イノベーションへの解 実践編 イノベーターの確たる成長に向けて【PDF版】

栗原 潔(翻訳) , 栗原 潔(原著) , クレイトン・クリステンセン(著) , スコット・D・アンソニー(著) , Mark W. Johnson(著) , Joseph V. Sinfield(著) , Elizabeth J. Altman(著)

商品番号
126540
販売状態
発売中
納品形態
会員メニューよりダウンロード
発売日
2017年10月12日
ISBN
9784798126548
データサイズ
約3.1MB
制限事項
印刷不可・テキストのコピー不可
キーワード
経営  イノベーション  電子書籍【PDF版】  ハーバード・ビジネス・セレクション

販売価格:¥2,200(税込)

ポイント:200pt (10%)
詳細はこちら

送料無料 在庫あり

紙の書籍を見る
ほしい物リストに追加
  • 本製品は電子書籍【PDF版】です。
  • ご購入いただいたPDFには、購入者のメールアドレス、および翔泳社独自の著作権情報が埋め込まれます。
    PDFに埋め込まれるメールアドレスは、ご注文時にログインいただいたアドレスとなります。
    Amazon Payでのお支払いの場合はAmazonアカウントのメールアドレスが埋め込まれます。
  • 本製品を無断で複製、転載、譲渡、共有および販売を行った場合、法律により罰せられる可能性がございます。
  • ご購入の前に必ずこちらをお読みください。

理論から実践へ、ジレンマ脱却の手引き

優良企業におけるイノベーションがはらむ落とし穴を実証し、衝撃を与えた名著『イノベーションのジレンマ』。そして「破壊される側ではなく破壊者となった立場」で書かれた『イノベーションへの解』、さらに破壊を予見するための手法を示した『明日は誰のものか』。しかし、理論がわかったところで、「具体的にどうすればよいのか」という疑問が立ちふさがり、依然としてジレンマから抜け出せないままである。そこで、本書が実践的な解決を提示する。クリステンセンが共同創立者として立つ、イノサイト社のトップらによって、さまざまな企業事例の集大成から実践的な解を導き出した。「イノベーションにおける落とし穴」、FAQ、各章の終わりには、ワークシートや演習問題等があり、まさに即実行できる手引きとなっている。さらに、『イノベーションのジレンマ』および『イノベーションへの解』の内容のサマリーもついており、前著へのフィードバックをしながら、理解を深められる構成となっている。

PDF版のご利用方法

  1. ご購入後、SEshopにログインし、会員メニューに進みます。
  2. ご購入電子書籍およびデータ > [ご購入電子書籍およびダウンロードデータ一覧]をクリックします。
  3. 購入済みの電子書籍のタイトルが表示されますので、リンクをクリックしてダウンロードしてください。
  4. PDF形式のファイルを、お好きな場所に保存してください。
  5. 端末の種類を問わず、ご利用いただけます。

はじめに 成長達成の指針
第一章 イノベーションの前提条件

第一部 機会の識別

第二章 「非消費者」の識別
第三章 過剰満足状態の顧客の識別
第四章 「片づけるべき用事」の識別

第二部 アイデアの公式化と具体化

第五章 破壊的アイデアの開発
第六章 戦略のパターン適合性評価

第三部 事業の構築

第七章 創発的戦略をマスターする
第八章 プロジェクト・チームの結成と管理

第四部 組織能力の構築

第九章 イノベーションのための組織構造
第十章 イノベーションの評価指標

第十一章 結論

補遺 よく聞かれる質問(FAQ)

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

感想・レビュー

KAZOO さん

2014-12-19

イノベーションを説いてきたクリステンセンが序文を書いて、その共同研究者や弟子たちが現実の解を書いています。今までの本も結構読みでがありましたが、こちらのほうはその理論を実践にどのように応用していくか、実際にどのように適用されてきているかを実例を持って示してくれています。最後には、FAQも示されており非常に参考となります。

harhy さん

2013-05-02

なるほどなあと思うところが多々。破壊的イノベーションを阻害する人や要因が中にあると難しいだろうね。

人工知能 さん

2018-02-12

クリステンセンの「イノベーションの解」の実践編。カスタマーの「用事」を解決するために「雇用」する商品を開発することで「非消費」から消費に転じて、これまで既存企業が魅力に感じていなかった領域に踏み込んでいくことで破壊的イノベーションを起こしていく。そのためのアイデア出し、組織運営、予算の配分、チャネルの検討など、具体的に進めていく上でのツールとチェックリストを示してくれているので、これに則って考えれば大きなヌケモレは抑えられそう。ただ恐らく「非消費」がどこにどれだけあるのかを発見するのはかなり難しい。

関連商品

おすすめ特集

ベンダー資格 試験対策本特集

ベンダー資格に関する書籍を試験ごとに紹介!ベンダー資格試験対策本特集

ゲームプログラミング・ゲーム制作関連本

趣味で始めてみたい方や、ゲームプログラマー・ゲームデザイナーにもおすすめ!ゲーム制作おすすめ本

アルゴリズムと数学の本

プログラマ脳を鍛える!エンジニアが読むべきアルゴリズムと数学の本特集。

Excel本大特集

【Excel本大特集】業務効率化やスキルアップに!おすすめの学習書をご紹介。

おすすめイラストの本特集

人気イラストレーター作品集&メイキングブック、コピックテクニック本、デジタル作画参考書や素材集も!

翔泳社のセミナー・講座

開発・ビジネス・マーケティング・EC運営・営業支援など、幅広いジャンルの講座を開催

特集をもっと見る