番号
108490
販売状態
品切れ
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2005年03月14日
出荷開始日
2005年03月15日
ISBN
4798108499
判型
A5
ページ数
192
キーワード
経営  開発  企画  WBS

販売価格:¥2,420(税込)

ポイント:220pt (10%)
詳細はこちら

送料無料

現在、本商品は販売しておりません。
ほしい物リストに追加

プロジェクトの現場で役立つノウハウがギッシリの教科書、ついに登場!

本書は、長年の要望に応え、ワーク・ブレークダウン・ストラクチャー(WBS)の概念と応用に関して包括的にまとめた実用的な解説書です。WBSによりプロジェクトの構造を明らかにし、立上げプロセスを効率化するほか、計画、コントロール、コミュニケーションのツールとしてプロジェクト全体を通した活用方法についても解説しています。本書は、WBS作成、および新規プロジェクトのスコープ作成や計画における筆者の長年の経験に基づいています。WBSの使用方法などはユーザに広く受け入れられているものを紹介しますが、より詳しい概念については多くの例を通して筆者独自の考えを説明します。
WBSはプロジェクトマネジメントの概念としては新しいものではありませんが、よく誤解されていたり、効果的に利用されていなかったりします。計画をもって事にあたるよりも、とりあえず始めてしまうという安易なほうに流れがちですが、WBSの利用には、他の計画同様、規律と考察(discipline and thought)が必要です。(本書「著者まえがき」より抜粋)

第1章 WBS入門

プロジェクトの問題とソリューション
WBSが生まれた背景
プロジェクトマネジメント・プロセスにおけるWBS
この章のまとめ
重要用語

第2章 基本概念

100パーセント・ルール
WBSの構造
WBS辞書
ワーク・パッケージ
適切な詳細度
具体的な作業への落とし込み
インプット(リソース)とアウトプット(成果物)
WBS要素の採番
そのほかの構造化技法
主な分解手法
この章のまとめ
コラム:アクティビティの特徴

第3章 ライフサイクル計画:プログラムとフェーズ

ライフサイクル・フェーズ
ライフサイクルWBS
米国防総省のプログラムWBSとライフサイクル
プロジェクト内のフェーズ
この章のまとめ

第4章 プロジェクトでのWBSの利用

スコープ・マネジメント
タイム・マネジメント
コスト・マネジメント
コミュニケーション・マネジメント
調達マネジメント
品質(性能)マネジメント
人的資源マネジメント
リスク・マネジメント
統合マネジメント
この章のまとめ

第5章 WBSの利用例

新しい組織管理計画の策定
異文化/多国籍問題の解決
書籍出版プロジェクト
晩餐会プロジェクト
展覧会プログラムの定義フェーズ
この章のまとめ

第6章 WBSの作成

WBSの原則
WBSの作成手順
WBSチェックリスト
この章のまとめ

付録A 経済産業省CIO補佐官へのインタビュー
付録B WBSにまつわるQ&A
付録C WBSとWBS辞書のサンプル

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

感想・レビュー

ふぇるけん さん

2017-12-04

翻訳者の方から譲ってもらったので、復習も兼ねて読了。プロジェクトマネジメントの基本はやっぱりWBSを書くところ。100%ルールは当たり前だけど、言われてみればなるほどと思った。

Kazyury さん

2017-02-22

一番の収穫は、WBSはロジックツリーであるべき、っていうこと。本書では、100%ルールって呼ばれてるけど。 あまり、そういう視点では見てこなかったな。 Bookoffで\300ぐらいだったので、これだけでも元はとった感。

tokyobaby さん

2016-12-31

プロジェクトマネジャー観点として、改めて学習。 担当者観点としてのタスクの整理として、学習。

関連商品

おすすめ特集

ベンダー資格 試験対策本特集

ベンダー資格に関する書籍を試験ごとに紹介!ベンダー資格試験対策本特集

ゲームプログラミング・ゲーム制作関連本

趣味で始めてみたい方や、ゲームプログラマー・ゲームデザイナーにもおすすめ!ゲーム制作おすすめ本

アルゴリズムと数学の本

プログラマ脳を鍛える!エンジニアが読むべきアルゴリズムと数学の本特集。

Excel本大特集

【Excel本大特集】業務効率化やスキルアップに!おすすめの学習書をご紹介。

おすすめイラストの本特集

人気イラストレーター作品集&メイキングブック、コピックテクニック本、デジタル作画参考書や素材集も!

翔泳社のセミナー・講座

開発・ビジネス・マーケティング・EC運営・営業支援など、幅広いジャンルの講座を開催

特集をもっと見る