データ分析者のためのPythonデータビジュアライゼーション入門 コードと連動してわかる可視化手法【PDF版】

翔泳社(出版社) , 小久保奈都弥(著)

商品番号
164450
販売状態
発売中
納品形態
会員メニューよりダウンロード
発売日
2020年08月06日
ISBN
9784798164458
データサイズ
約25.6MB
制限事項
印刷不可・テキストのコピー不可
キーワード
プログラミング  人工知能  Python  ビッグデータ  電子書籍【PDF版】  データ分析  AI & TECHNOLOGY

販売価格:¥2,640(税込)

ポイント:240pt (10%)
詳細はこちら

送料無料 在庫あり

紙の書籍を見る
ほしい物リストに追加
  • 本製品は電子書籍【PDF版】です。
  • ご購入いただいたPDFには、購入者のメールアドレス、および翔泳社独自の著作権情報が埋め込まれます。
    PDFに埋め込まれるメールアドレスは、ご注文時にログインいただいたアドレスとなります。
    Amazon Payでのお支払いの場合はAmazonアカウントのメールアドレスが埋め込まれます。
  • 本製品を無断で複製、転載、譲渡、共有および販売を行った場合、法律により罰せられる可能性がございます。
  • ご購入の前に必ずこちらをお読みください。

分析したデータを
わかりやすく
ビジュアライゼーションしよう!

【データビジュアライゼーションとは】
数値データ・位置のデータ・文章のデータ等を、
一目で分かりやすく見える形にする方法です。

【背景】
ビッグデータやAIという言葉が流行して以降、
様々な組織でデータを活用しようという動きがみられます。
データの活用のためには、私たち人間がデータの内容をよく理解する必要があり、
そのためにビジュアライゼーションはとても有効な手段です。
Pythonにはデータビジュアライゼーションに特化したライブラリがそろっており、
利用するデータ分析者も増えています。

一方で、
「どのような場合にどのライブラリで表現するとよいのか」
といった基本的な部分でつまづく方や、
「データの種類や特徴によってどのように表現するとより直観的に表現できるのか」
と悩んでいる方も多いのが実情です。

【書籍概要】
本書は、Pythonのライブラリを利用して、
分析したデータをビジュアライゼーションする手法を解説した書籍です。
ビジュアライゼーションする時に必要な考え方と、
基本的なビジュアライゼーション手法を解説。
地図上に表現する方法やワードクラウド、インフォグラフィック的な要素を
取り入れた手法も紹介します。

【対象読者】
・データ活用に興味のある方
・データ分析者
・データサイエンティスト

【本書で紹介する主な可視化手法】
縦棒・横棒グラフ
円グラフ
ヒストグラム
ボックスプロット
散布図
バブルチャート
ヒートマップ
ドーナツグラフ
レーダーチャート
地図情報
ワードクラウド
インフォグラフィック等

【著者プロフィール】
小久保 奈都弥(こくぼ・なつみ)
筑波大学第三学群社会工学類卒、
法政大学大学院イノベーションマネジメント研究科修了。
データ分析のコンサルティング会社で金融機関向けに
予測モデル構築業務やデータ分析業務に従事。
現在はコンサルティング会社に勤務するほか、
個人的にインフォメーションデザインや
データビジュアライゼーションの活動を行っている。
中小企業診断士
法政大学大学院特任講師

PDF版のご利用方法

  1. ご購入後、SEshopにログインし、会員メニューに進みます。
  2. ご購入電子書籍およびデータ > [ご購入電子書籍およびダウンロードデータ一覧]をクリックします。
  3. 購入済みの電子書籍のタイトルが表示されますので、リンクをクリックしてダウンロードしてください。
  4. PDF形式のファイルを、お好きな場所に保存してください。
  5. 端末の種類を問わず、ご利用いただけます。

Chapter 1 データビジュアライゼーションとは
01|ビジュアライゼーションの定義
02|ビジュアライゼーションの歴史
03|身近なビジュアライゼーション
04|データビジュアライゼーションの機能と目的
05|意思決定におけるデータビジュアライゼーション
06|データビジュアライゼーションの意義
07|データビジュアライゼーションのステップ
08|静的なビジュアライゼーションと動的なビジュアライゼーション
09|Pythonでのデータ分析とビジュアライゼーション

Chapter 2 データビジュアライゼーションに必要な考え方
01|美しいビジュアライゼーションとは
02|データの種類とビジュアライゼーション表現
03|ビジュアライゼーションの構成要素
04|データの表現におけるゲシュタルトの法則
05|ビジュアライゼーションで注意すべきこと

Chapter 3 本書で使用する環境について
01|Anacondaのインストール
02|Jupyter Notebookの利用
03|ライブラリのインストール
04|本書で動作する環境のまとめ
05|仮想環境の構築(参考)

Chapter 4 Pythonでのデータ取り扱いの基本
01|データ処理で使用するライブラリ
02|ビジュアライゼーションで使用するライブラリ
03|Pythonで扱うデータ構造
04|基本的な操作
05|基本的な演算
06|データフレームを扱う

Chapter 5 様々なグラフ・チャートによるビジュアライゼーション
01|グラフやチャートで利用するライブラリ
02|ヒストグラム
03|ボックスプロット
04|散布図
05|バブルチャート
06|散布図行列
07|ジョイントプロット
08|質的変数のプロット
09|平行座標プロット
10|縦棒グラフ
11|横棒グラフ
12|円グラフ
13|ドーナツグラフ
14|折れ線グラフ
15|ヒートマップ
16|ウォーターフォールチャート
17|ツリーマップ
18|サンバーストチャート
19|レーダーチャート

Chapter 6 位置情報のビジュアライゼーション
01|位置情報のビジュアライゼーション
02|地図情報のビジュアライゼーションに用いるライブラリ
03|世界地図の色分けマップ
04|日本地図の色分けマップ
05|都道府県別の色分けマップ
06|地図のポイント情報を表示する
07|地図上に異なる大きさの円を描画する
08|地図上にヒートマップを描画する
09|マーカーのアイコンを変更する
10|2地点間を線で繋ぐ

Chapter 7 文字情報のビジュアライゼーション
01|ワードクラウドの描画
02|文字情報のビジュアライゼーションに用いるライブラリ
03|英語の文字情報のワードクラウド
04|日本語の文字情報のビジュアライゼーション
05|日本語のワードクラウド
06|ワードクラウドの形を変える
07|特定の文字の色を指定する

Chapter 8 インフォグラフィックのビジュアライゼーション
01|インフォグラフィックとは
02|ピクトグラム
03|画像を並べる際の表現方法
04|インフォグラフィックで用いるライブラリ
05|画像の大きさで数量を表現する
06|並べる個数で数量を表現する
07|割合を画像で表現する
08|縦棒グラフのように画像を並べる

Appendix データビジュアライゼーションにおけるカラーパレット
01|色の考え方
02|seabornのカラーパレット

各種問い合わせは以下のリンクからご連絡ください

関連商品

Splunkユーザーのためのデータ分析実践バイブル

販売価格:5,500円(税込)

2020.10.28発売

Pythonで動かして学ぶ!Kaggleデータ分析入門

販売価格:2,860円(税込)

2020.10.22発売

コンピュータアーキテクチャのエッセンス[第2版]

販売価格:4,620円(税込)

2020.10.14発売

おすすめ特集

今月のクーポン

翔泳社の通販SEshopなら全品送料無料、ポイント還元、さらに毎月更新の割引クーポンでお得!

デジタルマーケティング本特集

Webマーケティング、データ分析、ECなど、デジタルマーケティングに関するおすすめ書籍をご紹介。

アジャイル・スクラム関連本特集

アジャイル・スクラム入門書からプロフェッショナル向け開発書、チームマネジメント論まで。

Python特集

【今からはじめるPython特集】おすすめ本を入門~上級までレベル別にご紹介!

ITインフラ関連本特集

ネットワーク/サーバー/セキュリティを学ぶなら読んでおきたいおすすめの書籍。

Web制作関連本特集

HTML/CSS、JavaScript、UI/UX、デザインまで。Web制作・フロントエンド開発に役立つ本。

特集をもっと見る