エンジニアのためのデザイン思考入門 発売予定

翔泳社(出版社) , 東京工業大学エンジニアリングデザインプロジェクト(著) , 齊藤滋規(著) , 坂本啓(著) , 竹田陽子(著) , 角征典(著) , 大内孝子(著) , 大内孝子(編)

商品番号
153850
販売状態
発売予定
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2017年12月15日
ISBN
9784798153858
判型
A5
ページ数
304
キーワード
デザイン  マーケティング  エンジニア  イノベーション

販売価格:¥2,678(税込)

送料無料 お取り寄せ品

本体価格の10%をポイント還元(会員限定)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ほしい物リストに追加

2000年代に入って急激に注目されたイノベーションの手法「デザイン思考」は、
多様な視点から新しいユーザー体験のデザインを目指す考え方です。

デザイン思考は、現存のマーケットに存在しない潜在的ニーズをとらえた、
新たな価値を生み出すものづくりを行うための、重要な手法です。

具体的には、ユーザーへの観察・調査を基に、多様性に富んだ
チームによってアイデアを出し合い、課題を徹底的に絞り込んで、
プロトタイプとテストを繰り返すことで製品を作り上げていきます。

そんなデザイン思考を使ったものづくりを1年間にわたって行う、
非常に実践的かつユニークな授業が、東京工業大学の
「エンジニアリングデザインプロジェクト(EDP)」で実施されています。

本書は、ものづくりの主役であるエンジニアに向けて、
3年以上にわたるEDPで得られた数多くの実践事例を交えながら
デザイン思考の方法論を紹介します。

特に、新規製品開発に携わる若手エンジニアをはじめ、野心的な学生が、
 ・課題の絞り込み方
 ・デザイナー(非エンジニア)とチームを組む重要性
 ・アイデアの出しあい方、まとめ方
 ・手を動かしてアイデアを形にするプロセス
といった、イノベーティブな製品開発に必要な「デザイン思考の基礎」を
学ぶことができる一冊です。

第1章 イントロダクション
第2章 EDPの作り方
第3章 多様性のあるチームをつくる
第4章 ユーザーを理解する
第5章 アイデアを生み出す
第6章 モノを作って検証する
付録 EDPで陥る罠
付録 芸を磨く/齊藤滋規×田中章愛(SONY)

書籍のサンプルなどのダウンロードは、翔泳社サイトへ移動いたしました。
ダウンロード

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連商品

ILLUSTRATION 2018

販売価格:3,024円(税込)

2017.12.13発売