ルビィのぼうけん インターネットたんけん隊

リンダ・リウカス(著) , 鳥井 雪(翻訳)

商品番号
159860
販売状態
発売中
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2018年12月21日
出荷開始日
2018年12月20日
ISBN
9784798159867
判型
B5変
ページ数
98
キーワード
プログラミング  海外  絵本  Ruby  教育  ルビィのぼうけん

販売価格:¥1,980(税込)送料無料

ポイント:180pt (10%)
ポイントの使い方はこちら

在庫あり

\初回購入から使えるポイント500円分プレゼント/

電子書籍を見る

今すぐ使える10%割引クーポン
(一部除外あり)

ほしい物リストに追加

世界20か国以上で翻訳!
ベストセラー絵本『ルビィのぼうけん』シリーズ第3弾が登場!
親子でインターネットを楽しむ絵本

今回のテーマは『インターネットってなに?』。楽しいけどちょっと危険なインターネット探検の旅へ、親子で出かけましょう!

【あらすじ】
「ルビィは想像力と行動力でどんなことだってできちゃう女の子。好きな言葉は『どうして?』

ある雪の日、ルビィと、友だちのジュリア、ジャンゴは、積もった雪でインターネットのお城を作ることにしました。インターネットってどんなもの? 何でできてる? ときにはこわいこともあるけれど、きちんと気をつけていれば大丈夫。みんなで作ったステキなインターネットは、雪の上でどんなふうにかがやくでしょう?」

本書はフィンランドのプログラマーであるリンダ・リウカスがつくった知育絵本です。この絵本では、プログラミングのいわゆる「コード」は一文字も出てきません。5~8歳の子どもでも親と一緒に楽しめる工夫がされており、前半の「好奇心いっぱいの女の子、仲間たちインターネットを探検する絵本パート」と、後半の「練習問題パート」を通じて、インターネットやネットワークとはなにかを学んでいきます。

リンダが描く、色彩豊かな可愛らしいイラスト・キャラクターたち。主人公が女の子という、子ども向けプログラミング関連の書籍にはめずらしい手にとりやすさが特長です。子どもたちにとって、インターネットは当然の環境になりつつあります。インターネットのしくみに触れ、正しい知識を身につけて、安全で楽しいインターネットを「一緒に」作り出していく、初めの一歩になる絵本です。

『ルビィのぼうけん』シリーズ

保護者の方へ
とうじょうじんぶつ
れんしゅうもんだい
 1.インターネットってなんだろう?
 2.インターネットを支えるせつび
 3.インターネットのプロトコル(ルール)
 4.インターネット・サービス
 5.きをつけて!
 6.インターネットのしょうげき
用語集

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

感想・レビュー

nama さん

2021-06-02

文系の子にインターネットのしくみを教えるには?な本。前半の物語はなんとなくインターネットの構造がわかるようになってますが、低学年や普段本を読まない子にはすぐにはわからないかも。後半、具体的な用語(ウイルスの種類や機器、サーバ名など)をキャラ化したり、ワーク形式で仕組みを学べるようになってて面白い。インターネット上の危険(詐欺とか)のケーススタディよりは、仕組み理解が多いです。もともと興味がある子は楽しいけど、慣れていない子には難解かも。わかりやすくはされているけど。

関連商品

マインクラフトでわくわく学ぶ!Pythonプログラミング入門

販売価格:1,980円(税込)

2023.03.15発売

ILLUSTRATION SCENE OF KOREA

販売価格:2,860円(税込)

2023.02.24発売

おすすめ特集

【2022年】SEshop人気書籍 ベスト20

【2022年SEshop人気書籍】ロングセラーのビジネス書を筆頭に、エンジニア必携書などベスト20をご紹介

最先端テクノロジー

【最先端テクノロジー特集】メタバース・NFT・ブロックチェーンの本を厳選紹介

雑学本特集

面白い!ためになる!SEshop厳選雑学本特集

アジャイル・スクラム関連本特集

アジャイル・スクラム入門書からプロフェッショナル向け開発書、チームマネジメント論まで

電気工事技術者

第二種電気工事士、電験3種など、電気工事技術者関連の資格参考書はこちら

翔泳社のセミナー・講座

開発・ビジネス・マーケティング・EC運営・営業支援など、幅広いジャンルの講座を開催

特集をもっと見る