「その数字、裏付けあるの?」と言わせない【図解】会計思考を使ってビジネス戦略・分析ができる本

翔泳社(出版社) , 小嶋辰緒(著)

商品番号
163920
販売状態
発売中
納品形態
宅配便にてお届け
発売日
2020年09月16日
出荷開始日
2020年09月15日
ISBN
9784798163925
判型
A5
ページ数
200
キーワード
会計・経理  データ分析

販売価格:¥1,870(税込)

ポイント:170pt (10%)
詳細はこちら

送料無料 在庫あり

電子書籍を見る
ほしい物リストに追加

会社の数字から現場の状況を読み解き、
ビジネス戦略に活かす!

決算書本、経営分析本、KPI本etc.
読んでいるときは理解できた気になったけど
「自分の仕事に応用できない……」

そんな方のために、
「理論(インプット)」と、
「実践(アウトプット)」を交互に繰り返して、
《決算書を読み解く分析力》と、
《決算分析をビジネスに活用》するための
力を鍛える最適な入門書です。

会計・簿記の知識がゼロの方でも、
しっかり理解して使いこなせる内容!

【内容紹介】
ビックカメラ、イオン、すかいらーくなど
日本の優良企業を具体例として取り上げていますが
小規模事業や企業の組織単位でも
十分活用できます。

ROE、ROICなど20点余りの分析指標と
100点以上の図表から
ケースバイケースに応じて
「辞書的」「逆引き的」「直観的」に使用できます。

決算分析をビジネス現場で活用するために、
KPIマネジメントを実践的に理解できます。
「KGIを達成させる7つのステップ」でフォローアップ!

【会計思考力を強化する実践フロー】
<ステップ1>会計の目的や仕組みを理解できるようになる!
会計には、利害関係者に企業の財政状態や経営成績を報告することと、
企業内部が事業計画を立てることで業績管理を行う
という2つの目的があります。
この仕組みを理解します(第1章の内容)。

<ステップ2>決算書を読み取り、分析できるようになる!
「5つの観点」から決算分析の手法を学びます。
無理に暗記しようとしなくてもOKです!
必要な時に必要な情報が引き出せる図解豊富な誌面で、
フォローアップもバッチリです(第2章の内容)。

<ステップ3>決算分析をビジネスに活用できるようになる!
経営指標や分析指標をベースに、KGI・KPIを設定し、
そのマネジメント方法を覚えます。
事業の目標数値の設定、進捗管理、改善活動という
PDCAサイクルを繰り返して、
事業が成長する好循環サイクルをつくります(第3章の内容)。

第1章 会計をビジネスで活かすためのキホン
●なぜ今、会計やファイナンスの知識が必要なのか
●会計の前提を知っておこう!
●知っておくべき決算書の概要
●貸借対照表の全体像を知っておこう!
●損益計算書の全体像を知っておこう!
●キャッシュ・フロー計算書の全体像を知っておこう!

第2章 決算書の「使える」読み方
●決算書を活用した分析
●観点1 総合力の分析
●観点2 安全性の分析
●観点3 収益性の分析
●観点4 効率性の分析
●観点5 成長性の分析

第3章 ビジネスを成長させる「会計思考」活用術
【理論編】
●決算分析をビジネスに活用
●KPI設定までのプロセス
【実践編】
●〈事例〉個人・小規模事業(飲食店)の場合
●〈事例〉中堅・大企業の場合
●〈事例〉業績管理組織の場合
【もう一歩先へ進みたい方へ】
●ファイナンスの全体像を知っておこう!
●ファイナンス指標を学ぶ
●評価手法を学ぶ

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連商品

Excelデータ分析の「引き出し」が増える本

販売価格:2,310円(税込)

2020.12.07発売

Pythonで動かして学ぶ!Kaggleデータ分析入門

販売価格:2,860円(税込)

2020.10.22発売

Pythonで動かして学ぶ!Kaggleデータ分析入門【PDF版】

販売価格:2,860円(税込)

2020.10.22発売

おすすめ特集

今月のクーポン

翔泳社の通販SEshopなら全品送料無料、ポイント還元、さらに毎月更新の割引クーポンでお得!

デジタルマーケティング本特集

Webマーケティング、データ分析、ECなど、デジタルマーケティングに関するおすすめ書籍をご紹介。

アジャイル・スクラム関連本特集

アジャイル・スクラム入門書からプロフェッショナル向け開発書、チームマネジメント論まで。

Python特集

【今からはじめるPython特集】おすすめ本を入門~上級までレベル別にご紹介!

ITインフラ関連本特集

ネットワーク/サーバー/セキュリティを学ぶなら読んでおきたいおすすめの書籍。

Web制作関連本特集

HTML/CSS、JavaScript、UI/UX、デザインまで。Web制作・フロントエンド開発に役立つ本。

特集をもっと見る