最強囲碁AI アルファ碁 解体新書 深層学習、モンテカルロ木探索、強化学習から見たその仕組み【PDF版】

大槻 知史(著) , 三宅 陽一郎(監修)

商品番号
152580
販売状態
発売中
納品形態
会員メニューよりダウンロード
発売日
2017年07月19日
ISBN
9784798152585
データサイズ
約46.1MB
制限事項
印刷不可・テキストのコピー不可
キーワード
ゲーム  開発  人工知能  電子書籍【PDF版】  深層学習

販売価格:¥2,860(税込)

ポイント:260pt (10%)
詳細はこちら

送料無料 在庫あり

紙の書籍を見る
本書には新版がございます
新版はこちら

ほしい物リストに追加
  • 本製品は電子書籍【PDF版】です。
  • ご購入いただいたPDFには、購入者のメールアドレス、および翔泳社独自の著作権情報が埋め込まれます。
    PDFに埋め込まれるメールアドレスは、ご注文時にログインいただいたアドレスとなります。
    Amazon Payでのお支払いの場合はAmazonアカウントのメールアドレスが埋め込まれます。
  • 本製品を無断で複製、転載、譲渡、共有および販売を行った場合、法律により罰せられる可能性がございます。
  • ご購入の前に必ずこちらをお読みください。

「神の一手」の謎にせまる!

【概要】
2017年5月にアルファ碁(AlphaGo)と柯潔(カ・ケツ)九段の最終決戦が行われ、
アルファ碁の3連勝となりました。アルファ碁は今回の対戦で
さらに進化をとげました。

このようにAIの技術進化は日進月歩で進んでおり、国内でも
企業や研究開発が進んています。中でも目されているのは、
機械学習・深層学習・強化学習です。

本書はネイチャーで提供されているアルファ碁に関する
難解な学術論文を著者のほうで読み解き、アルファ碁で
利用されている深層学習や強化学習、モンテカルロ木探索の
仕組みについて、実際の囲碁の画面も参照しながら、
わかりやすく解説した書籍です。

本書を読むことで、最新のAIに深層学習、強化学習、
モンテカルロ木探索がどのように利用されているかを
知ることができ、実際の研究開発の参考にすることができます。

【読者対象】
・人工知能関連の開発に携わる開発者、研究者
・ゲームAI開発者

【著者】
大槻 知史(おおつき・ともし)
2001年東京大学工学部計数工学科卒業。2003年同大学院新領域創成科学研究科複雑理工学専攻修士課程修了。
以降、機械学習・最適化などの研究開発に取り組む。
ゲームAIプログラマーとしては、2001年より、囲碁・将棋プログラムの開発に従事。
著者の開発した将棋プログラム「大槻将棋」は、2009年世界コンピュータ将棋選手権にて第2位。博士(情報理工学)。

【監修者】
三宅 陽一郎(みやけ・よういちろう)
デジタルゲームの人工知能の開発者。京都大学で数学を専攻、大阪大学大学院物理学修士課程、
東京大学大学院工学系研究科博士課程を経て、人工知能研究の道へ。
ゲームAI開発者としてデジタルゲームにおける人工知能技術の発展に従事。
国際ゲーム開発者協会日本ゲームAI専門部会設立(チェア)、日本デジタルゲーム学会理事、芸術科学会理事、人工知能学会編集委員。
共著『デジタルゲームの教科書』『デジタルゲームの技術』『絵でわかる人工知能』(SBCr) 、
著書『人工知能のための哲学塾』(BNN新社)、『人工知能の作り方』(技術評論社)、
『ゲーム、人工知能、環世界』(現代思想、青土社、2015/12)、最新の論文は
『デジタルゲームにおける人工知能技術の応用の現在』(人工知能学会誌 2015年、学会Webにて公開)。

PDF版のご利用方法

  1. ご購入後、SEshopにログインし、会員メニューに進みます。
  2. ご購入電子書籍およびデータ > [ご購入電子書籍およびダウンロードデータ一覧]をクリックします。
  3. 購入済みの電子書籍のタイトルが表示されますので、リンクをクリックしてダウンロードしてください。
  4. PDF形式のファイルを、お好きな場所に保存してください。
  5. 端末の種類を問わず、ご利用いただけます。
Chapter1 アルファ碁の登場
Chapter2 ディープラーニング ~囲碁AIは瞬時にひらめく~
Chapter3 強化学習 ~囲碁AIは経験に学ぶ~
Chapter4 探索 ~囲碁AIはいかにして先読みするか~
Chapter5 アルファ碁の完成
Appendix1 数式について
Appendix2 囲碁プログラム用のUIソフト「GoGui」およびGoGui用プログラム「DeltaGo」の利用方法
各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

感想・レビュー

suoyimi さん

2018-09-26

ネイチャーに投稿されたアルファ碁の論文を元にアルファ碁で採用している手法を紹介しています。これらの論文は普通に読むと全体像が理解しにくいですが、本書を読むことで全体像を理解しながらアルファ碁の理解を進めることができます。 ディープラーニング、強化学習、探索の3つの領域に分けて、過去からの進歩の様子をわかりやすく説明しています。数式はほとんどでてこないので理系以外の方が読んでも面白いと思います。

wellon さん

2018-08-14

「人工知能」といった時に裏側で何が行われているのかを、囲碁AIを題材に扱った名著。 古典的なモンテカルロ木、自己対戦の繰り返しによる強化学習、プロの棋譜を基に学習するディープラーニングなどなど。 人工知能に興味がある人が3冊目くらいに読むと大変勉強になる本です。(1冊目にするとハードです。)

Ursula さん

2018-08-06

分かりやすい解説。論文自体も読まなきゃなあ

関連リンク

関連商品

行政情報システム受託・開発の教科書

販売価格:2,970円(税込)

2022.11.16発売

おすすめ特集

プログラミング本特集

翔泳社のプログラミング書籍の中から、入門・初級者向けの書籍をピックアップ!

アルゴリズムと数学の本

プログラマ脳を鍛える!エンジニアが読むべきアルゴリズムと数学の本特集。

20代社会人におすすめの本

20代の社会人が読むべき本!若手のうちに上質なビジネスマインドを身に付けよう

発達障害おすすめ本

大人の発達障害におすすめの本を紹介!「ちょっとしたことでうまくいく」シリーズ

電気工事技術者

第二種電気工事士、電験3種など、電気工事技術者関連の資格参考書はこちら

翔泳社のセミナー・講座

開発・ビジネス・マーケティング・EC運営・営業支援など、幅広いジャンルの講座を開催

特集をもっと見る