【POD】間違いだらけのサイバーセキュリティ対策 目的志向型で実装する効果的なセキュリティ強化策

翔泳社(出版社) , 香山哲司(著)

商品番号
150850
販売状態
発売中
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2017年01月31日
ISBN
9784798150857
判型
A5
ページ数
74
キーワード
情報セキュリティ  サイバー攻撃  翔泳社デジタルファースト  POD(オンデマンド印刷)  サイバーセキュリティ

販売価格:¥1,944(税込)

送料無料 在庫あり

本体価格の10%をポイント還元(会員限定)

ほしい物リストに追加

「根本原因に対応しない限り、本質的な解決にならない!」
日本マイクロソフトのセキュリティ専門家が
企業で陥りがちなセキュリティ対策の"間違い"を徹底的に正す!

かつて愉快犯的だったサイバー空間での不正が、経済的な利益を得ることなど
明確な目的に推移し、攻撃の成功率を上げるためにますます手法が高度化していきました。
その結果、重要な情報が不正にアクセスされ、企業・組織のトップが謝罪会見を
開くということも珍しいことではなくなってきました。

ただし、こうしたセンセーショナルな出来事ばかり発信される傾向から、これは
特殊なことであり「自分の会社・組織にはあまり関係しないのでは?」という印象を
持たれる方も少なくないでしょう。しかし、ニュースになるようなインシデントだけではなく、
公表されていないものもあります。また、公表されたとしても目立った被害が
出なかったため、大きく取り上げられていないセキュリティインシデントもあります。

そして、サイバー攻撃の手法が高度で防ぎきれないという論調がある一方、攻撃の
成功を許してしまっている原因は、情報セキュリティ全体の知識不足・誤解、地道な対策を
怠っていることにある場合が多いのです。こうした不備は多くの組織で共通しており、
どこでも起こり得ることとして認識する必要があります。

本書は、企業のITリーダー向け専門Webメディア「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)
での人気連載「間違いだらけのクライアント・セキュリティ対策」を加筆修正し、
書籍化したものです。

昨今の攻撃の起点となっているクライアントPCを軸にしながら、サイバー攻撃に備えるための
効果的な対策を解説します。日本マイクロソフトにおいて、ITインフラや情報セキュリティの
計画・実装・監査・改善活動全般にわたり、コンサルティングを担当している著者の現場経験も
織り交ぜながら、システムを構築していく上での考え方と、それをもとにした設計・実装・
運用について時系列を考慮して分かりやすく解説しています。

企業のシステム管理者、ネットワーク管理者、セキュリティ管理者だけでなく、
サイバーセキュリティについて理解を深めたい経営層、デジタルマーケティングや
ECなどを推進する事業部門など、非エンジニアの方にもお勧めの内容です。

翔泳社デジタルファースト(SDF)について

「翔泳社デジタルファースト」は、お客様が注文してから印刷するPOD(オンデマンド印刷)を利用したシリーズです。他では入手できないオリジナルコンテンツを、POD形式でより速く、より手軽に読んでいただくことができます。

SEshopでは、ある程度在庫をご用意しておりますが、在庫状況によりましては、ご注文いただいてから印刷いたしますので、出荷までにお時間がかかる場合がございます。あらかじめご了承ください。

はじめに
第1章 繰り返されるサイバー攻撃、その共通の手口とは?
第2章 ウイルス対策ソフトは死んだのか? 「防御には限界あり」の本当と嘘
第3章 放置される情報セキュリティポリシーの不備 「ネットワーク認証」と「ローカル認証」の違いを意識してる?
第4章 多層防御による各対策例 セキュリティ対策は“目的志向型”で実装しよう
第5章 識別、認証、認可。3つのフェーズを考慮してアクセス制御を改善しよう!
第6章 「セキュリティファースト」を現実的にどう実現すべきか?
第7章 効果的にログを活用できていますか? “基準”がなければ、ただのログ!
第8章 根本原因に対応しない限り、本質的な解決にならない!
おわりに
各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連商品

【POD】エキスパートが教えるSelenium最前線

販売価格:2,160円(税込)

2018.05.15発売