親子で一緒につくろう! micro:bitゲームプログラミング

翔泳社(出版社) , 橋山牧人(著) , 澤田千代子(著) , TENTO(監修)

商品番号
158430
販売状態
発売中
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2019年01月15日
ISBN
9784798158433
判型
B5
ページ数
136
キーワード
プログラミング  ゲーム  教育

販売価格:¥1,980(税込)

ポイント:180pt (10%)
詳細はこちら

送料無料 在庫あり

[重要] 消費税率の変更について

電子書籍を見る
ほしい物リストに追加

micro:bitをゲーム機にして遊ぶ、初めてのプログラミング!

【MakeCode for micro:bit 新バージョン(v1)対応】

人気の教育用コンピューター「micro:bit」を使って、「ミニアクションゲーム」「リズムゲーム」「シューティングゲーム」などの5つのゲーム作りに挑戦します。楽しみながら、プログラミングの基本知識やmicro:bitの操作を大人も子どもも学ぶことができます。

前作の『手づくり工作をうごかそう! micro:bitプログラミング』とは違って、電子部品や特別な道具の用意は必要ありません。micro:bitが1つあるだけで、気軽に始めることができます。

micro:bitを買ったけれど、「何をしていいかわからない!」とか「使わずにそのままになっている!」……そんな人でも、手軽にスタートできます。プログラミングが全く未経験でも大丈夫! まずは入門に、ゲームプログラミングに挑戦するのはいかがですか?

この本を書いたのは、プログラミングスクールで日々子どもたちにプログラミングを教える橋山牧人先生と澤田千代子先生。

楽しみながら自然とプログラミングや身の回りのコンピューターに関する知識が身につくのはもちろん、ゲームプログラミングならではの面白さや、自分でものを作ることのやりがいを味わえる1冊です。最後まで頑張ると、自分だけのオリジナルゲーム機を作ることもできます。

目指せ、ゲームプログラマー!

【対象年齢】
小学校5年生以上

1 micro:bitの基本を学ぼう
 micro:bitとは?
 micro:bitを動かす準備
 micro:bitを動かしてみよう!
 コラム1 スマホで使うMakeCode

2 micro:bitゲームライブラリを使おう
 ライブラリってなんだ?
 スプライトを使おう!
 コラム2 Scratchで操作しよう

3 ミニアクションゲームを作ろう
 コラム3 数式とプログラム

4 キャッチゲームを作ろう
 コラム4 デバッグとは?

5 逃走ゲームを作ろう
 コラム5 MakeCodeと最大の数

6 リズムゲームを作ろう
 コラム6 デジタルとアナログ

7 シューティングゲームを作ろう
 コラム7 関数でまとめよう

8 無線を使ってあそぼう
 コラム8 コメントをつけよう

9 ゲーム機を作ろう
 コラム9 ブロックエディターの裏側

付録:MakeCode最新リリースの変更点

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連商品

事例で学ぶ!あたらしいデータサイエンスの教科書

販売価格:2,420円(税込)

2019.12.17発売

動かして学ぶ!Python Django開発入門

販売価格:3,740円(税込)

2019.12.13発売

情報処理教科書 情報処理安全確保支援士 2020年版

販売価格:3,168円(税込)

2019.11.19発売

おすすめ特集

今月のクーポン

翔泳社の通販SEshopなら全品送料無料、ポイント還元、さらに毎月更新の割引クーポンでお得!

ITインフラ関連本特集

ネットワーク/サーバー/セキュリティを学ぶなら読んでおきたいおすすめの書籍。

アルゴリズムと数学の本

プログラマ脳を鍛える!エンジニアが読むべきアルゴリズムと数学の本特集。

Python特集

【今からはじめるPython特集】おすすめ本を入門~上級までレベル別にご紹介!

Python特集

マーケティングの最新情報を毎月お届け!マーケター・経営層向け定期誌『MarkeZine』

Python特集

【法人・教育機関のお客様へ】大口注文・お見積り、お気軽にご相談ください!

特集をもっと見る