奪われし未来 増補改訂版

商品番号
59850
販売状態
発売中
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2001年01月31日
出荷開始日
2001年02月01日
ISBN
4881359851
判型
四六
ページ数
400
キーワード
サイエンス  健康  暮らし

販売価格:¥1,540(税込)送料無料

ポイント:140pt (10%)
ポイントの使い方はこちら

在庫あり

\初回購入から使えるポイント500円分プレゼント/

今すぐ使える10%割引クーポン
(一部除外あり)

ほしい物リストに追加

「環境ホルモン」
すべてはこの1冊から始まった

初版刊行から5年。原著者による3章分の書下ろしと、日本の現状に関する解説を追加し、増補改訂版として刊行。

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

感想・レビュー

ひろき@巨人の肩 さん

2019-08-14

Audiobook。奪われし未来の正体、それは内分泌撹乱による生殖異常。所謂、環境ホルモンの人体への巧妙な侵食機構と生物兵器並みの毒性に絶句する。性ホルモンとは体内の情報伝播物質であり、胎児期の一次性徴での性形成を制御する。生殖異常を誘発するホルモン濃度は極微量。環境ホルモンとは難分解性の性ホルモン代替物質であり、母体の蓄積物が胎児に影響する。また一次性徴はセントラルドグマ同様、生物普遍の機構であるため、人のみならず生態系全体に環境ホルモンの蓄積と胎児期の濃度異常による生殖異常をもたらす。

佐島楓 さん

2018-10-15

環境ホルモンやダイオキシンという言葉をほとんど聞かなくなったが、それらの危険性を指摘したのがこの本であった。男女共に戦慄する内容であり、現在の研究の進捗状況を知りたいと思う。最近でもプラスチックのペレットに関する報道はあったが、あくまで動物が飲み込んで死んでいるという文脈だった。こういった内容が忘れ去られることがあってはならない。

そんれい さん

2020-02-11

レイチェル・カーソンが『#沈黙の春』で合成殺虫剤が人体を汚染する経緯を詳細に記した。この本は、カーソンの志をつぎ、合成化学物質がホルモン分泌系の作用をどのように撹乱しているかを、コルボーンが解明していくように語られる。便利な化学製品や食べ物に対する問題意識をしっかりと持って、商品として販売していても安易に購入して使用したり食したりしないようにしなければ。

関連リンク

関連商品

超ど素人がはじめる資産運用 第2版

販売価格:1,408円(税込)

2023.02.21発売

親の見守り・介護をラクにする道具・アイデア・考えること

販売価格:1,760円(税込)

2023.01.20発売

おすすめ特集

【2022年】SEshop人気書籍 ベスト20

【2022年SEshop人気書籍】ロングセラーのビジネス書を筆頭に、エンジニア必携書などベスト20をご紹介

最先端テクノロジー

【最先端テクノロジー特集】メタバース・NFT・ブロックチェーンの本を厳選紹介

雑学本特集

面白い!ためになる!SEshop厳選雑学本特集

アジャイル・スクラム関連本特集

アジャイル・スクラム入門書からプロフェッショナル向け開発書、チームマネジメント論まで

電気工事技術者

第二種電気工事士、電験3種など、電気工事技術者関連の資格参考書はこちら

翔泳社のセミナー・講座

開発・ビジネス・マーケティング・EC運営・営業支援など、幅広いジャンルの講座を開催

特集をもっと見る