DevOps導入指南 Infrastructure as Codeでチーム開発・サービス運用を効率化する

河村 聖悟(著) , 北野 太郎(著) , 中山 貴尋(著) , 日下部 貴章(著) , 株式会社リクルートテクノロジーズ(著)

商品番号
147600
販売状態
発売中
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2016年10月13日
出荷開始日
2016年10月14日
ISBN
9784798147604
判型
A5
ページ数
368
キーワード
開発  ITインフラ  DevOps

販売価格:¥3,300(税込)

ポイント:300pt (10%)
詳細はこちら

送料無料 在庫あり

電子書籍を見る
ほしい物リストに追加

現場にDevOpsを導入するための具体的なプロセスが一冊でわかる!

・本書はDevOpsを、概念だけでなく実際のチーム開発への具体的な導入プロセスと、具体的な事例にもとづいた技術(Ansible / Docker / Vagrant等)を結びつけて解説します。
・概念から知識と技術までを一気通貫させるので、DevOpsを実際のチーム開発に導入したい方にはとくに役立つ、実践的な指南書になっています。
・さらに、個人環境からチーム・サービスへと順を追って導入方法を学んでいける構成になっています。
・インフラエンジニアだけでなく開発者にもオススメの一冊です。

〈対象読者〉
・開発者
・インフラエンジニア
・プロジェクトマネージャー

〈目次とキーワード〉
第1章:DevOpsを知る
第2章:DevOpsを個人で始める
(Vagrant, Ansible, Serverspec, Git)
第3章:DevOpsをチームに広げる
(GitHub, Docker, Jenkins)
第4章:DevOpsのために仕組みを変える
(The Twelve-Factor App, マイクロサービスアーキテクチャ, Immutable Infrastructure, Blue-Green Deployment, アジャイル開発, チケット駆動開発, SRE, ChatOps)
第5章:実践・Infrastructure as Code
(継続的インテグレーション・継続的デリバリ, GitHub, Slack, Jenkins, Ansible, Serverspec, ELKスタック, Elasticsearch, Logstash, Kibana, Immutable Infrastructure)
第6章:組織とチームの壁を越えるDevOps

第1章:DevOpsを知る
1-1 DevOps登場の背景
1-2 DevOpsを知る
1-3 組織とDevOps

第2章:DevOpsを個人で始める
2-1 DevOpsでできることを小さく始めていく
2-2 個人からも実現できるDevOps
2-3 個人環境からチーム環境へ持っていくための準備
(Vagrant, Ansible, Serverspec, Git)

第3章:DevOpsをチームに広げる
3-1 DevOpsをチームに展開することの意義
3-2 チームで行う作業効率化
(GitHub, Docker, Jenkins)
3-3 チームでDevOpsに取り組むことで得られること

第4章:DevOpsのために仕組みを変える
4-1 DevOpsを中心に仕組みを変えていく
4-2 アプリケーション・アーキテクチャを変える
(The Twelve-Factor App, マイクロサービスアーキテクチャ)
4-3 インフラ・アーキテクチャを変える
(Immutable Infrastructure, Blue-Green Deployment)
4-4 チームを変える
(アジャイル開発, チケット駆動開発, SRE, ChatOps)
4-5 DevOps化されたチームができること

第5章:実践・Infrastructure as Code
5-1 実践 継続的インテグレーション・継続的デリバリ
(GitHub, Slack, Jenkins, Ansible, Serverspec)
5-2 実践 ELKスタック
(Elasticsearch, Logstash, Kibana)
5-3 実践 Immutable Infrastructure

第6章:組織とチームの壁を越えるDevOps
6-1 DevOpsを伝える事の難しさ
6-2 DevOpsを組織に導入する
6-3 チームで作り上げるDevOps

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

感想・レビュー

kannkyo さん

2019-02-06

読み終わってたけど登録し忘れてた。再読。 割とDevOps初期に出版された日本語文献。概念的なところからツールの使い方までカバー。ただし開発環境がSaaS前提なので、諸々の理由でSaaSを使えない人は悲しい気持ちになる。

うしまる さん

2018-10-16

開発プロセスにおいて、DevOpsをどのように導入していくかを詳細に書いた、DecOpsの入門書。ページ数は多いが、初心者がDevOpsの全体的な概要を理解するのには最適に感じた。

yshigeru さん

2020-07-06

DevOpsの基本的な考え方について歴史や背景を踏まえつつ解説している。後半はツールの紹介が多く、少し退屈な感じはした。まあ、でもツールはツールだし、変化の早い分野ではどんどん変わっていくものなので、考え方をしっかり理解するというのが大事だと思う。

関連リンク

関連商品

おすすめ特集

プログラミング本特集

翔泳社のプログラミング書籍の中から、入門・初級者向けの書籍をピックアップ!

アジャイル・スクラム関連本特集

アジャイル・スクラム入門書からプロフェッショナル向け開発書、チームマネジメント論まで

情報処理教科書シリーズ

情報処理技術者試験におすすめの参考書「EXAMPRESS 情報処理教科書シリーズ」で最短合格!

マネジメント・リーダーシップ特集

人材育成やチームビルディング、プロダクトマネジメントや業務改善など、組織を目標達成に導く書籍

デジタルマーケティング本特集

Webマーケティング、データ分析、ECなど、デジタルマーケティングに関するおすすめ書籍をご紹介

翔泳社のセミナー・講座

開発・ビジネス・マーケティング・EC運営・営業支援など、幅広いジャンルの講座を開催

特集をもっと見る