DevRel エンジニアフレンドリーになるための3C 発売予定

翔泳社(出版社) , 職業「戸倉彩」(著) , 中津川篤司(著) , 小島英揮(著) , 大内孝子(編)

商品番号
161060
販売状態
発売予定
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2019年11月15日
ISBN
9784798161068
判型
A5
ページ数
232
キーワード
開発  マーケティング  エンジニア  コミュニケーション  営業

販売価格:¥2,420(税込)

ポイント:440pt (20%)
詳細はこちら

送料無料 お取り寄せ品

[重要] 消費税率の変更について

電子書籍を見る
ほしい物リストに追加

マーケティング・営業・採用担当者必携!
あなたの会社・製品を、
エンジニアに好きになってもらうための極意

DevRel(Developer Relations:開発者向け共創マーケティング)とは、「自社製品・サービスと、外部開発者・ユーザーとのつながりを作り上げる活動」です。

具体的には、エヴァンジェリスト、アドボケイトと呼ばれる人を中心にコミュニティを形作り、コミュニケーションを取りながら、自社製品を良くしていく(そして宣伝する)活動が一般的です。

本書は、DevRelのスペシャリスト3名による、
・マーケティング/営業/採用担当者が
・DevRelの概要・必要性を知り
・「今すぐ」自社で始められるノウハウや必要なもの/ことを知る
ための書籍です!

1. 今なぜ、開発者向け共創マーケティングなのか
 1.1 果てしなく続くビジネスとデジタルの変革
 1.2 どのような企業が開発者と共創するべきか
 事例|ソニー R&D センターにおける取り組み

2. Developer Relations(DevRel)とは
 2.1 DevRelとは
 2.2 デベロッパージャーニーとは
 2.3 企業としてDevRelに取り組むために
 事例|さくらインターネットにおける取り組み

3. DevRel の3C:Code
 3.1 DevRelにおけるCodeとは
 3.2 Codeで考えるターゲットデベロッパーとは
 3.3 公開前に検討すべきこと
 3.4 コードや技術情報の作成
 3.5 Codeの管理
 3.6 Codeを活用してもらうために
 事例|中京テレビにおける取り組み
 コラム|Codeの力で日本の未来を変える:大西彰氏(日本アイ・ビー・エム)との対話から

4. DevRel の3C:Contents
 4.1 なぜコンテンツが重要なのか
 4.2 DevRelにおけるコンテンツとは
 4.3 ファーストステップ
 4.4 マルチチャネルで取り組む
 4.5 コンテンツの例
 4.6 測定とKPI設定について
 事例|サイバーエージェントにおける取り組み
 コラム|Build with you

5. DevRel の3C:Community
 5.1 DevRelにおけるコミュニティとは
 5.2 コミュニティ成長のフレームワーク
 5.3 コミュニティ成長を測るKPI
 5.4 コミュニティ成長のために「やってはいけない」10のこと
 事例|LINEにおける取り組み

6. DevRel の実践と効果検証
 6.1 DevRel担当者は何をしているのか
 6.2 DevRelは腕を問われる仕事
 6.3 DevRelの効果を検証する

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連商品

独習C++ 新版

販売価格:3,718円(税込)

2019.11.11発売

独習C++ 新版【PDF版】

販売価格:3,718円(税込)

2019.11.11発売

おすすめ特集

今月のクーポン

翔泳社の通販SEshopなら全品送料無料、ポイント還元、さらに毎月更新の割引クーポンでお得!

ITインフラ関連本特集

【PDF版高額書籍フェア】売れ筋のハイエンドPDF版書籍を厳選し、40%ポイント還元!

情報処理教科書シリーズ

情報処理技術者試験におすすめの参考書「EXAMPRESS 情報処理教科書シリーズ」で最短合格!

起業に役立つ技術書特集

【起業に役立つ技術書特集】Webサービスを始め、副業やスモールビジネスにオススメの技術書をご案内。

アジャイル・スクラム関連本特集

アジャイル・スクラム入門書からプロフェッショナル向け開発書、チームマネジメント論まで。

Python特集

【今からはじめるPython特集】おすすめ本を入門~上級までレベル別にご紹介!

特集をもっと見る